ファンキージャグラー

ファンキージャグラー:夜以降の実戦|5000Gのデータから中間設定(設定3&設定4)を見抜く攻略法

更新日:

ジャグラーにおける立ち回りのセオリーは夕方以降です。

回転数が増えれば増えるほど、台のデータには説得力が出てくるので、ジャグラーの仕組みを理解している人であれば、5000Gも回っていれば安定して勝てるのではないでしょうか。

 

もちろん早い段階でリスクを背負って勝負する場合と比較して「台に座りにくい」とか「稼働時間が短い」というデメリットこそあるものの、安定した勝率を手にすることができるかも。

 

というわけで今回は、ファンキージャグラー:中間設定(設定3&設定4)の5000G×30のデータを用意したので、夕方から夜以降の実戦に役立ててみてください。

スポンサーリンク

ファンキージャグラーのスペック表

基本スペック

設定BB確率RB確率合算確率出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%

 

設定ぶどう確率単独BIG単独REGチェリー当選期待度チェリー+BIGチェリー+REG
11/6.371/3701/6695.4%1/10841/1519
21/6.371/3631/5685.5%1/10801/1391
31/6.321/3691/5095.9%1/10151/1301
41/6.271/3451/4636.0%1/10391/1260
51/6.211/3461/4146.4%1/9741/1252
61/6.161/3121/3636.5%1/9691/1116

※こちらのデータはすべて実戦値です。

 

ファンキージャグラー:中間設定5000Gの実戦データ

設定3

台番BIGREG差枚数ぶどう単独REG
11616-21583214
2178-7988366
3191772180413
41212-205380610
51413-161775813
61513-13977527
72516224279014
82413155978510
92499217666
101811-6487588
111714-3957768
121815-16276410
131413-151179210
142120145079114
151612-8068019
161514-149974510
17721-275180518
1818151538229
191811-3347968
20231411507569
211611-8118289
221614-60780810
2319151275712
242925438678515
252916384983711
2620121047629
27191745280814
28201570078910
29162120982115
302296607977
合計557432296423727318

BIGボーナス:557回(1/269.2998)

REGボーナス:432回(1/347.2222)

合算確率:1/151.6684

ぶどう確率:1/6.3219(23727/150000)

単独レギュラー:318回(1/471.6981)

勝率:50.00%(15/30)

トータル差枚数:2964枚(98.8×30)

出玉率(機械割):100.66%

スポンサーリンク

設定4

台番BIGREG差枚数ぶどう単独REG
11812-15181010
218185818228
32514211779310
42212109982910
52418196576414
617197879314
72417232582714
81713-3388078
9191538178910
102120143677415
112514224581110
121515-55185910
131712-6497878
141513-10957889
151614-7827827
162418215578510
172316158578211
1822109958248
192615278683811
201712-39981211
211112-27287749
222612254284210
231812-1588188
24917-255081714
251411-16517936
2622118097798
272117130679615
282719319579811
29205-2837904
301615-43182212
合計5894281583424105305

BIGボーナス:589回(1/254.6689)

REGボーナス:428回(1/350.4673)

合算確率:1/147.4926

ぶどう確率:1/6.2228(24105/150000)

単独レギュラー:305回(1/491.8033)

勝率:56.67%(17/30)

トータル差枚数:15834枚(527.8000×30)

出玉率(機械割):103.52%

 

ファンキージャグラー:中間設定5000Gの実戦データの考察

出玉率(機械割)的に中間設定に座ることは問題なし

メーカー発表の出玉率(機械割)は設定3が99.8%、設定4が102.0%とのことですが、今回の5000G×30シミュレートでは設定3が100.66%、設定4が103.52%となりました。

 

まぁ打ち手の考え方次第ですが、あくまで収支的なことで言うのであれば、中間設定に座ってしまうこと自体はマイナス要素ではないと言えるでしょう。

設定3なら大体トントンくらいで、設定4なら打ち続けたら微量ですがプラスに傾いていくでしょうからね。

 

ただし問題は、これらの中間設定を高設定と勘違いさせられてしまうことです。

勘違いさせられるだけならまだいいんですけど、もし「高設定を一切使っていないのに、中間設定の上ムラを高設定と勘違いさせられている」という場合はまずいです。

 

