アイムジャグラーEX

アイムジャグラー:昼以降の実戦|2000Gのボーナス履歴と差枚数から低設定(設定1&設定2)を見抜く攻略法

投稿日:

アイムジャグラーで勝ち続けるための分かりやすい立ち回り法と言えば、夕方以降の実戦です。

 

もちろん遅ければ遅いほど当日のデータに信頼度が出てくるのでリスクは低くなるのですが、残念ながらそれはライバルたちにも平等に降り注ぐので、周りを押しのけて勝つにはどこかでリスクを背負わなくてはならない場面もあるでしょう。

 

個人的な体感としては3000Gからの信頼度が一気に高くなると考えているのですが、その前の段階で勝負してしまおうというのが今回の検証です。

というわけで今回は、アイムジャグラーの低設定(設定1&設定2)の2000G時点でのデータをまとめましたので、昼以降~夕方以降の実戦に役立ててみてください。

スポンサーリンク

アイムジャグラーのスペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/287.41/455.11/176.295.9%
21/282.51/442.81/172.596.7%
31/282.51/348.61/156.098.7%
41/273.11/321.31/147.6100.8%
51/273.11/268.61/135.4102.8%
61/268.61/268.61/134.3105.2%

 

アイムジャグラー:低設定2000G時点での実戦データまとめ

アイムジャグラー:設定1&設定2、iPhoneアプリ、2000G×30の実戦データ。

設定1

台番BIGREG差枚数ぶどう
198806301
232-1695323
355-535341
469-48311
567-339293
61151316330
794297302
854-1032296
91041084355
1064-703307
11106926316
1276-166287
131071020311
141081277335
1546-1232286
1654-872317
171271668318
1882-159312
19106855311
2052-969327
2196721327
2246-941319
2346-995302
2488334291
2584166321
2647-836316
2782-96323
2862-607341
2997551289
30810669294
合計2191644659402

BIGボーナス:219回(1/273.9726)

REGボーナス:164回(1/365.8537)

合算確率:1/156.6580

ぶどう確率:1/6.3816(9402個)

勝率:46.67%(14/30)

トータル差枚数:+465枚(+15.5×30)

出玉率(機械割):100.26%

スポンサーリンク

設定2

台番BIGREG差枚数ぶどう
175-144309
21261624303
377112309
493235307
576194333
637-1225316
793179284
899906321
940-1664307
1051-1255299
1174-234308
1287455305
1374-279302
1493450318
1555-676323
161161360325
1787663349
1854-842315
1964-560310
2081-284304
2156-674310
2225-1901294
2365-550292
2452-957331
2544-1256308
26103539294
2754-803315
2848-695322
2951-1331289
3083-206284
合計200133-88199286

BIGボーナス:200回(1/300)

REGボーナス:133回(1/451.1278)

合算確率:1/180.1802

ぶどう確率:1/6.4613(9286個)

勝率:36.67%(11/30)

トータル差枚数:-8819枚(-293.9667×30)

出玉率(機械割):95.10%

 

アイムジャグラー:低設定2000Gの実戦データから考察する

トータル6万G(2000G×30)程度では設定通りの出方はしにくい

設定1がぎりぎりプラスの差枚数を叩きだした一方で、設定2は本来の数値よりも凹んだ結果となりました。

 

アイムジャグラーに関しては設定1と設定2、設定3と設定4、設定5と設定6という組み合わせで非常に数値が近くなるのですが、そういう意味ではちょっと偏っただけで設定1と設定2は逆転すると考えていいでしょう。

 

ただし設定1や設定2が設定3を超えるためには結構高い壁を越えていかなければならず、あくまで2000G×30というデータで見れば設定の低・中・高の3パターンなら分かると思います。

 

それでは2000G単位で訪れる上ムラ・下ムラに注目して見ていきましょう。

 

レギュラー確率1/300のクリア率に注目してみる

設定1:33.33%(10/30)

設定2:20.00%(6/30)

当ブログでは再三に渡って「高設定を使ってくれているホールで、3000G以上回っているREG確率が1/300より優秀なアイムジャグラーを黙って打っていれば勝てる」ということを提唱してきました。

 

じゃあこれが2000Gになった時にどれくらい信頼度が落ちるのかという話なのですが、若干ヒキが強かった設定1でも、REG確率1/300をクリアしてくる可能性は約33%だそうです。

 

これを高いと捉えるか低いと捉えるかは打ち手次第だと思いますが、個人的には「とりあえず打ってみてREGが引けなければヤメ」という感じでもいいような気がしますね。

ただそれをやる場合にはホール状況が重要になってくるでしょう。

 

アイムジャグラーで勝ち続けるためには高設定での稼働が必要条件ですが、負けないためには低設定を打つ時間を減らすというのが重要です。

あまり消極的なことは言いたくありませんが、低設定にさえ座らなければ負けないんですよ。

で、低設定の可能性が33%ほどある台を打っていいかどうかっていうのは、ホール状況によるんじゃないかと。

 

僕がこの立場でマイホなら、周りで明らかに強い台が出てなければ打ちますね。

その台よりもREGが強い台が2台あれば打たないかもしれません。

 

3000Gとの比較

【設定1】

BIG:332回(1/271.08)

REG:231回(1/389.61)

合算確率:1/159.8579

差枚数:-7568枚(3000G平均:-252.2667枚)

勝率:50%(15/30)

トータル出玉率(機械割):97.2%

参考【アイムジャグラー】設定1の3000G時点のデータ【実戦検証】

 

【設定2】

BIG:306回(1/294.1176)

REG:213回(1/422.5352)

合算確率:1/173.4104

差枚数:-10619枚(3000G平均:-353.9667枚)

勝率:33.33%(10/30)

トータル出玉率(機械割):96.07%

参考【アイムジャグラー】設定2の3000G時点のデータ【実戦検証】

 

REG確率の信頼度に関しては、2000G~3000Gの間に一気に信頼できる数値になると言っていいでしょう。いや、正確には「信頼できる数値になることが多い」ですね。

 

2000Gでは33%でREG確率1/300をクリアした設定1も、3000Gでは5/30でした。

低設定をふるいにかけるという意味では、REG確率は非常に使える数値と考えて間違いないです。

 

そして言っておきたいのが、2000Gのデータを1000G回して取ったというデータではなく、完全に新しいデータを使っています。

3000G時点ではまだ暴れているという感がありますが、2000G時点と比較すると上ムラ&下ムラがだいぶ排除されてきたようなデータになっているのではないでしょうか。

 

まとめ

2000G時点では低設定でも3台に1台くらいの割合でREG確率1/300をクリアしてくる

欲を言えばやはり3000Gくらいから勝負をしたいところですが、ホールによっては「3000Gも回って高設定濃厚なら空き台にならない」という人も少なくないと思うので、そういう方は少しリスクを背負ってでも2000Gから勝負する価値はありそうです。

 

ただしそういう勝負をする場合は、ホールの周りの状況を見ながら勝負するようにしましょう。

そしてREG確率が少しでも悪くなってきたら止めるという勇気を持つことも必要です。

 

-アイムジャグラーEX

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.