ファンキージャグラー

ファンキージャグラー:午前中からの実戦|1000Gのデータから高設定(設定5&設定6)を見抜く攻略法

更新日:

当ブログでは3000G以降の実戦を推奨しています。

理由としては「当日のデータがやや信頼できるようになって、そこまで勝率を下げることなく、期待値が見込める」からです。

 

ただしホールによっては「3000Gも回っていてそれなりのボーナスが引けてたら、そもそも空き台になんかならない」という意見もチラホラ。

そこで「やや信頼度と勝率は下がるけど、ホール状況次第では2000Gでも全然勝負できるよ」ってことを書いてきました。

 

「じゃあ1000G時点での挙動は?」

 

というわけで今回は「ファンキージャグラーの1000G時点での高設定の挙動」にスポットを当ててみました。

ぜひ朝一~午前中の立ち回りに役立ててください。

スポンサーリンク

ファンキージャグラーのスペック表

基本スペック

設定BB確率RB確率合算確率出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%

 

設定ぶどう確率単独BIG単独REGチェリー当選期待度チェリー+BIGチェリー+REG
11/6.371/3701/6695.4%1/10841/1519
21/6.371/3631/5685.5%1/10801/1391
31/6.321/3691/5095.9%1/10151/1301
41/6.271/3451/4636.0%1/10391/1260
51/6.211/3461/4146.4%1/9741/1252
61/6.161/3121/3636.5%1/9691/1116

※こちらのデータはすべて実戦値です。

 

ファンキージャグラー:高設定1000Gの実戦データ

設定5

台番BIGREG差枚数ぶどう単独REG
1648031554
227-161646
333-1791632
4362471834
5545571654
624-4001552
76610701624
86511101785
930-5501620
10443511704
11442531644
12441681483
13512891561
1441631791
15567501604
16533301402
17513101661
1823-6171443
1910-12181450
2025-3051533
2125-3171564
228214021811
2324-4341582
2432-3241552
25421361682
26708361630
2732-1511791
2833-2511472
29567151604
307413141763
合計1211015942485578

BIGボーナス:121回(1/247.9339)

REGボーナス:101回(1/297.0297)

合算確率:1/135.1351

ぶどう確率:1/6.1792(4855個)

単独レギュラー:78回(1/384.6154)

勝率:60.00%(18/30)

トータル差枚数:5942枚(198.0667×30)

出玉率(機械割):106.60%

スポンサーリンク

設定6

台番BIGREG差枚数ぶどう単独REG
1637581642
2498831816
310-9731700
412-8301742
532-2901681
642661722
720-8131640
8374521826
901-13401571
10466451804
116711371506
12638081613
1333-2411532
1423-5481533
15453831755
165710501895
1735121524
1823-4761702
1951531351
2026-3301405
21442471583
2225-2441695
2324-2871682
246711461556
2524-3101694
26659381573
2742591612
28649661723
2905-9491613
30566961526
合計1031212668491297

BIGボーナス:103回(1/291.2621)

REGボーナス:121回(1/247.9339)

合算確率:1/133.9286

ぶどう確率:1/6.1075(4912個)

単独レギュラー:97回(1/309.2784)

勝率:56.67%(17/30)

トータル差枚数:2668枚(88.9333×30)

出玉率(機械割):102.96%

 

ファンキージャグラー:高設定1000Gの実戦データの考察

出玉率(機械割)的には判断は難しい

これまで低設定→中間設定と同様の検証を行ってきて、差枚数から設定推測するには1000G程度じゃ判断できないというのが結論です。

 

安定して勝てると絶賛されているファンキージャグラーの設定6でも、勝率は50%をちょっと上回った程度で、出玉率も低くなりました。

その原因は明らかにBIGのヒキ弱です。

本来であれば1/232.4で引けるべきBIGが1/291.2621まで凹んでいれば、こうもなるような気がします。

 

ファンキージャグラーはBIG偏向型で、各設定毎のBIG確率に完全無視は危険なくらいの設定差が設けられています。

特に設定6は突出しているのですが、今回の検証では設定6で引けたBIGの最高値が6だったので、これは寂しいと言わざるを得ません。

 