当ブログでも推奨している立ち回りは、高設定の期待値があって初めて成り立つものです。

高設定がないようなホールで実践するということは、その期待値が最初からゼロの状態、つまり「良くて中間設定、悪ければ低設定の上ムラを掴まされてしまう」という状況で勝負するということになります。

…これだと勝つのは難しいですし、仮に勝てたとしても時給に換算すると1000円以下になってしまうことは間違いないでしょう。

 

REG確率1/300に注目する

5000GでREG確率1/300をクリアするには、最低でも17回のREGが必要です。

この基準をクリアしたのは、設定3で6/30、設定4で9/30でした。

 

同様の検証を低設定で行った際に、ここの達成率は設定1で3/30、設定2で1/30でだったので、単純に倍以上の信頼度になっていることが分かります。

高設定を見据えた立ち回りのボーダーで、低設定は限りなく排除できて中間設定でも1/3以下で拾う程度となれば、立ち回りとしては非常に堅いと言えるでしょう。

 

結論としては中間設定も一緒です。

5000G回っていてREG確率が1/300より優秀であれば、それだけで打つ価値があると断言できます。

 

ちなみにそれぞれのREG最高値は…。

【設定3】

【設定4】

 

ちなみに5000Gで18.1554回のREGが引ければ設定6の基準を満たすことになるのですが、どちらもそれをクリアしています。

設定3のデータなんかホールで見つけたら完全に設定6がよぎってしまうのではないでしょうか。出玉も合算も文句無しです。

設定4の方でも高設定だと思って打ってしまいそうですが、残念ながら中間設定なんですよね。

スポンサーリンク

単独レギュラー1/400に注目してみる

単独レギュラーは実戦値ではあるものの1/414が設定5の数値と言われているので、1/400より優秀な数値になれば一気に高設定の期待度が高くなります。

5000Gでそれを超えるには、13回の単独REGが必要です。

今回の検証で13回の単独REGが出現したパターンを見てみると、設定3が9回、設定4が6回でした。

 

設定3>設定4になったのはサンプルの少なさが大きく関係しているとして、低設定だとかなり超えにくい壁になり、中間設定は大体1/3くらいの突破率と考えたら、かなり手堅いラインではないでしょうか。

 

ちなみに設定3で、5000Gで18回の単独REGを記録したケースが確認できました。そのデータがこちら。

 

ハッキリ言ってファンキージャグラーの設定6は相当安定して勝てますし、BIG確率も割と優遇されています。

なので、いくらヒキ弱と言っても「こんな出方になるか!?」と思わずにはいられません。

しかし、データ的にも「設定5はありそう」と考えてしまうのが通常の打ち手の考えではないでしょうか。

 

結果的には設定3なので、この台に座ったtころで勝てるわけでもなければ負けるわけでもないわけですけど、こんな台を1日打ってしまったら悔しくて眠れないかもしれませんね(本当は設定3なのに)。

 

設定6のぶどう確率をクリアするデータは!?

設定6のぶどう確率は1/6.16と言われています。

この確率で5000Gに渡ってぶどうを引き続けると、811~812個となります。

 

これをクリアしたのは設定3で6回、設定4で10回です。

出現率としてはまぁまぁで、でも低設定よりは着実に出現率が高まっていると言えます。

 

ちなみに低設定の時は「設定6のぶどう確率とREG確率1/300を同時にクリアした台はない」という法則が当てはまりました。

今回はと言うと…設定3で1回、設定4で3回です。これは相当信頼してもいいと思います。単にREG確率が1/300という状況に比べると、高設定の場合は自信が持てるようになりますね。

 

「REGが優秀」というのと「REGとぶどうが優秀」というのでは、明らかに後者の方が信頼度がグッと増すので、設定推測の精度を上げるという意味でも、ぶどうカウントはおすすめします。

 

まとめ

収支的に設定3は±0くらい、設定4は微増

10台に1台くらいの割合でフェイク設定6が出るかも

5000G時点で設定6のぶどう確率とREG1/300を同時に満たせば高設定濃厚!?

中間設定ともなると、上ムラになれば相当なレベルのフェイク設定6が出現します。

確率自体は決して高くはありませんが、一般的なホールで設定6を投入してくれる確率よりは十分に高いんじゃないかと思いました。

 

これらの台に座ってしまう部分は避けられないと思います。

ただ、高設定があるホールでこのような台を打って行けば、収支は確実にプラスに傾いていくはずなので、自信を持って実践していきましょう。

 

-ファンキージャグラー

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.