アイムジャグラーEX

【アイムジャグラー】設定6が丸わかり!?2000G時点の立ち回りと設定判別方法【完全攻略】

投稿日:

アイムジャグラーで勝つ方法は非常に単純で、高設定を使ってくれているホールでREG確率の良い台に座ってブン回すだけです。

 

具体的に言うと、当ブログでは「3000G以上回っている台でREG確率が1/300より優秀な台」で勝負することを推奨しています。

ただしこれについては、もうジャグリストの間では語り尽くされている部分で、多くの人が「そういう台に座れないから困っている」と思っているのではないでしょうか。

 

そこで少しリスクを背負うようなカタチにはなりますが、昼以降~夕方以降の稼働において「2000Gから勝負してみてはどうだろう?」というのが本記事の試みです。

3000Gよりも勝率は悪くなることが予想されますが、それでも勝てるなら御の字。果たして2000Gからでも勝てるのかどうか、早速検証していきましょう。

スポンサーリンク

アイムジャグラーのスペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/287.41/455.11/176.295.9%
21/282.51/442.81/172.596.7%
31/282.51/348.61/156.098.7%
41/273.11/321.31/147.6100.8%
51/273.11/268.61/135.4102.8%
61/268.61/268.61/134.3105.2%

 

各設定毎の2000G時点での実戦データ

これまでに設定1~設定6まで2000G×30の実戦シミュレートデータを掲載してきました。

それらをここにまとめたいと思います。

細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。

 

 

設定1

BIGボーナス:219回(1/273.9726)

REGボーナス:164回(1/365.8537)

合算確率:1/156.6580

ぶどう確率:1/6.3816(9402個)

勝率:46.67%(14/30)

トータル差枚数:+465枚(+15.5×30)

出玉率(機械割):100.26%

 

設定2

BIGボーナス:200回(1/300)

REGボーナス:133回(1/451.1278)

合算確率:1/180.1802

ぶどう確率:1/6.4613(9286個)

勝率:36.67%(11/30)

トータル差枚数:-8819枚(-293.9667×30)

出玉率(機械割):95.10%

 

設定3

BIGボーナス:192回(1/312.50)

REGボーナス:202回(1/297.0297)

合算確率:1/152.2843

ぶどう確率:1/6.3905(9389個)

勝率:43.33%(13/30)

トータル差枚数:-3881枚(-129.3667×30)

出玉率(機械割):97.84%

 

設定4

BIGボーナス:243回(1/246.9136)

REGボーナス:168回(1/357.1429)

合算確率:1/145.9854

ぶどう確率:1/6.6364(9041個)

勝率:46.67%(14/30)

トータル差枚数:+7180枚(+239.3333×30)

出玉率(機械割):103.99%

スポンサーリンク

設定5

BIGボーナス:204回(1/294.1176)

REGボーナス:211回(1/284.3602)

合算確率:1/144.5783

ぶどう確率:1/6.5538(9155個)

勝率:46.67%(14/30)

トータル差枚数:-254枚(-8.4667×30)

出玉率(機械割):99.86%

 

設定6

BIGボーナス:230回(1/260.8696)

REGボーナス:218回(1/275.2294)

合算確率:1/133.9286

ぶどう確率:1/6.1438(9766個)

勝率:63.33%(19/30)

トータル差枚数:+12834枚(+427.8×30)

出玉率(機械割):107.13%

 

2000G時点のREG確率と出玉率(機械割)に注目したデータまとめ

2000G時点のREG回数分布図

ボーナス回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
REG0回11
REG1回31
REG2回51111
REG3回5251
REG4回66421
REG5回2453105
REG6回74376
REG7回543282
REG8回317443
REG9回111274
REG10回11113
REG11回以上314

スポンサーリンク

2000G時点の差枚数分布図

差枚数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
-2500枚以下
-2000枚~-2499枚
-1500枚~-1999枚12
-1000枚~-1499枚244252
-500枚~-999枚885464
-1枚~-499枚558855
0枚~+499枚367466
+500枚~+999枚635837
+1000枚~+1499枚41331
+1500枚~+1999枚112
+2000枚~+2499枚13
+2500枚以上12

 

2000G時点でのREG回数と差枚数に見る傾向

REG確率1/300に注目してみる

アイムジャグラーの設定3と設定4の間には結構大きなREG確率差が設けられていて、単純に1/300を切るか切らないかという基準で考えることができます。

 

ちなみに僕のこれまでのジャグ人生におけるデータから言うと、高設定を使ってくれているホールにて「3000G以上回っている台でREG確率が1/300より優秀な台」を打っていれば勝てると思っています。

ただし僕の周りでは、ある時から「3000Gも回っていてREG確率が1/300より優秀な台がなかなか空き台にならない」という状況になりました。

 