逆に言えば「設定6でも1000GでBIGが6回も引ければ御の字だし、0回ってことも十分に考えられる」という考えは重要と言えるでしょう。

もちろん可能性としては、高設定ほどBIGも引ける可能性は高いですけどね。

 

REG確率1/300に注目する

1000GでREG確率1/300をクリアするには、最低でも4回のREGが必要です。

ただゲーム数が少なさ過ぎて、1000Gで3回だと1/333、4回だと1/250ということで一気に難易度が高くなる感があるんですけど…。

この基準をクリアしたのは、設定5で16/30、設定6で17/30でした。

 

ここだけを切り取るのであれば、ファンキーの高設定なら1000GでREGを4回以上引ける可能性が50%くらいあるということになります。

恐らく多くのジャグリストは、1000GでREGが4回も引けたら次の1000Gも続行すると思うので、その次の1000GでもREGが4回引ければ期待度大じゃないでしょうか。

 

そうなった場合は2000Gで8回のREGなので、周りから見てても高設定の雰囲気はただ寄ってくるわけですけど、2000Gで8回のREGというよりも1000Gで4回のREGを2回達成したという事実の方が信頼度は格段に上がると言えるでしょう。

 

ちなみにそれぞれのREG最高値は…。

【設定5】

 

【設定6】

 

これまでの結果を踏まえて「高設定だからと言って1000G単位じゃREGが引けるとも限らないし、1000GでREGがかなり引けているからと言って高設定とも限らない」ということを痛感しました。

 

ただし、あくまで確率的に言えば「1000Gでも高設定の方がREGを大きく引ける可能性がそれなりにある」ということも言えます。

本来の高設定を見るような目線(REG確率1/300)だとリスクが高くなるばかりでリターンが薄くなるような気もするので、明らかな上ムラで勝負する分にはいいのかなぁという印象です。

 

スポンサーリンク

単独レギュラー3回以上でチャンスアップ!?

回転数がついてくれば1/400で高設定の期待度が高まり、1/500を基準に見ても低設定の多くを排除できる単独REG確率ですが、1000Gだと0回~1回というケースも珍しくないです。

 

ちなみに3回以上引けたケースに注目してみると、設定5が11回、設定6が12回でした。

ここの基準は高設定ほど達成しやすく、1000G時点では少しのチャンスアップという感じがしますが、2000Gで2連続達成すればそこそこ期待していいのではないかと思います。

期待度的には、赤文字から金文字くらいの信頼度アップという感じですかね。

 

設定6のぶどう確率をクリアするデータは!?

設定6のぶどう確率は1/6.16と言われています。

この確率で1000Gに渡ってぶどうを引き続けると、162~163個となります。

 

一応繰り上げで考えて163個にボーダーを引きます。ここをクリアしたのは設定5で14/30回、設定6で15/30回です。

設定1から徐々に信頼度を上げてきて、平均的には3台に1台くらいの達成率だったものが最終的には2台に1台くらいの達成率に変わってきたと言っていいでしょう。

 

ちなみに高設定でのぶどう最高個数は設定6の189個(1/5.5866)でした。

しかもこれは設定4でも同じ189個を叩き出しているので、設定6だけが達成できる領域というわけではないものの、もし1000Gで190個のぶどうを超えた場合は高設定の期待度が高まると考えてもいいのではないでしょうか。

 

まとめ

1000G時点じゃ判断は難しい

1000G時点で3回の単独レギュラーが引ければチャンスアップ

1000G時点で190個以上のぶどうが引ければチャンスアップ

やはり1000Gからの稼働は、いたずらにリスクが高まるだけという感じで、言葉を選ばずに言うなら「0Gから回すのと比べて、毛が生えた程度」って感じですかね。

 

ただし何もデータがない状況と比べれば立ち回りやすさは若干アップするかなーという感じ。

というのも、多くの人が「ライバルが増えないうちに良台を押さえたい」という意味で、リスクを冒して早い回転数の段階から勝負を仕掛けるということだと思うんですけど、1000GでREGが7回も8回も引けてたら辞めなくない?

 

つまり「意味なくない?」というのが正直な感想でした。

まぁ朝一勝負の場合における1000G通過地点としては、このデータも十分活用できると思うので、ぜひ使ってみてください。

-ファンキージャグラー

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2019 All Rights Reserved.