アイムジャグラーEX

夕方からのアイムジャグラー実戦!!3000G時点のデータを設定別にまとめてみた

投稿日:

アイムジャグラーで勝負をする際、夕方からの勝負というのが1つのセオリーです。

 

最も信頼のおける「当日のデータ」が少しずつ揃いつつあり、夜にかけて人が増える前の夕方は、数多くのジャグリストたちにとって1番戦いやすい時間帯と言ってもいいでしょう。

 

そんな3000Gから勝負をする際、何度データを見ても「これって設定どれくらいなんだろう?」と悩む瞬間は少なくありません。

そんな時に実際のホールデータがあれば、色んな部分の参考データとして使えると思いませんか?

 

というわけで今回は、ペカるまでの暇つぶしでも何でも結構です。

アイムジャグラーの3000G時点でのデータを設定1~設定6まで6通りまとめました。

夕方からのアイムジャグラー勝負で使えるデータだと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アイムジャグラーのスペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/287.41/455.11/176.295.9%
21/282.51/442.81/172.596.7%
31/282.51/348.61/156.098.7%
41/273.11/321.31/147.6100.8%
51/273.11/268.61/135.4102.8%
61/268.61/268.61/134.3105.2%

 

夕方からアイムジャグラーで勝負するメリット

当日のデータが揃いつつある

朝一勝負よりもリスクが低い

夜から勝負するよりも台を拾いやすい

言うまでもなく朝一よりも低いリスクで勝負でき、夜実戦よりもリスクを背負う分、良台にありつける可能性があるという感じです。

 

ただしこれも一般論にしか過ぎないので、夕方からの勝負ではまだ回転数が少ないというホールも多いでしょうし、夕方にはもう客が沢山来て身動きが取れないというホールもあるのかもしれません。

 

いずれにしても僕は、仕事終わりの17時~18時の間にホールへと向かい、良台があればそこから閉店まで勝負し、良台がなければ別のホールに向かい、どのホールにも良台がなければ帰宅します。

 

データを集めて朝一から勝負することも多いですが、その時の勝ちは度外視しても夕方からの立ち回りだけで10万くらいなら勝ち続けているので、夕方以降の立ち回りが収支に大きく影響するのは間違いないでしょう。

 

各設定の3000G時点でのデータまとめ

以下では3000G時点でのデータをまとめています。

これまでに当ブログで書いてきた記事の中からデータを抜粋したものになるので、細かい考察などが見たいという方は、下記のリンクから個別ページに飛んでいただけると嬉しいです。

 

 

設定1

台番BIGREG差枚数
168-1572
2125-138
379-1602
4166862
566-2155
612859
7811-836
858-2082
9129128
1064-2331
1188-1299
121591188
13146576
1414131104
15138399
1697-1041
1798-676
18159941
19104-1053
2018132378
21154717
221681384
2374-2070
241310764
2577-1688
26106-788
27117-309
281771636
2913111039
3088-1103
合計332231-7568

BIG:332回(1/271.08)

REG:231回(1/389.61)

合算確率:1/159.8579

差枚数:-7568枚(3000G平均:-252.2667枚)

勝率:50%(15/30)

トータル出玉率(機械割):97.2%

 

設定2

台番BIGREG差枚数
1129197
2109-221
31781945
41581157
576-1373
6135297
798-739
867-1542
995-986
101481144
11103-1046
1273-1616
1388-959
1496-1027
1596-1019
1689-797
171210691
18118-204
19147871
201014599
21115-492
2297-703
2355-2083
2483-1634
25109-346
26128367
27610-1390
28114-675
29106-368
301491333
合計306213-10619

BIG:306回(1/294.1176)

REG:213回(1/422.5352)

合算確率:1/173.4104

差枚数:-10619枚(3000G平均:-353.9667枚)

勝率:33.33%(10/30)

トータル出玉率(機械割):96.07%

 

設定3

台番BIGREG差枚数
199-559
21010-122
394-1183
498-731
596-1064
6114-533
739-2546
8128442
9714-627
101210347
111111512
12135376
13115-495
141212525
1514121244
16137674
171011-11
181761616
19714-530
20112-765
21109-279
22127111
231110291
24107-208
25109-302
268168
27811-386
28108-400
29115-236
301571364
合計315256-3467

