アイムジャグラーEX

アイムジャグラー:夜以降の実戦|5000Gのデータから低設定(設定1&設定2)を見抜く攻略法

投稿日:

アイムジャグラーのセオリーは夕方以降の稼働です。

 

極端な話をすれば、閉店前のホールに行って空き台の1番データの良い台に座ってちょっとずつ稼働していけば、年単位で見たら勝てるんじゃないかとさえ思っています。

ただそれだと肉体的な疲労がハンパ無いのと、その割に得られる額が少ないというデメリットが大きいので、誰もやらないと思いますけどね。

 

しかし、さすがに閉店間際とは言わなくても、5000Gもあれば相当な信頼度で勝負することが可能です。

ということで今回は、アイムジャグラーの低設定における5000G時点でのデータをまとめましたので、夕方以降~夜以降のジャグラー実戦において参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アイムジャグラーのスペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/287.41/455.11/176.295.9%
21/282.51/442.81/172.596.7%
31/282.51/348.61/156.098.7%
41/273.11/321.31/147.6100.8%
51/273.11/268.61/135.4102.8%
61/268.61/268.61/134.3105.2%

 

アイムジャグラー:低設定5000Gの実戦データ

設定1

台番BIGREG差枚数
11612-853
222151230
321121026
4206-27
51910-276
628143064
7128-2413
8197-787
9129-2846
1023161814
111714-385
121511-1310
131411-1755
142591738
1524142169
161710-964
171413-1223
182481488
191711-904
2023141639
211115-2118
22225291
23179-427
241612-982
2524141643
261818205
271710-514
28149-1841
291610-983
30138-2286
合計550334-6587

BIGボーナス:550回(1/272.7273)

REGボーナス:334回(1/449.1018)

合算確率:1/169.6833

勝率:36.67%(11/30)

トータル差枚数:-6587枚(-219.5667×30)

出玉率(機械割):98.54%

スポンサーリンク

設定2

台番BIGREG差枚数
1238977
21710-669
32114956
4206-326
52591593
6126-2861
71316-1095
81313-1863
91310-2151
1024161995
111713-436
122381093
131311-1961
141914150
151710-779
16914-2508
171312-1941
18199-397
19138-2455
201518-460
211616-290
22219413
23169-1331
24188-683
25127-2688
261712-718
271615-813
28209173
2924142059
301613-804
合計515337-17820

BIGボーナス:515回(1/291.2621)

REGボーナス:337回(1/445.1039)

合算確率:1/176.0563

勝率:30.00%(9/30)

トータル差枚数:-17820枚(-594×30)

出玉率(機械割):96.04%

 

アイムジャグラー:低設定5000Gの考察

5000G×30でも設定1>設定2の暴れっぷり

割と5000Gもあればある程度安定するんじゃないかと思っていましたが、これを30回繰り返した15万Gでも、設定2の方が設定1よりも大きく負けるという…。

 

ただこれに関しては、ジャグリストなら分かる人も多いと思いますが、アイムジャグラーって低設定/中間設定/高設定でそれぞれに大きなREG確率の設定差が設けられているんですよね。

 

つまり厳密に言えば6段階設定なんだけど、僕の中では「大雑把に見れば3段階設定みたいなもんじゃないかな」と思ってます。

 

なので設定1が設定2の出玉率(機械割)を上回ったということはそこまで重要なことじゃなくて、あくまで「低設定は極悪スペックだ」ということさえ分かってもらえればOKです。

(とは言っても設定1がなぜか若干マイルドになっちゃったんで説得力に欠けてますけど)

スポンサーリンク

勝率は20/60、出玉率(機械割)はもちろんマイナス

設定1の方が割と被害が軽かったせいで違和感しかないので、設定1と設定2を併せて「低設定」として見ていきたいと思います。

すると勝率は20/60で約33%、出玉率(機械割)は97.29%となりました。

 

あくまで勝ち負けで見るんであれば、30台設定のすべてを低設定にしても10台くらいはプラスになるということですね。

まぁ実際には低設定で5000Gも回されるケースは非常に少ないと思いますし、もし5000G回されたとしてもREG回数を見れば大多数が低設定だとバレてしまうことでしょう。

 

そのため実際のホールでは、中間設定ないし高設定を使っていかないと十分な稼働が確保できないと思います。

(まぁ中には「なんでこんなクソ台しかないのに打ってんの?」っていうお客さんがいっぱいいるホールもありますけど)

いずれにしても僕らがやることは、この「たまに投入される高設定を拾うこと」です。

そのためにも低設定は避けるべき存在ですので、しっかりとREG確率を見ながら立ち回っていきましょう。

 

レギュラー確率1/300に注目

当ブログでは「3000G以上回っている台で、REG確率が1/300より優秀な台を打っていれば勝てる」と提唱しています(ただし高設定が入るホールに限る)。

 

5000GでREG1/300をクリアするには17個のREGが必要です。

これをクリアしたデータは、設定1で1/30、設定2で1/30でした。

 

3000Gではやや食い付いてきた低設定も、5000Gではほとんど振り落とされてしまうことが分かりますね。

「もし空いているなら…」という究極の前提はありますが、5000G以上回っていてREG確率が1/300以上の台を選んでいれば、長い目で見たら勝ち続けることができるでしょう。

 

ちなみに最高回数は設定1と設定2ともに18回(1/277.7778)でした。

5000Gから打ち始めるとして、18回程度のREGだったら「もしかすると低設定もあり得るな…」と考えながら打ち始めるジャグリストが大半だと思うので、そういう意味でも堅い立ち回りができそうですね。

 

まとめ

低設定なら5000G時点のREG確率で1/300をクリアするのは相当難しい

アイムジャグラーの低設定を5000G回せば、1回あたり406枚ほどのマイナスになる(ただし勝率も33%ほどある)

2000G、3000Gくらいの回転数ではフェイク高設定の出現率もある程度はありましたが、5000Gともなると一気に減ったという印象ですね。

逆に言えば「ここまで回ってしまったら良台は空かない」という指標にもなりそうですが、まぁ閉店30分前にキリの良いところで止めるという打ち手も結構いると思います。

 

ジャグラーなどのAタイプならボーナスを消化できる時間さえ残されていれば、1回転でも多く回す方がプラスになるので、夜以降に勝負する場合はぜひREG確率を中心に立ち回ってみてはいかがでしょうか?

 

-アイムジャグラーEX

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.