というわけで、それ以前に仕掛けるということが重要になってきます。

2000GにおいてREG確率が1/300をクリアするには7回のREGが引ければいいのですが、7回以上のREGが引けた回数に注目してみると、各設定毎に「10/6/15/10/20/16」となりました。

 

確かに高設定ほど達成率は高くなるものの、低設定でも割と潜り抜けてくるということがお分かりになるでしょう。

サンプル数を増やしていけばもうちょっと設定差は感じられるようになるでしょうが、低設定だからと言って達成できないという基準でも無さそうなので、2000G時点で高設定を期待するにはもうちょっと厳しい基準で見た方がいいと思います。

スポンサーリンク

REG9回以上でハイチャンス

REG9回以上に注目してみると、各設定毎に「2/1/5/4/8/11」となります。

出玉率(機械割)的にも特に恐れなくてはいけないのは低設定なので、低設定の多くを排除できて高設定ほど高くなるREG回数の基準という意味では、ここが最適なように思いました。

というわけで、2000G時点では9回以上のREGが引けていればハイチャンスです。

 

REG4回以下で黄信号

では逆に「高設定の可能性が大きく低くなるREG回数は?」というと、REG4回以下じゃないかと思います。

REG4回以下だったケースに注目してみると、各設定毎に「11/16/7/10/0/3」となりました。

 

設定5でREG4回以下だったケースが未確認だったのは出来過ぎだとしても、設定6で3回。絶対に起こらない数値とは言えませんが、これ以下なら見切ってもいいんじゃないかと思います。

 

僕ならREG回数が7回以下の台は積極的には打たないですけど、もし周りに良さげな台がまだ出ていないという場合に、狙い台がREG5回をクリアしていれば、わずかながらにもチャンスが残っていると言ってもいいでしょう。

 

差枚数での判断は難しいか

マイジャグラーくらいの安定して勝てる高スペック機であれば、ある一定以上のゲーム数を消化した時に「差枚数がないから低設定」という理屈が通用するくらいのデータが確認できました。

 

しかしアイムジャグラーはというと、出玉数を大きく左右するのはBIGボーナスであり、そのBIG確率にほとんど設定差が設けられていないため、展開によっては低設定でもバカみたいに出るということが割とよく見られます。

 

とは言っても、確率通りにしか引けなければ負けることが多いのが低設定であり、多少のBIGヒキ負けくらいならREGでカバーできるのが高設定です。

 

ちなみに500枚以上のデータは、各設定毎に「11/5/6/12/8/13」です。

一方で500枚以下のデータは、各設定毎に「11/14/9/6/11/6」でした。

 

全体的な傾向としては「低設定ほど負けやすく、高設定ほど勝ちやすい」という傾向こそ見られるものの、実際のホール実戦でここから判断するというのは難しそうですね。

スポンサーリンク

ぶどう確率から設定看破してみる

設定ぶどう確率
1~51/6.49
61/6.18

アイムジャグラーには2段階のぶどう確率が設けられており、設定6と設定5はボーナス確率がほとんど変わらないため、ここを見抜くにはぶどうカウントが必須となります。

 

ちなみにぶどう確率については分母が少ないのでサンプル数が集まりやすいというメリットがありますが、意外と暴れやすいんですよね。

ただ、設定差が設けられている以上、低設定の下ムラに高設定の下ムラで対抗するのは難しいと思えませんか?

それなら「低設定じゃなければ辿り着けない領域というのがあってもいいじゃないか?」というのが、この検証の目的となっています。

 

結論を言うと、

2000Gで設定6が確率通りにぶどうを引ける確率は半々くらい

2000Gでぶどう290個以下は低設定濃厚

という結果が出ています。

 

もし細部情報を知りたいという方がいましたら、過去記事のリンクを貼っておくのでそちらを見てください。

参考アイムジャグラーのぶどうカウントで設定看破!!|2000Gのぶどうから設定を見抜けるか徹底検証!!

 

まとめ

2000G時点ではREG4回以下で黄信号、REG9回以上でハイチャンス

2000G時点の差枚数では設定を見抜くことは難しい

2000G時点でぶどう確率が290個以下だと低設定濃厚

傾向の分からないホールにてアイムジャグラーで勝負するという場合、やはり2000Gから勝負するのはややリスクが高いのかなぁという印象です。

 

ただし毎日通っているホールであればある程度の傾向が分かっていると思うので、そのような状況であれば、このデータを生かすこともできるんじゃないかなと思います。

 

例えば「前日出た台には高設定が入らない」「シマには多くても2台~3台」という情報が分かっているだけでも、2000G時点で勝負を仕掛けることは可能でしょう。

 

昼以降、夕方以降の2000G前後のアイムジャグラーで勝負するという場合は、ぜひ参考にしてみてください。

 

-アイムジャグラーEX

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.