ファンキージャグラー

【ファンキージャグラー】設定6が丸わかり!?5000G時点の立ち回りと設定判別方法【完全攻略】

更新日:

ジャグラーシリーズ全般に言えることですが、主にボーナス確率からの設定推測になるため、当日の回転数が多ければ多いほど信頼度が増します。

 

とは言え、アイムジャグラーなどのスペックならまだしも、ファンキージャグラーのような「ジャグラーの中では出玉率の高い機種」においては、回転数が増えてしまうことで、良台が空き台になりにくくなってしまう可能性が一気に高まってしまうでしょう。

 

今回は夕方以降~夜以降の実戦で使える5000G時点のデータまとめです。

5000G以上にもなれば当日のデータだけでもかなりローリスクに立ち回ることができます。

もちろんそのアドバンテージは他のジャグリストたちにも筒抜けなので、良台が空いた時に座れるかどうかという運にも左右されるはず。

 

ただし何らかの理由で空き台が出たときに「この基準なら勝負してもOK」というラインを知っていれば、絶対的に有利な立ち回りができるようになります。

ファンキージャグラーで勝ちたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ファンキージャグラーのスペック

設定BB確率RB確率合算確率出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%

 

設定ぶどう確率単独BIG単独REGチェリー当選期待度チェリー+BIGチェリー+REG
11/6.371/3701/6695.4%1/10841/1519
21/6.371/3631/5685.5%1/10801/1391
31/6.321/3691/5095.9%1/10151/1301
41/6.271/3451/4636.0%1/10391/1260
51/6.211/3461/4146.4%1/9741/1252
61/6.161/3121/3636.5%1/9691/1116

※こちらのデータはすべて実戦値です。

 

各設定毎の5000G時点での実戦データ

これまでに設定1~設定6まで5000G×30の実戦シミュレートデータを掲載してきました。

それらをここにまとめたいと思います。

細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。

 

 

設定1

BIGボーナス:528回(1/284.0909)

REGボーナス:329回(1/455.9271)

合算確率:1/175.0292

ぶどう確率:1/6.3892(23477/150000)

単独レギュラー:233回(1/643.7768)

勝率:33.33%(10/30)

トータル差枚数:-18354枚(-611.8×30)

出玉率(機械割):95.92%

 

設定2

BIGボーナス:569回(1/263.6204)

REGボーナス:352回(1/426.1364)

合算確率:1/162.8664

ぶどう確率:1/6.3643(23569/150000)

単独レギュラー:245回(1/612.2449)

勝率:46.67%(14/30)

トータル差枚数:-1648枚(-54.9333×30)

出玉率(機械割):99.63%

 

設定3

BIGボーナス:557回(1/269.2998)

REGボーナス:432回(1/347.2222)

合算確率:1/151.6684

ぶどう確率:1/6.3219(23727/150000)

単独レギュラー:318回(1/471.6981)

勝率:50.00%(15/30)

トータル差枚数:2964枚(98.8×30)

出玉率(機械割):100.66%

スポンサーリンク

設定4

BIGボーナス:589回(1/254.6689)

REGボーナス:428回(1/350.4673)

合算確率:1/147.4926

ぶどう確率:1/6.2228(24105/150000)

単独レギュラー:305回(1/491.8033)

勝率:56.67%(17/30)

トータル差枚数:15834枚(527.8000×30)

出玉率(機械割):103.52%

 

設定5

BIGボーナス:592回(1/253.3784)

REGボーナス:494回(1/303.6437)

合算確率:1/138.1215

ぶどう確率:1/6.2089(24159/150000)

単独レギュラー:365回(1/410.9589)

勝率:80.00%(24/30)

トータル差枚数:23817枚(793.9000×30)

出玉率(機械割):105.29%

 

設定6

BIGボーナス:670回(1/241.9355)

REGボーナス:520回(1/288.4615)

合算確率:1/126.0504

ぶどう確率:1/6.1792(24275/150000)

単独レギュラー:381回(1/393.7008)

勝率:86.67%(26/30)

トータル差枚数:51756枚(1725.2000×30)

出玉率(機械割):111.50%

 

ボーナス履歴と出玉率(機械割)に注目したデータまとめ

各設定毎の5000G時点でのボーナス履歴

以下の表は5000G×30のデータにおいて「BIG○回、REG△回引けたデータが何回あったか」を示すものです。

 

例を挙げると【設定1のBIG5回以下/REG5回以下】の部分は【0/1】となっていますが、これは設定1の5000Gを30パターンシミュレートした結果から、BIGが5回以下だったケースが0回、REGが5回以下だったケースは1回だったことを意味しています。