BIG:315回(1/285.7143)

REG:256回(1/351.5625)

合算確率:1/157.6182

差枚数:-3467枚(3000G平均:-115.5667枚)

勝率:40%(12/30)

トータル出玉率(機械割):98.72%

スポンサーリンク

設定4

台番BIGREG差枚数
197-694
287-1016
31111290
41110335
5139426
6611-1047
71681664
814121816
91310729
101591603
11913-247
1279-1158
13119344
1469-1363
1514151552
161113481
17127426
1813111125
1917102029
201751663
21511-1811
22105-547
231012-38
2466-1987
251471115
26101134
27127190
281671228
2999-582
30116-258
合計3362766302

BIG:336回(1/267.8571)

REG:276回(1/326.0870)

合算確率:1/147.0588

差枚数:6302枚(3000G平均:210.0667枚)

勝率:60%(18/30)

トータル出玉率(機械割):102.33%

 

設定5

台番BIGREG差枚数
115101338
21010-347
313121025
416111871
569-1661
61310682
7118-168
8911-449
9129438
10107-265
1114121290
1214131500
13713-816
141210660
151111324
16710-1056
17128296
181215745
19101382
20513-1414
2112151166
22117-191
2313141294
24109-166
25911-291
2614141661
271211501
28913-258
29515-1096
301212-258
合計3263366437

BIG:326回(1/276.0736)

REG:336回(1/267.8571)

合算確率:1/135.9517

差枚数:6437枚(3000G平均:214.5667枚)

勝率:53.33%(16/30)

トータル出玉率(機械割):102.38%

 

設定6

台番BIGREG差枚数
1815-133
2517-761
3711-811
4912-220
51111326
615202959
712161448
81210721
91461267
10812-332
1116112250
121571322
131116962
1487-894
15116-42
16139815
1714101240
18109-153
191011175
2013161712
21105-511
221110362
231671807
241010-103
251113636
26710-950
2789-602
281111321
2911953
301011209
合計32732713073

BIG:327回(1/275.2294)

REG:327回(1/275.2294)

合算確率:1/137.6147

差枚数:13073枚(3000G平均:435.7667枚)

勝率:60%(18/30)

トータル出玉率(機械割):104.84%

 

REG回数分布表

ボーナス回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
REG4回以下443
REG5回14321
REG6回44222
REG7回434623
REG8回87312
REG9回454634
REG10回123355
REG11回23556
REG12回2232
REG13回2251
REG14回122
REG15回131
REG16回13
REG17回1
REG18回
REG19回
REG20回以上1

スポンサーリンク

3000GでREG6回以下だと低設定濃厚

全30回ずつのうち3000GでREG6回以下だったのは、各設定毎に「9/12/8/4/0/3」でした。

 

設定1のスペック値でもREG確率は1/455.1なので、確率通りに引ければ6回~7回くらい引けるはずのですが、なかなか確率通りには引けないということが数値に現れていますね。

 

特に設定3と設定4の間に大きな差を感じる結果となりました。

設定6でも3回確認されていますが、これに関しては無視で問題ないでしょう。設定6を10%捨ててしまうリスクよりも、低設定を30%以上の確率で斬り捨てられるメリットの方がいいでしょう。

 

それに、わずか30件なのでこんな感じになっていますが、これを100件、200件と積み重ねていけば、低設定により多くのデータが集まってくるのは間違いないので、他によほど強い理由がない限りは「3000G時点でREG5回以下は捨ててOK」です。

 

最低ボーダーをREG確率1/300に設定すると…

当ブログでも何度も書いてきましたが、ちゃんと高設定が期待できるホールにおいて「3000G以上回転していて、REG確率が1/300より優秀なアイムジャグラー」を打っているだけで勝てます。

 

これは僕の友人で当時初心者ジャグリストだったA君に実践させたものですが、3ヶ月で20万くらいプラスになっていましたよ。

 

実際には正しい判断で臨機応変に立ち回れた方が収支は伸びると思いますが、この時のルールは「REG確率が1/300をちょっとでも超えたらヤメ」という厳格なルールで立ち回りました。

 

そのため3000GでREG10回では止めるデータになるので、最低でも3000Gで11回のREGが必要ということになります。

これに注目してみると、各設定毎に「4/1/8/10/18/15」です。

 

