アイムジャグラーEX

【アイムジャグラー】設定6が丸わかり!?5000G時点の立ち回りと設定判別方法【完全攻略】

投稿日:

アイムジャグラーにおける立ち回りの基本は、回転数とREGが付いている台で勝負することです。

1番信頼のおける当日のデータにおいて、そこそこ回転数が付いている台に狙いを絞って稼働していれば、ローリスクで勝負することが可能になります。

 

回転数が増えて信頼度が増す一方、それに反比例するようなカタチで空き台になる可能性は減っていくわけですが、それでも夜~閉店にかけての稼働の場合は勝率がグッと上がることでしょう。

特に5000Gほどのサンプルがあれば、ある程度の低設定は見切ることが可能です。

 

というわけで今回は、アイムジャグラーの全設定における5000G時点でのデータをまとめてみました。

これを使って、ぜひ夕方以降~夜以降の実戦に役立ててください。

スポンサーリンク

アイムジャグラーのスペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/287.41/455.11/176.295.9%
21/282.51/442.81/172.596.7%
31/282.51/348.61/156.098.7%
41/273.11/321.31/147.6100.8%
51/273.11/268.61/135.4102.8%
61/268.61/268.61/134.3105.2%

 

各設定毎の5000G時点での実戦データ

これまでに設定1~設定6まで5000G×30の実戦シミュレートデータを掲載してきました。

それらをここにまとめたいと思います。

細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。

 

 

設定1

台番BIGREG差枚数
11612-853
222151230
321121026
4206-27
51910-276
628143064
7128-2413
8197-787
9129-2846
1023161814
111714-385
121511-1310
131411-1755
142591738
1524142169
161710-964
171413-1223
182481488
191711-904
2023141639
211115-2118
22225291
23179-427
241612-982
2524141643
261818205
271710-514
28149-1841
291610-983
30138-2286
合計550334-6587

BIGボーナス:550回(1/272.7273)

REGボーナス:334回(1/449.1018)

合算確率:1/169.6833

勝率:36.67%(11/30)

トータル差枚数:-6587枚(-219.5667×30)

出玉率(機械割):98.54%

 

設定2

台番BIGREG差枚数
1238977
21710-669
32114956
4206-326
52591593
6126-2861
71316-1095
81313-1863
91310-2151
1024161995
111713-436
122381093
131311-1961
141914150
151710-779
16914-2508
171312-1941
18199-397
19138-2455
201518-460
211616-290
22219413
23169-1331
24188-683
25127-2688
261712-718
271615-813
28209173
2924142059
301613-804
合計515337-17820

BIGボーナス:515回(1/291.2621)

REGボーナス:337回(1/445.1039)

合算確率:1/176.0563

勝率:30.00%(9/30)

トータル差枚数:-17820枚(-594×30)

出玉率(機械割):96.04%

 

設定3

台番BIGREG差枚数
12015651
2209256
31614-614
41516-1131
51418-916
62212920
72011449
82016800
91120-1653
101918477
1122171465
121611-1013
131817517
1420161118
15162148
162012538
171613-932
18172097
191216-1694
2022151544
211716-259
221218-1526
231815-95
24238860
2522181906
2618251181
2721181379
2823181884
291618-287
30129-2499
合計5384703471

BIGボーナス:538回(1/278.8104)

REGボーナス:470回(1/319.1489)

合算確率:1/148.8095

勝率:60.00%(18/30)

トータル差枚数:3471枚(115.7×30)

出玉率(機械割):100.77%

 

設定4

台番BIGREG差枚数
11817422
21414-1441
31517-477
41419-985
524142136
61514-814
71818364
82112356
91511-1342
10161810
112014614
121714-128
1328143505
1423192229
152013771
1622131244
171618-88
181716-180
1929153588
201714-186
211817388
222016883
231723568
241718143
251915398
2628193340
2719211153
282113830
29219330
302211875
合計58146618506

BIGボーナス:581回(1/258.1756)

REGボーナス:466回(1/321.8884)

合算確率:1/143.2665

勝率:70.00%(21/30)

トータル差枚数:18506枚(616.8667×30)

