マイジャグラー4

マイジャグラー4:夜以降の実戦|5000Gのデータから高設定(設定5&設定6)を見抜く攻略法

更新日:

ジャグラーにおける立ち回りのセオリーは夕方以降です。

回転数が増えれば増えるほど、台のデータには説得力が出てくるので、ジャグラーの仕組みを理解している人であれば、5000Gも回っていれば安定して勝てるのではないでしょうか。

 

しかし、そんな時でも厄介なのが設定3や設定4などの中間設定です。

これらの台は下ムラだと恐れるに足りませんが、上ムラになった時に「設定6じゃないか?」と錯覚させられるほどのポテンシャルを発揮することがあります。

 

せめてもの救いは、設定3を打ち倒したところで出玉率(機械割)的に見ればそこまで大きな負けにはならないという点ですが、ずっと勝っていきたいと思っているジャグリストにとっては、このロスタイムは勿体ないと言えるでしょう。

 

というわけで今回は、マイジャグラー4:中間設定の5000G×30のデータを用意したので、夕方から夜以降の実戦に役立ててみてください。

スポンサーリンク

マイジャグラー4のスペック表

基本スペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/287.41/431.21/172.595.7%
21/282.51/364.11/159.197.9%
31/273.11/341.31/151.799.9%
41/264.31/292.61/138.9102.8%
51/252.11/277.71/132.1105.3%
61/240.91/240.91/120.5109.4%

※公式サイトの発表値では、マイジャグラー3と全く同じスペックとなっています。

 

ぶどう確率

設定ブドウ確率
11/6.35
21/6.30
31/6.25
41/6.23
51/6.18
61/6.07

 

単独ボーナス確率と重複ボーナス確率

設定単独BIG角チェ+BIG単独REG角チェ+REG
11/378.81/1456.41/668.71/1213.6
21/374.51/1394.41/528.51/1170.3
31/362.11/1337.51/496.51/1092.3
41/352.31/1260.31/409.61/1024.0
51/334.41/1213.61/390.11/963.8
61/318.11/1170.31/334.41/862.3

※恐らくマイジャグラー3と同一であることが予想されるため、マイジャグラー3のものを掲載。

※単独BIG確率については、中段チェリーの取りこぼし分も含む。

 

マイジャグラー4:高設定5000Gの実戦データ

設定5

台番BIGREG差枚数ぶどう単独REG
1182057281014
220147538247
31116-19608129
4201568378712
53321517275518
62422236878318
7192083179915
831733468055
91718-14676314
101617-2785912
11231310967447
12191427080012
13221614988188
141415-112780513
151515-69183211
16171816078210
172115101880010
182817359981712
1919121108019
202917390981810
2120147818009
221711-6508008
232417207480912
24261223608259
251715-3377959
262224223277718
27172261380816
281321-81880018
291514-7838346
302117106876513
合計6084892797424027344

BIGボーナス:608回(1/246.7105)

REGボーナス:489回(1/306.7485)

単独レギュラー:344回(1/436.0465)

合算確率:1/136.7366

ぶどう確率:1/6.243(24027/150000)

勝率:70%(21/30)

トータル差枚数:27974枚(932.4667×30)

出玉率(機械割):106.22%

スポンサーリンク

設定6

台番BIGREG差枚数ぶどう単独REG
12626359178217
22617265179212
32719359586216
42121185782616
51725103883120
61327-24481517
71022-159282015
82096368836
9162658581019
102116129781511
11192088579613
122417208977316
132023170782416
142025180180718
152427324379218
162118149382110
17181829678412
182214162085213
192029225881024
20191773183915
21191328181411
222221182976414
232117135282211
242721356179714
251520-47877615
26162111478217
271523-7778016
282331353284123
291129-71078520
302222228581614
合計5956344122624311459

BIGボーナス:595回(1/252.1008)

REGボーナス:634回(1/236.5931)

単独レギュラー:459回(1/326.7974)

合算確率:1/122.0504

ぶどう確率:1/6.17(24311/150000)

勝率:83.33%(25/30)

トータル差枚数:+41226枚(+1374.2×30)

出玉率(機械割):109.16%

 

マイジャグラー4:高設定5000Gの実戦データの考察

設定6は出玉率(機械割)通りの安定感

今回の設定6シミュレートでは、BIGで大きくヒキ負けているので、本来であればもっと「勝率が下がる」とか「差枚数が芳しくない」とかがあってもいいんですけど、やはりそこは設定6。

僕が思っていた以上に、超優秀な成績を収めてくれました。

 

特に設定1と設定6でおよそ2倍の設定差が設けられているという単独レギュラーが非常に引けているイメージで、今回の設定6が459回、以前に検証した設定1が203回でした。

参考マイジャグラー4:夜以降の実戦|5000Gのデータから低設定(設定1&設定2)を見抜く攻略法

 

設定差が大きいとはいえ分母も大きい要素なので、15万ゲーム程度のシミュレートでは暴れるかとも思ったのですが、設定6に限っては安定していますね。

 

個人的には、プロセス関係なしに「5000G時点で差枚数がマイナスだから設定6じゃない!」という理由で捨ててもいいと思えるくらい、非常に安定して勝てるのがマイジャグラー4の設定6なのかなぁという印象です。

 

実際に、負けた5件のデータのうち、3件は-500枚以下の負けですし、全部20回以上のREGが引けてますからね。

 

他の設定と見比べてみても、まさに別格の存在と言っていいでしょう。

 

設定5は安定感に欠ける設定6のようなイメージ

今回ちょっと気になったのは、BIGに偏っていて客が大きくプラスになっているような台の存在です。

 

たまにホールを見ていると「5000GでBIG35、REG10」みたいな台ってありませんか?