設定5以上の達成率が非常に高く、低設定は軒並みふるい落とせているのがお分かりになるでしょうか。

これで立ち回ると、なかなか打てる台に恵まれないというデメリットが出るかもしれませんが、非常に少ないリスクで立ち回れるようになるでしょう。

 

特に低設定を排除できるというのが抜群に効果が高く、ぶっちゃけジャグラーで負ける場合ってヒキ弱で負けるか、知らず知らずのうちに低設定を打たされているかのどちらかです。

 

前者ならサンプル数を増やせば、徐々に確率が収束していくので、いずれはプラスに転じます。

しかし後者は救いようがありません。そこで、これくらい厳しいボーダーで立ち回ることで、そのリスクを極限まで低くできるというわけです。

 

REG確率のボーダーを1/268.6まで引き上げると…

設定5と設定6のREG確率は1/268.6となっています。

じゃあこれをクリアしたデータはどれくらいかと言うと、各設定毎に「2/1/5/5/13/9」でした。

 

全体のデータ数が各設定毎に30件ずつしかないので実感が薄いですが、ここにボーダーを引くとかなり信頼度が上昇します。

もしそのような台が空いていたら、速攻でGOサインが出るレベルです。

 

このブログを見ているようなジャグリストの方で、そのような優秀台をスルーする人がいるとは思えませんが、そのようなデータならBIGが大きく引き負けていようが、大きくマイナス収支になっていようが、速攻で座ってブン回しましょう。

※ただし、高設定をちゃんと使っているホールに限る。

 

差枚数や出玉率(機械割)から高設定を攻略する

差枚数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
-2500枚以下1
-2000枚~-2499枚41
-1500枚~-1999枚3321
-1000枚~-1499枚45243
-500枚~-999枚366316
-1枚~-499枚259396
0枚~+499枚336846
+500枚~+999枚533144
+1000枚~+1499枚432354
+1500枚~+1999枚111532
+2000枚i以上112

スポンサーリンク

3000G時点で1000枚以上のマイナスだと低設定濃厚

3000G時点で1000枚以上になっているデータに注目してみると「11/9/3/6/4/0」でした。

 

設定6のデータが0というのは出来過ぎですが、明らかに低設定になるほどデータ数が増えているので、3000G時点の差枚数で語るなら「1000枚以上のマイナスだと低設定が濃厚になる」と言ってもいいかもしれません。

 

ただ、全設定共通でBIGが引けなければ大きなマイナスになることは良くある話ですし、逆に言うとBIGさえ引ければ低設定でも大幅なプラスになることは予想されるので、出玉からの設定推測はあくまでREG確率と併せて考えるのが望ましいでしょう。

 

プラス域については判断できず

例えば「1日中打った時に5000枚に到達する確率」なんかを計算していけば、理論的には設定1から設定6にかけて上り坂になっていくことが火を見るよりも明らかなわけですが、3000G程度では何とも言えないですね。

 

前項にも書いたように、低設定でもBIGさえ引ければ大幅なプラスが見込めます。

これが5000G、6000Gとなっていったときにそれを維持するのは難しいと思いますが、3000Gくらいなら一発の瞬発力でなんとかキープできるというデータがでました。

 

つまり3000G程度では「出てるからって高設定という傾向はほとんど見られない」ので、個人的にはBIGはガン無視で問題無いと思っています。

 

まとめ

夕方(3000G)からの勝負なら、REG確率中心の立ち回りでOK

3000Gならデータにもそこそこの信頼度が見込める

みなさんのホールで「3000GでREG確率が1/300よりも優秀な台」が拾えるかどうかは不明ですが、僕の住んでいる地域のホールではここ2~3年の間に簡単には座れない状況になりました。

 

そこで、ちょっと早い回転数(2000Gくらい)での勝負を強いられたりもしています。

ちょっと勝手は変わりますし、若干勝率は落ちますが、2000G時点でもこの理論を応用すれば十分勝てると思いますよ。

 

ただ、2000G以下となると急に難しくなるので注意が必要です。

あとは周りの人を出し抜く何かを用意しないと勝ち続けることは難しいでしょう。

 

本ブログでは、そういう厳しい状況下にある人にも幾つかのアドバイスを用意しているので、良ければ参考にしてみてください。

 

-アイムジャグラーEX

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.