アイムジャグラーEX

アイムジャグラーの中間設定(設定3&設定4)が5000Gで高設定に化ける割合を調べる

投稿日:

ジャグラーを稼働するうえで、よほどの自信がなければ「回転数が付いている夕方以降」での稼働を、当ブログではおすすめしています。

そして、その目安としては最低でも2000G~3000Gを推奨しているのですが、回転数は多ければ多いに越したことはありません。

 

2000Gよりも3000G、3000Gよりも4000G、そして5000Gを超えていれば、それなりに安定してきていると言ってもいいでしょう(もちろん例外はありますが・・・)。

ただし、回転数が増えることでデータに信頼性が出てくると、今度はライバルが増えてしまうという致命的なメリットも出てきます。

 

そして仮にそのような台に座れたとしても、確率的に『絶対』はないので、どの程度で裏切られるかを知っておくと、油断せずに済むのではないでしょうか。

それは言い換えると「中間設定がフェイク高設定台になること」が、どの程度の確率で起こり得るのかということになります。

 

今回は『アイムジャグラーの設定3&設定4を5000G稼働した時、高設定に化ける可能性はどの程度あるのか』についての検証です。

スポンサーリンク

スペック表

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/287.41/455.11/176.295.9%
21/282.51/442.81/172.596.7%
31/282.51/348.61/156.098.7%
41/273.11/321.31/147.6100.8%
51/273.11/268.61/135.4102.8%
61/268.61/268.61/134.3105.2%

 

5000G×30の実戦データ

実戦データ(設定3)

アイムジャグラーEX、自宅実機、設定3、5000G×30

台番BIGREG差枚数
12015651
2209256
31614-614
41516-1131
51418-916
62212920
72011449
82016800
91120-1653
101918477
1122171465
121611-1013
131817517
1420161118
15162148
162012538
171613-932
18172097
191216-1694
2022151544
211716-259
221218-1526
231815-95
24238860
2522181906
2618251181
2721181379
2823181884
291618-287
30129-2499
合計5384703471

BIG:538(1/278.81)

REG:470(1/319.15)

差枚数:+3471枚(5000G平均:+115.70枚)

勝率:60%(18/30)

REG確率1/300達成率:43%(13/30)

REG確率1/270達成率:13%(4/30)

スポンサーリンク

実戦データ(設定4)

アイムジャグラーEX、自宅実機、設定4、5000G×30。

台番BIGREG差枚数
11817422
21414-1441
31517-477
41419-985
524142136
61514-814
71818364
82112356
91511-1342
10161810
112014614
121714-128
1328143505
1423192229
152013771
1622131244
171618-88
181716-180
1929153588
201714-186
211817388
222016883
231723568
241718143
251915398
2628193340
2719211153
282113830
29219330
302211875
合計58146618506

BIG:581(1/258/1756)

REG:466(1/321.8884)

差枚数:+18506枚(5000G平均:+616.8667枚)

勝率:70%(21/30)

REG確率1/300達成率:40%(12/30)

REG確率1/270達成率:17%(5/30)

 

中間設定シミュレートの考察

想像以上に設定3は化ける

単純に設定3のデータを『とあるホールのジャグラー30台のデータ』と仮定しても成立するくらい、設定3はどちらにも転ぶというのがわかりますね。

 

特に26番のデータのように、5000Gで25回ものREGを引かれてしまうと、否が応でも高設定がよぎってしまうと思います。

 

これについては避けようがないので、少しでも多くの回転数を回して不穏な空気を感じ取るか、あるいはぶどう確率の下ムラを発見して「設定6は怪しい」と思えるようなデータを見つけるかですね。

 

ぶっちゃけこのような台を完全に見抜くことは不可能だと思っているので、高設定だと思って稼働しても特に問題はないはずです。

 

5000G時点で考えるのであれば、REGが20回を越えていたら飛びついてしまうレベルだと思いますが、実際には設定3でも4/30(13%)の確率で、そのレベルの台が出現しました。

ここは「どうしようもない部分」と割り切るしかないでしょう。

 

出玉率も100%を超えたので、ほぼトントン、もしくはチョイ負けくらいに落ち着いてしまうのも、ありがたいようで厄介な部分だと思いますね。

 

ここについては「旨みがないからなるべく避けたい要素ではあるけど、最悪ここを打たされてもチェリーフォローさえしていればマイナス収支にはならない」くらいの感じで受け止めておけばいいのでは?

スポンサーリンク

REG確率に注目

設定3の方が設定4よりもREG確率が優秀になってしまったことからも、15万Gというサンプルの少なさが露呈していますが、それだけ「中間設定は荒れやすい」という風にも捉えられるのではないでしょうか。

 

実際に設定4のデータを見ると、REGこそ大きくヒキ負けているものの、BIGに偏ったおかげで差枚数は大きくプラスへ転じています。

ただし、REG確率1/300の壁は比較的簡単に超えられても、REG確率1/270の壁は簡単には超えられない様子がうかがえますね。

 

僕の実戦データや経験則に基づいて話すと、REG確率1/300をクリアする台の割合は絶対的に高設定の方が多くなりますし、万が一低設定がここに引っ掛かってきたとしても設定3の上ムラがほとんどですから、長い目で見ればプラスに転じていくと思います。

 

もちろん「設定5以上の期待値を含んだ数値」という前提が必要なので、それなりに高設定を使ってくれるというホールで、3000G以上回っている台、かつREG確率が1/300より優秀な台を打っていればアイムジャグラーで勝ち続けることも可能でしょう。

 

高設定と比較

設定5&6のREGの出現率は、やはり別格に高いです。BIGこそ差はありませんが、REGには決定的な大きな差があります。

 

REG確率のボーダーを設定5の近似値1/270に設定すると、設定3&4では20%以下だった達成率も、設定5&6にもなれば50%程度です。

ここの設定差は非常に大きいものと言えるのではないでしょうか。

 

参考【アイムジャグラー】5000Gで設定5以上を見抜けるか【実戦検証】

 

最後に

5000Gもあれば、それなりに安定した結果が望めると思います。正直、設定3や設定4でたまに出現してしまうフェイク台については、避けようがありません。

メリハリ設定のホールなら話は別ですが、それすらも設定公開がない以上は、絶対とも言えない事項だと思います。

 

たまに設定3を掴まされたとしても、出玉率は99%です。大事なのは設定1&設定2を掴まないようにして、設定5&設定6の稼働を増やすことですから、たまに掴んでしまう中間設定は、仕方ないものとして割り切りましょう。

 

できれば、ブドウ確率や当ブログで紹介したREG連から設定を推測する方法、スランプグラフのデータなどから、高設定をしっかり使っているという確証が得られれば言うことないです。

当日のデータが1番の武器ですが、盤石の態勢を取るためにも、材料をしっかり揃えて実戦に臨みましょう。

 

-アイムジャグラーEX

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2018 All Rights Reserved.