で、実際に客がバンバン座っていくし、多くの客が結果を残して去っていくという…。

 

たぶんあまりにもBIGが引けているから面白がって近付いてくるものの「REGが引けてないから」という理由で多くの人がヤメてるんじゃないかと思うんです。

 

実際にホールでそんな台に座っている人は、個人的には見下しているというか「こういう人がいればまだまだジャグラーも食えるな」という感情を持っています。

それは、このような台が低設定のマグレ吹きに多いと信じて疑っていないからです。

 

しかし、今回の設定5の結果を見てみると…。

BB31-RB7、BB29-RB17、BB28-RB17、BB26-RB12、BB23-RB13、BB22-RB16。

これらのBIGに大きく偏っている台が全て設定5のデータです。そして「出現率が高くねぇ!?」っていう。

 

確率ですから、絶対に出ないというわけじゃないんですよ。

でも、その出現率は設定2とか設定3、下手すりゃ設定1の方が多いと思っていたので、まさか設定5でこういう台が量産されるような結果になったのは非常に意外でした。

 

まぁ僕はここで「マイジャグラー4の設定5は、設定6から安定感を奪った感じ」と表現しましたが、今回のようにREGを大きくヒキ負けているようなデータでも勝率は70%ですからね。

出玉率(機械割)的にもアイムとかゴージャグの設定6と遜色ありませんし、2択で言ったら絶対に打ちたいと思える部類の台です。

 

でも、上の方で紹介したような「BIGに大きく偏った台」については、ぶっちゃけ打たない方が無難だと思います。

スポンサーリンク

REG確率1/300に注目する

5000GでREG確率1/300をクリアするには、最低でも17回のREGが必要です。

この基準をクリアしたのは、設定5で14/30、設定6で26/30でした。

 

設定5のシミュレートデータがREGのヒキ弱になっていることが、どれくらい影響を与えているのかは不安要素の1つですが、設定6の安定感は言うまでもありませんね。

 

ちょっと大げさに言うと「5000Gも回してREG確率が1/300をクリアできないようなら、それは設定6じゃない」くらいに言っても良さそうです。

 

単独レギュラーに注目

単独レギュラーに焦点を絞ってみると、2桁達成率は設定5で19/30、設定6で29/30でした。

設定4が26/30だったので、やはり設定差が大きい部分ながらにも分母の大きさが影響しているような数値となっていますが、やはり自分で打つ場合は信頼できる数値と言えそうです。

参考マイジャグラー4:夜以降の実戦|5000Gのデータから中間設定(設定3&設定4)を見抜く攻略法

 

設定6を基準に考えてみると、設定6の単独レギュラー確率が1/334.4ですから、5000Gでそれをクリアするには15回の単独レギュラーが必要です。

これを達成したのは設定5が6/30、設定6が18/30でした。

 

ここにボーダーを引いちゃうと「設定6意外が話にならない」という感じになってしまうものの、自分が打っていて「これは設定6なんじゃないか?」と思うのには十分すぎる要素と言えるでしょう。

 

設定6のぶどう確率をクリアするデータは!?

設定6のぶどう確率は1/6.07です。この確率で5000Gに渡ってぶどうを引き続けると、823~824個となります。

 

これをクリアしたのは設定5で5回、設定6で8回でした。…少なっ!

というのも、今回のデータで言うと全体的に大きくヒキ負けているということが影響しているような気がします。

 

やはりぶどう確率が生きてくるのって、極端なムラがある時という限られた条件の場合のみだと思うので、5000Gも稼働するのであれば2000G×2とか、2000Gと3000Gとか、複数のサンプルで考えた方が精度が上がるかもしれませんね。

 

いずれにしても「設定6なら、いくら下ムラでもこんなに悪い数値にならないだろ!」というラインが存在するので、少しでも勝率を上げたいという人はぶどうをカウントすることをおすすめします。

 

まとめ

設定6の安定感は別格

BIGに大きく偏る台は設定5でも散見されるが、個人的にはこのような台での稼働はおすすめしない

単独レギュラーに注目すれば高/低の判断は割と簡単そう

今回の検証で感じたのは、とにかく設定6が別格だということです。

今回は5000G×30というシミュレート実戦でしたが、これが8000G×100とかになればほとんど負けないんじゃないかと思います。

 

一方で設定5は、破壊力はあるものの設定6と比べちゃうと、やや物足りないという印象ですかね。

 

いずれにしてもBIGに大きく偏っている台を「設定5の可能性がある!」と言って打つのはリスクが高いように思うので、勝率を上げたければREG重視の立ち回りをおすすめします。

 

そして自分で打つ場合は、単独REGか重複REGかの判断はしっかりと行いましょう。

 

-マイジャグラー4

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.