アイムジャグラーEX

【アイムジャグラー】5000Gで設定5以上を見抜けるか【実戦検証】

更新日:

出玉率が100%を上回っている場合、理論的には「回せば回すほど収支はプラスになる」ということが言えますが、夜9時を過ぎると、取り切れない可能性を考えなければならないART機を始め、徐々に空き台が増えてきます。

ある程度の回転数が付いたことによって、データ機器を見るだけでも多くの情報が得られる夜9時以降は、スロッターにとって、特にジャグラーを打つ人間にとっては非常にローリスクな時間帯と言えるでしょう。

今回は夜9時以降からの稼働にスポットを当て『5000Gで設定5以上を見抜けるか』という検証を、設定5と設定6で行いたいと思います。

スポンサーリンク

夜稼働のメリット

サンプルの信頼度が高い

朝イチよりはお昼、お昼よりは夕方、そして夕方よりは夜の方がデータの信頼度は高いです。「1000GでREG5回引いてた台が、2000Gの時点でもREG5回のまま変わらず」ということは、少なくありません。

ボーナス確率だけで設定を看破しようと思ったら「回転数は少しでも多いに越したことがない」と言えます。これは夜稼働の大きなメリットと言えるでしょう。あ、もちろんライバルは増えますけど、負けるより全然いいと思いますよ。

 

同時にホールのデータも取れる

稼働目的はもちろんですが、ホール全体の雰囲気を見れるというのも大きなメリットです。

日常的に高設定を使ってくるホールであれば、高設定であろう台がどの位置に投入されているかをデータに残していけば、何かしらのヒントが見えてきます。

そして、休みの日に「高設定を一本釣り」できれば最高ではないでしょうか。夜はデータの宝庫ですから、もし空き台がなくても、無駄に終わることはないはずです。

 

空き台が増える

冒頭にも書いたように「高設定の場合、理論的には回せば回すほどプラスになる」ということが言えるのですが、夜9時以降はきりのイイところで止める人が結構います。

もちろんホール状況によるのですが、いくらデータ的に「5or6はありそう」と言っても、公開されない以上100%ではありませんし、たかだか106%程度という出玉率も相まって、適度に2~3連すれば切り上げるという方も多いのではないでしょうか。

毎日1~2時間程度でも、ジャグラーの高設定が打てるのであれば、月のお小遣いには充分すぎる額が稼げると思いますよ。

 

実戦

検証目的

ジャグラーで勝ち続けていくうえで、推奨されてるのは『総回転3000G以上からの稼働』と言われているのはわかるのですが、私自身3000Gから打ち始めて何かしらの理由でやめることが結構あります。

しかし5000回転以上している台を打ち始めて止めることは、ほとんどありません。今回は「5000回転してれば、どのくらいの信頼度があるの?」という部分について、検証したいと思います。

 

スペック表

設定BIG確率REG確率合算確率出玉率
11/287.41/455.11/176.297.0%
21/282.51/442.81/172.597.8%
31/282.51/348.61/156.099.9%
41/273.11/321.31/147.6102.0%
51/273.11/268.61/135.4104.0%
61/268.61/268.61/134.3106.3%

 

実戦データ(設定5)

アイムジャグラーEX、自宅実機、設定5、5000G×30日。

スポンサーリンク

番号BIGREG差枚数
1202+394
21414-1377
32017+584
41811-443
51228-580
63022+4701
71120-1601
81714+30
92231+3110
102010+40
111129-1186
121915+502
131421-721
142016+1301
151714-223
161313-1562
171721+847
182621+3250
191922+1048
201721+593
212217+1479
222022+1380
232123+1862
242118+1427
252221+1965
262212+139
271520-58
281414-1226
291615-551
302021+1281
  • トータル:150000回転
  • BIG:550(1/272.7)
  • REG:555(1/270.3)
  • 差枚数:+17585枚(1日平均:+586.2枚)
  • 勝率:63%(19/30)
  • REG確率1/300達成率:60%(18/30)
  • REG確率1/270達成率:50%(15/30)

 

実戦データ(設定6)

アイムジャグラーEX、自宅実機、設定6、5000G×30日。

番号BIGREG差枚数
12815+3609
22217+1838
31518-494
41719+502
52116+1131
61817+754
72118+1564
81518-353
91418-671
102213+1590
111722+717
122119+1646
131723+890
141514-659
151716+539
162422+3063
171119-1531
182018+1515
191313-1565
201518-356
211023-1387
221714+69
231424+42
242017+907
251527+576
261720+326
271716-96
281718+66
292523+3248
301920+1197
  • トータル:150000回転
  • BIG:534(1/280.90)
  • REG:555(1/270.3)
  • 差枚数:+18677枚(1日平均:+622.57枚)
  • 勝率:70%(21/30)
  • REG1/300達成率:73%(22/30)
  • REG1/270達成率:40%(12/30)

 

考察

スポンサーリンク

検証データを踏まえて

こうやって見ると「本当にこれが設定5or6?」と思うようなデータが何件かありますが、やはり5000回転程度ではかなり暴れた数値になるという目安がわかるかと思います。

【設定5の5番、11番】と【設定6の21番】に関しては結果こそ負けていますが、REG確率が優秀すぎるので、こういう台は勝負していくべきです。

1日2日程度では負けることがあるでしょうが、それが月単位や年単位になるに連れて、勝ち額が増えていくことは間違いないと思います。

トータルを見てわかるように15万回転もすれば、ほぼ確率通り収束に向かっていますので、長い目で見て高設定で勝負し続けることが大事です。

 

REG確率だけでいい

ジャグラーを打つ人の中には「REG確率だけでなく、合算で見た方がいい」という方もいますし、もちろんそれはそうなのですが、客側はみんなそういう視点を持っているので、どこかで妥協しないといけないラインが存在すると思います。

もちろんREGが中々引けないという展開の高設定は多いのですが、アイムジャグラーに関してのそれは「その程度の高設定だった」と諦めた方がいいと思うんです。高設定を捨てたくないあまりに、低設定に手を出すリスクを背負うのも割に合わないような気がします。

検証データを見てもわかるように、注目するのはREG確率だけでいいでしょう。5000Gの稼働があるのであれば、1/300とは言わず、合計19回以上のREGが欲しいところですね。

 

設定5と設定6を比較

特筆すべきは、設定6がBIGのヒキ弱であるにも関わらず、出玉は設定5を上回っているという点ですね。やはりブドウ確率は侮れないと言えるでしょう。

何よりも優先すべきはREG確率なので、ブドウ確率どうこうで台を見切るということはほとんどしませんが、ある一定数のブドウが引けると設定6の期待度が高まるポイントが存在するのも事実です。

設定を判断するための材料は、多いに越したことはないので、ブドウはカウントすることをオススメします。

 

 

最後に

5000G以上の回転数があれば、半数以上でREG確率が1/300より優秀になっていますし、出玉もそれなりについてきていることがわかります。

低い出玉率とは言え、長い目で見ていけば大きなプラスになり得るはずです。まして、低い出玉率だからこそ高設定が使いやすいという側面もあるのではないでしょうか。

もし、遅くなってくると客数が減るというホールが近くにある方は、夜9時からのジャグラー勝負をしてみても面白いかもしれません。ローリスクの勝負を数こなすことで、アイムジャグラーでの勝ち額は増え続けるはずですよ。

 

-アイムジャグラーEX

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.