空欄はどちらも未確認だったというケースです。

ボーナス回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
BIG5回以下/REG5回以下0/10/1
BIG6回/REG6回0/11/0
BIG7回/REG7回0/11/0
BIG8回/REG8回0/50/30/1
BIG9回/REG9回1/50/20/21/00/1
BIG10回/REG10回0/20/40/10/2
BIG11回/REG11回0/10/50/31/20/11/2
BIG12回/REG12回0/61/61/30/70/21/1
BIG13回/REG13回2/20/50/40/21/31/4
BIG14回/REG14回2/25/22/41/31/20/2
BIG15回/REG15回4/12/12/42/41/21/2
BIG16回/REG16回2/04/15/32/13/31/3
BIG17回/REG17回5/22/24/33/10/1
BIG18回/REG18回2/01/04/03/33/41/3
BIG19回/REG19回2/02/13/01/23/00/3
BIG20回/REG20回3/04/02/11/11/16/2
BIG21回/REG21回3/11/01/22/04/31/3
BIG22回/REG22回1/01/01/03/03/22/0
BIG23回/REG23回3/01/01/01/01/32/2
BIG24回/REG24回2/02/03/04/03/1
BIG25回/REG25回2/01/12/01/0
BIG26回/REG26回2/01/02/0
BIG27回/REG27回1/01/01/1
BIG28回/REG28回4/0
BIG29回/REG29回1/02/02/0
BIG30回以上/REG30回以上1/01/0

スポンサーリンク

各設定毎の5000G時点での差枚数

差枚数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
-3000枚以下11
-2500枚~-2999枚12
-2000枚~-2499枚2211
-1500枚~-1999枚35211
-1000枚~-1499枚63211
-500枚~-999枚415322
-1枚~-499枚44463
0枚~+499枚335284
+500枚~+999枚634331
+1000枚~+1499枚122355
+1500枚~+1999枚11253
+2000枚~+2499枚11411
+2500枚~+2999枚3224
+3000枚~+3499枚113
+3500枚~+3999枚13
+4000枚以上112

 

5000G時点でのボーナス履歴と差枚数に見る傾向

5000G時点で-1000枚以上負けていると高設定の期待薄

BIG偏向型で設定1でもBIGが連荘すれば有り得ないほどの瞬発力で出玉が増える印象のファンキージャグラー。

しかし高設定は安定していて、特に設定6ともなると別格の安定率です。

さすがにマイジャグほどではないでしょうが、それに負けず劣らずの勝率を誇っていると言っても過言ではありません。

 

そういう意味では、5000G時点で1000枚以上のマイナスになっている台は割と高確率で高設定を否定します。

設定毎に見てみると「12/11/6/4/1/2」でした。

 

たまに「REGはバカみたいに引けてるのに、BIGが引けなさ過ぎて大きく負けている台」というのがあると思います。

僕の価値観では、アイムジャグラーはBIG確率を完全無視して立ち回るんですけど、同じ感覚をファンキーに持ち込んでしまうのは危険な感じもしますね。

 

もちろん高設定でも-1000枚よりひどいケースになる可能性はあるんですが、BIGが引けなくて大きく沈む可能性はかなり低いと言えそうです。

そういう意味では、もし5000G以上回っている台でREG確率が1/300より少し悪いくらいの確率だとしても、トータル差枚で-1000枚より酷くなっている台は手を出さない方が無難かも。

 

あとは周りの状況と照らし合わせて判断することをおすすめします。

 

5000GでREG回数10回以下は却下

中間設定となると微妙ですが、低設定(特に設定1)に関してはREGだけ見ていれば引っ掛からずに済むことが多いと思います。

例えば5000GでREG10回というのは、確率で言うと1/500ですから決して褒められる数値じゃないんですけど、これでも十分低設定を排除できるようです。

 

5000GでREG10回以下だったケースに注目してみると、各設定毎に「15/9/4/2/3/0」でした。

明らかに設定1が突出してクリア率が低いのが分かりますね。設定2もそれなりに厳しいのが分かります。

 

ここからも分かるように、極端にREGの付いてきていない台は例え差枚数が大きくプラスだったとしても、積極的に打っていくべきではないと思いますね。

ホールのデータなどで強い根拠がある場合を除いては、REG確率が悪い台に座るのは賢い判断とは言えないでしょう。

 