出玉率(機械割):104.11%

スポンサーリンク

設定5

台番BIGREG差枚数
11213-1966
21613-839
31122-1422
41423-424
520261856
61615-550
727254105
822121734
920221294
101814-33
111622399
121710-658
13142458
141524-188
151320-1075
161822796
171714-325
1823394500
191819329
2031245364
211519-743
221317-1415
2322211964
241916144
2527183012
261713-491
2729183837
281614-587
2927233547
301717291
合計56057922514

BIGボーナス:560回(1/267.8571)

REGボーナス:579回(1/259.0674)

合算確率:1/131.6945

勝率:53.33%(16/30)

トータル差枚数:22514枚(750.4667×30)

出玉率(機械割):105.00%

 

設定6

台番BIGREG差枚数
11720543
221141420
320292515
421212061
521171411
61716191
71122-1508
81215-1892
91323-605
101317-1130
111816373
121521369
1319201151
141715142
1526112652
1620262266
1722202605
181320-1046
1932225737
202011453
2122242761
221413-955
2318301909
241817751
2524172537
2621161508
2723212555
2829194438
291919962
301319-679
合計56957133495

BIGボーナス:569回(1/263.6204)

REGボーナス:571回(1/262.6970)

合算確率:1/131.5789

勝率:76.67%(23/30)

トータル差枚数:33495枚(1116.5×30)

出玉率(機械割):107.44%

 

トータルREG確率に注目した立ち回り法

以下の表は5000G×30のデータにおいて「REG△回引けたデータが何回あったか」を示すものです。

ボーナス回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
REG10回以下1415311
REG11回31222
REG12回32211
REG13回131331
REG14回541731
REG15回213212
REG16回135213
REG17回2324
REG18回11742
REG19回323
REG20回214
REG21回1113
REG22回42
REG23回121
REG24回31
REG25回以上133

スポンサーリンク

5000Gでレギュラー10回以下は論外

アイムジャグラーにおける最も設定差の大きい部分はREG確率です。

詳しく見ていくと、設定1のREG確率が1/455.1ということで非常に悪い数値なのですが、確率通りに引けば5000Gで約11回は引ける計算になります。

 

しかしそれにすら届いていないような悪い数値だと、圧倒的に低設定が占める割合が多くなりますね。

5000GでREG10回以下のデータに注目してみると、各設定毎に「14/15/3/1/0/0」となりました。

 

アイムジャグラーの場合は、6段階設定と言ってもREG確率に注目してみると低/中/高の3段階という見方もできます。

そのような3段階の視点で見てみると、5000GのREG回数は面白いほど綺麗に3つに分かれたと言ってもいいでしょう。

 

ここから見ても5000Gも回ってREG10回以下はハッキリ言って論外です。

たまにBIGに大きく偏って差枚数で大きくプラスになっている台を見ることがありますが、REG確率があまりにも悪すぎるような場合だと低設定の可能性が非常に高いと言えます。

 

中には「BIGが引けてて合算がいいから」という理由でこのような台を打つ層もいるようですが、当ブログではそのような立ち回りはおすすめしません。

 

REG確率1/300に注目してみる

5000GでREG確率1/300をクリアするには、合計で17回以上のREGが必要です。

これをクリアしたデータに注目してみると、各設定毎に「1/1/13/12/20/21」でした。

 

ハッキリ言って5000Gもサンプルがあれば、REG確率だけで設定の高低くらいは判別できそうですね。

中間設定の中からは、そこそこな割合でフェイク高設定が出るということも分かりますが、ポジティブに考えるなら「低設定さえ避けられれば、長いスパンで見た時に大きなマイナスになるということは考えにくい」とも言えます。

 

個人的にはここがアイムジャグラーで立ち回っていく上での最低ボーダーだと思っていて、人によっては「高設定でも1/3が漏れてしまうボーダーってどうなの?」と思うのではないかと。

しかし私としては「低設定で勝負させられてしまうこと」こそが最も避けるべき事項だと考えているので、ことアイムジャグラーに関しては「調子の悪い高設定を捨てても問題ない」と考えています。

 

よほど他に自信のある要素があるなら別ですが、それ以外の状況では「5000G時点でREG確率1/300をクリアしていない台は捨て」で問題ないでしょう。

 

