ファンキージャグラー

ファンキージャグラーでREGに寄るのって珍しい!?

更新日:

アイムジャグラー&マイジャグラーの設定6なんかではBIG:REG比が1:1になるため、回転数が付いててボーナス数もそれなりの時のBIGとREGが同じ数だと、少し興味を持ってデータを見てしまいますが、ファンキージャグラーだと少し不安になりませんか?

ファンキージャグラーに限らず、みんジャグでもハッピーでも何でもいいんですけど、REGが走ってる台だとプラスの要素であるにも関わらず不安を感じてしまう側面もあるのではないでしょうか。

今回はファンキージャグラーの設定5で「馬鹿みたいにREGに寄ることは、どの程度の確率で起こるのか」を検証したいと思います。

スポンサーリンク

スペック表

設定BIG確率REG確率合算確率出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%

 

ファンキーの設定5

もしファンキーをメインで立ち回っていくのであれば「最低でも設定5はありそう」という状況下で稼働していくことが必要だと思います。

アイム系と違って設定6の出玉率はそれなりに高く、そこまで多用してこないでしょうから、必然的に『設定5以上狙い』がセオリーではないでしょうか(もちろんホールによるとは思いますが)。

しかしながら、アイム系のそれと比較しても、設定6なら出玉率が高いのでまだいいのですが、設定5を見抜くのは難しいような気がします。というのも、設定4と5でそこまで大きな設定差が見られないのが大きい理由です。

注目すべきは、設定5のREG確率がほぼ1/300という点です。単純に考えると、確率通りにいくのであれば3000GでBIG12回、REG10回というのが設定5になります。

合算で見ていったときに、REGの方が走っている台が高設定である確率はどの程度あるのか、それについての検証です。

 

実戦

実戦データ

ファンキージャグラー、設定5、シミュレートアプリ、3000G×30。

番号BIGREG差枚数
1511-1651
294-1187
3114-567
4512-1226
5107-366
61014+563
71413+1485
8125+106
9128+314
10196+2218
11167+1328
12177+1848
13610-1559
141215+1154
15134+344
16810-697
171411+1346
18104-793
191112+394
201913+2949
21126+86
2296-1084
231110+231
24108-246
251712+2501
26138+495
27169+1661
282012+3246
291314+1434
301113+403
  • BIG:365(1/246.58)
  • REG:275(1/327.27)
  • 差枚数:14730枚(平均:+491枚)

 

考察

スポンサーリンク

ちょうど半々

REG確率1/300をボーダーにすると、ちょうど半々です。1番少なかったときでREG4回(1/750)というのを合計4回確認しているので、設定5でも思い通りにREGが引けるケースは少ないとみていた方がいいかもしれません。

1番多かったときでREG15回(1/200)ですが、ここまでくれば突っ張ってもいいのではないでしょうか。

ちなみに、同様の検証を設定1&設定2で行った際、さすがに15回というデータは出ませんでした。

設定2の12回(1/250)が最高記録だったわけですが、それを踏まえても「3000G時点での1/200は信頼してもいいレベル」なのかもしれません。

 

そして「2000G時点ではどうなるのか」を検証したところ、REG確率が1/200をクリアするデータが散見されました。

2000Gと3000Gの間には大きな壁があると言えそうです。ホール実戦の際は、なるべく回っている台の中から選んでいきましょう。

 

極端なREG先行は起こらない

気になるのは1番、4番、13番でしょうか。「BIGが引けてないせいで大きなマイナス収支にはなっているものの、REG確率だけを見れば設定5の基準は満たしている」という台です。

設定が下がれば下がるほど、こういう台は減ってくるはずなので、ホール状況を加味すればいくらでも勝負できるような気がします。

ホール状況によっては『REG確率1/300を切っている台』の立ち回りだけで勝っていけるかもしれません。

 

5000G×30のデータ

出玉率的にも似ている『アイムの5とファンキーの5を比較してみよう』ということで検証しました。

やはり「BIG:REG比が1:1になる」というアイムやマイジャグ特有のポイントは、非常にわかりやすい要素と言えそうです。

 

スランプグラフ

1番

BIGが引けなさ過ぎて負けているとはいえ、REG確率だけに注目すると優秀な台です。夕方、ホールに足を運んでこのような台のデータがあれば、積極的に打ってもいいのではないかと思います。

ただし、差枚数的には安心できないので「前任者+自分のデータ」と「自分のデータ」を別にして考えるなどの、その後の挙動に対して注意することは必要だと言えるでしょう。

 

28番

こちらに関しては綺麗な右肩上がりで、それこそ高設定を匂わせる挙動ではあるのですが、その大きな理由を占めているのが「明らかなBIGのヒキ強」によるものです。

先ほど紹介した1番のデータと比べても、大きく違うのはBIGの数であって、REG数は1回しか違いません。

ファンキージャグラーのBIG確率は、アイムジャグラーとは違って無視できるほど小さい設定差でもないため、BIGが引けているというのは大きな要素ではあるのですが、それでもREGに比べたら小さい要素と言わざるを得ないでしょう。

こちらの場合でも「安心していいライン」には及んでいませんので、引き続き注意しながらの稼働が必要です。

 

最後に

3000Gで1500枚以上マイナスになることもあれば、かたや3000枚以上プラスになることもあります。冷静になって考えてみると、落差がありすぎて少し怖いですね。

いずれにしても、設定5以上で勝負できれば勝っていけるのは間違いないです。できれば設定6が望ましいですが、コンスタントに設定5が拾えるようなホールであれば、いくらでもやり方がありそうだと思いました。

 

-ファンキージャグラー

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.