アイムジャグラーEX

【アイムジャグラー】設定4の3000G時点のデータ【実戦検証】

投稿日:

アイムジャグラーの立ち回りのセオリーの1つが『夕方からの稼働』です。今回は、そんな夕方からの稼働に生かせそうなデータを用意しました。

題して『設定4の3000G時点のデータ』です。

 

ここからは打てば打つほど理論的にはプラスに転じます。そのため「打つなら設定4から」なのですが、設定4はまだREG確率的にも設定3と大差ないため、見抜くのが難しいと思います。

 

出玉率的にもそこまで高いわけではないので「低設定を掴んでしまうリスクを背負うくらいなら捨ててもいい」という距離感で実戦に臨むのがいいでしょう。

スポンサーリンク

スペック表

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/287.41/455.11/176.295.9%
21/282.51/442.81/172.596.7%
31/282.51/348.61/156.098.7%
41/273.11/321.31/147.6100.8%
51/273.11/268.61/135.4102.8%
61/268.61/268.61/134.3105.2%

 

実戦データ

アイムジャグラーEX、自宅実機、設定4、3000G×30。

台番BIGREG差枚数
197-694
287-1016
31111290
41110335
5139426
6611-1047
71681664
814121816
91310729
101591603
11913-247
1279-1158
13119344
1469-1363
1514151552
161113481
17127426
1813111125
1917102029
201751663
21511-1811
22105-547
231012-38
2466-1987
251471115
26101134
27127190
281671228
2999-582
30116-258
合計3362766302

BIG:336回(1/267.8571)

REG:276回(1/326.0870)

合算確率:1/147.0588

差枚数:6302枚(3000G平均:210.0667枚)

勝率:60%(18/30)

トータル出玉率(機械割):102.33%

 

今回の検証データは設定4です。理論的には「勝つための最低条件」ということになります。

安定して勝っていくためには、これより上を掴んでいくことが必要であると言えるでしょう。

 

設定4以上であれば、回せば回すほど収支はプラスになっていきます。しかし時間効率やリスク回避のことを考えると、あくまで狙うのは設定5と設定6です。

 

設定4は狙うのではなく、高設定かどうかのボーダーを引くための基準のようなカタチで接しましょう。

スポンサーリンク

アイムジャグラー:設定4のシミュレート考察

収支は設定4からプラス域に

おおよそ確率通りの結果が得られたうえに、数字としては小さいですが差枚がプラスに転じました。

 

 

20番なんかは、出玉とは裏腹に危険な香りがしてくるので迂闊に手は出せませんが、全体的に1000枚オーバーの台が多いような気がします。

ちなみにこのような台は、個人的には全くもって興味のない部類なのですが、実際に高設定であることも無いわけではありません。

 

ただ確率的に言うと、BIGに偏ることはあっても設定5と設定6なら「それなりにREG数も付いてくることが多い」ので、このように「BIGに大きく偏っていて、さらにREG確率が1/300近くですらない」という場合は、見切ってもいいんじゃないかと。

 

今回の実戦では、平均すれば差枚数+200枚ですので等価交換で+4000円でした。

3000回転するのに約4時間かかったとして時給1000円、意外と高いですね。というか4時間で3000回転は無理か。

 

ちなみに後日談ですが「アイムジャグラーの設定4が時給1000円なわけがない!」ということで、シミュレートアプリを用いて大量のデータで再検証しました。

2000G回すのに3時間かかる計算で検証したところ、時給400円程度でしたので、一応ご報告しておきます。

 

参考【アイムジャグラー】設定4を回し続けたら、1年でいくら勝てるか【アプリ検証】

 

REG確率

REG確率も1/300を切るデータが目立ちます。

3000G程度であれば、設定4の約2台に1台は1/300を切るREG確率になりました(13/30)。

 

これを踏まえるとホールに40台のアイムジャグラーが設置されているとして、設定4を2台、設定3を3台、設定2を15台、設定1を20台という設定配分にしたとしても、3000G地点ではそれなりに疑似設定5or6が出そうです。

 

当ブログでは口を酸っぱくして何度も「それらの疑似5・6を見て、高設定だと思わされるのは避けなくてはならない」と書いてきました。

で、実際にそれを見抜くには、もはやデータを取り続けるしかないと思っています。

 

3000Gでは高設定の挙動をしていても、それが低設定なら5000G、6000Gとなった時にその姿を維持するのは難しくなってきます。

そして、実際に高設定を使用していない場合、1日単位では分からなくとも1ヶ月単位で見れば結構ボロを出していることが多いです。

 

なので、当日のデータをしっかりと判断するというのは最低条件で、ここから更に他のライバルには無い何かを持って、勝負に臨むことが重要だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

REG重視の立ち回りで間違いない

さて、ではホールの傾向が重要だというのは当たり前として、当日のデータで何を重視していくかについてですが、ここは最悪「騙されても痛手ではない」ということを考えると、やはりREG確率を中心に立ち回るのが最善だと言えるのではないでしょうか。

 

それも良すぎるとライバルも多くなるので、ギリギリ妥協できるラインとして、やはりREG確率1/300というボーダーを推奨します。

 

設定3でもそれなりに見られた数値ではありますが、設定1・2は結構な確率で避けられますし、ホールのクセなんかも加味すれば、かなりの勝率で勝っていけると思いますよ。

 

できればREG確率1/270にボーダーを置くことで、より安定して勝てるようになるかとは思いますが、それらの台が空いていることはほぼ無いと思うので、妥協案としてREG確率1/300というボーダーを推奨します。

 

ちなみに僕の経験として「設定5以上をしっかりと使ってくれているホールにて、何も考えずに3000G以上でREG確率1/300を上回っている台をひたすら打つ」という立ち回りをしたことがあるのですが、問題なくプラス収支になりましたよ。

 

設定3との比較

同条件で行った設定3の場合も、12回を超えるREG数を記録したのは5台でした。

基本的にスロットは確率通りに出ることの方が少ないため、中間設定は下にも上にも化けるということが言えそうです。

 

参考【アイムジャグラー】設定3の3000G時点のデータ【実戦検証】

 

最後に

いくら出玉率が100%を上回っているとはいえ、ここを良しとしてしまうと、ここ以下に引っ掛かってしまう可能性が出てきてしまいます。

 

「設定5以上を狙った結果、設定4っぽい」であれば、気付いた時点で止めればいいのですが、注意しなければならないのは「設定4はありそう」という位置にボーダーを引いてしまうことです。

 

設定4をアリとしてしまうと設定3を拾いかねないので、設定4以下は切るつもりで実戦に臨みましょう。

 

-アイムジャグラーEX

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.