差枚数や出玉率(機械割)から高設定を攻略する

差枚数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
-3000枚以下
-2500枚~-2999枚13
-2000枚~-2499枚321
-1500枚~-1999枚23312
-1000枚~-1499枚222232
-500枚~-999枚763253
-1枚~-499枚45355
0枚~+499枚235855
+500枚~+999枚26613
+1000枚~+1499枚314213
+1500枚~+1999枚42332
+2000枚~+2499枚1122
+2500枚~+2999枚6
+3000枚以上1362

スポンサーリンク

5000G時点で差枚数がマイナスのデータに注目してみる

アイムジャグラーと言えば、設定6でも出玉率(機械割)が約106%というさほど美味しくないスペックで有名です。

出玉率だけで見れば1日単位なら負けても全然おかしくないような数値ですが、実際に5000G時点で負けているデータに注目してみましょう。

 

5000G時点で差枚数がマイナスになっているデータは、各設定毎に「19/21/12/9/14/7」でした。

低設定が多いという部分は非常にありがたいのですが、設定5でもちょっと偏ればマイナスになるという不安定さも垣間見えますね。

 

ただし、ここでいうマイナスは1BIGでひっくり返せる微小なマイナスもしっかりとカウントしているので「5000G時点でマイナス収支だからと言って見切るのは勿体ない」というような気がします。

 

REGが引けているのであれば、-1500枚よりひどくなければOKじゃないでしょうか(個人的には差枚数は度外視で、REGさえ引けていれば勝負しますが)。

 

大幅にプラスだからと言って高設定とは限らない

マイジャグラーなんかの高スペックジャグラーだと「出玉がないから低設定」という理屈が通用するくらい、ボーナス確率以外にも出玉から設定推測もできたのですが、アイムジャグラーでそれは難しそうです。

 

というのも実際に1つ1つのデータを見ていくと分かるのですが、大きくマイナスになるケース/大きくプラスになるケースは「BIGのヒキ強か、それともBIGのヒキ弱かに左右される」と言っても過言ではありません。

 

高設定であれば多少のBIGのヒキ弱ならREGで返せるというのと、設定6ならぶどう確率で更にアドバンテージが得られるという感じなので、本来の確率よりもBIGを3回くらいヒキ負けたらマイナス収支になってしまいます。

 

「そこまで設定差のないBIGによって出玉の大半が決まってしまう」ため、出ているから高設定という考え方は非常に危険ですね。

逆に「BIGがかなりヒキ負けているのに、スランプグラフ的にはそこまでマイナスじゃない」という場合は、本来のマイナス分がREGとぶどうで緩和されている可能性があるのでチャンスです。

 

ぶどう確率からの設定推測もおすすめ

みなさん、ぶどうはカウントしていますか?

意外とジャグラーでぶどうをカウントしている人は少ないように思えるのですが、僕からしたら「なんでカウントしないんだろう?」と思うくらい、アイムジャグラーのぶどう確率って結構使える要素じゃないかと思っています。

 

もし5000G回すという場合は、5000Gトータルでのぶどう確率を見るというのも有効ですし、2000Gと3000G、あるいは2000Gと2000Gと1000Gという感じに分けて考えるのも有効です。

 

もしぶどうカウントしていないというジャグリストがいたら、以下の記事を読んでぶどうカウントの重要性に気付いてもらえると嬉しいですね。

 

 

まとめ

アイムジャグラーは5000G時点のREG確率1/300で設定の高低がほぼ見抜ける

5000G時点での差枚数では、特に設定は見抜けない

いくら差枚数がプラスでもREGがほとんど引けていないような台は低設定の可能性が高い

5000GもあればREG確率に注目するだけで、低設定の大多数を排除することが可能だということがわかりました。

REG確率1/300付近だと中間設定の可能性も高くなりますが、中間設定は出玉率的にもそこまで痛手じゃありません。

5000Gも回っているような状況で勝負をすれば、低設定の多くが避けられるというのは大きいメリットと言えるでしょう。

このデータを生かして、ぜひ夕方以降~夜以降の稼働を有利に進めてみてください。

 

-アイムジャグラーEX

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2019 All Rights Reserved.