REG確率1/300に注目してみる

5000GでREGが17回以上引けていれば、REG確率が1/300より優秀になるので、高設定の基準を満たすことになります。

ちなみに今回のシミュレート結果に置いて、その基準を満たしたのは設定1~設定6にかけて全30回中「3/1/6/9/14/16」でした。

 

ここのボーダーはかなり安全に立ち回れるレベルのボーダーとなっていますが、残念ながら本物の高設定でも半分くらいは脱落してしまうような堅い目線となっています。

リスクを回避できる代わりに「そんなに打てる台が出てこない」というデメリットも出てくるでしょう。

 

私の近所の話で言えば、ファンキージャグラーの設定6なんか都市伝説化しているので、これくらい厳しい目線で見てもいいと思っていますが、もし頻繁にファンキージャグラーに高設定が投入されるホールで稼働しているという場合は、もう少し緩いラインから勝負しても問題ありません。

スポンサーリンク

5000G時点の単独レギュラー回数から設定看破してみる

単独REG回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
3回以下1
4回121
5回61
6回452111
7回45211
8回333613
9回445253
10回157821
11回231445
12回121122
13回2232
14回14443
15回2213
16回32
17回23
18回11
19回1
20回以上1

 

割と大きな設定差が設けられているのが単独REGです。

分母が大きいので荒れやすい部分はありますが、低設定の下ムラと高設定の上ムラが出れば設定推測をする上で非常に大きな材料となります。

 

例えば5000Gで単独REGが7回以下の台は見切ってもいいのではないかと思いますね。

各設定別に見てみると、全30回中「16/13/4/3/2/1」です。

実際に5000Gも稼働する場合って、それなりにREGが引けているなどの高設定示唆がある場合が多いと思うので、単独REGがあまりにも悪いのに続行するという人も珍しいとは思いますが。

 

そして上ムラに注目するなら、5000Gで13回以上の単独REG(1/384.6154)ですかね。

各設定別に見てみると、全30回中「3/0/9/6/14/15」でした。

高設定でも約半分のクリア率ということを考えると、達成できなかったからと言って期待度が下がるわけではありませんし、逆にこのラインがクリアできれば期待度大だと思います。

 

5000G時点のぶどう回数から設定看破してみる

ブドウ回数(個)設定1設定2設定3設定4設定5設定6
129以下11
130~1391221
140~149473451
150~159139101279
160~1698895118
170~179543556
180~1892224

 

パチスロ攻略マガジンが出した解析値を引用します。

設定1:1/6.37

設定2:1/6.37

設定3:1/6.32

設定4:1/6.27

設定5:1/6.21

設定6:1/6.16

すると5000G時点では、確率通りに引けたとすると設定1で785個~設定6で812個となります。

 

今回の検証結果では、幸か不幸か最低個数が設定の722個(1/6.9252)でした。

非常に薄い部分だとは思いますが、5000G回して最低値を記録した設定6っていうのは、なんだか微妙ですね。

 

一方で上ムラについては、810個以上に注目したいと思います。

5000Gで810個以上(1/6.1728)のぶどうが引けたのは、各設定毎に「4/3/6/13/12/18」でした。

特に設定6の場合は、5000G回したとすると「810~819個」の範囲に収まることが多そうです。

 

個人的には5000Gも回す時点でそれなりにボーナス確率も悪くないと続行しないでしょうし、5000G1回こっきりの判定では高設定の上ムラでもない限りはそんなに使えるデータにもならないと思うので、2000Gと3000Gなどで複数回判定する方法をおすすめします。

 

まとめ

5000G時点で1000枚以上のマイナスになっている台は高設定の期待薄

5000GでREG10回以下は却下

5000GでREG確率1/300をクリアするのは高設定でも約50%程度

5000Gで13回以上の単独レギュラーでハイチャンス

5000G時点のぶどう個数が779個以下だと設定6の期待薄、810個以上でチャンスアップ

やはり5000Gも回れば設定通りの挙動になることが多いですね。かなり安定して、本来の設定らしい姿を見せてくれることが多いように思いました。

 

特に設定6の安定感はハンパ無いです。

ここに関しては、夜から拾えるとすれば閉店間際などになるかとは思いますが、理論的にはAタイプの場合は「ボーナスが消化できる時間を切るまでは、1回転でも多く回した方が期待値が高い」ので、閉店間際でも積極的に回していってOKです。

 

それから低設定はREGを引くことが相当難しいので、REG確率重視の立ち回りを心掛けていくことでリスク回避にも繋がると思います。

 

-ファンキージャグラー

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.