ファンキージャグラー

【ファンキージャグラー】設定6が丸わかり!?2000G時点の立ち回りと設定判別方法【完全攻略】

更新日:

ジャグラーシリーズ全般に言えることですが、主にボーナス確率からの設定推測になるため、当日の回転数が多ければ多いほど信頼度が増します。

 

とは言え、アイムジャグラーなどのスペックならまだしも、ファンキージャグラーのような「ジャグラーの中では出玉率の高い機種」においては、回転数が増えてしまうことで、良台が空き台になりにくくなってしまう可能性が一気に高まってしまうでしょう。

 

そこで早めに仕掛けることを考えると思うのですが、本記事では昼以降の立ち回りに焦点を当ててみました。

ファンキージャグラーの2000G時点での挙動に注目してみて、設定看破できるかどうかというものです。

ファンキージャグラーで勝っていきたいという人はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ファンキージャグラーのスペック

設定BB確率RB確率合算確率出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%

 

設定ぶどう確率単独BIG単独REGチェリー当選期待度チェリー+BIGチェリー+REG
11/6.371/3701/6695.4%1/10841/1519
21/6.371/3631/5685.5%1/10801/1391
31/6.321/3691/5095.9%1/10151/1301
41/6.271/3451/4636.0%1/10391/1260
51/6.211/3461/4146.4%1/9741/1252
61/6.161/3121/3636.5%1/9691/1116

※こちらのデータはすべて実戦値です。

 

各設定毎の2000G時点での実戦データ

これまでに設定1~設定6まで2000G×30の実戦シミュレートデータを掲載してきました。

それらをここにまとめたいと思います。

細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。

 

 

設定1

BIGボーナス:214回(1/280.3738)

REGボーナス:140回(1/428.5714)

合算確率:1/169.4915

ぶどう確率:1/6.3405(9463個)

単独REG:97回(1/618.5567)

勝率:33.33%(10/30)

トータル差枚数:-5398枚(-179.9333×30)

出玉率(機械割):97.00%

 

設定2

BIGボーナス:220回(1/272.7273)

REGボーナス:142回(1/422.5352)

合算確率:1/165.7459

ぶどう確率:1/6.4795(9260個)

単独REG:107回(1/560.7477)

勝率:43.33%(13/30)

トータル差枚数:-4269枚(-142.3×30)

出玉率(機械割):97.63%

 

設定3

BIGボーナス:230回(1/260.8696)

REGボーナス:182回(1/329.6703)

合算確率:1/145.6311

ぶどう確率:1/6.3735(9414個)

単独REG:135回(1/444.4444)

勝率:53.33%(16/30)

トータル差枚数:4184枚(139.4667×30)

出玉率(機械割):102.32%

スポンサーリンク

設定4

BIGボーナス:244回(1/245.9016)

REGボーナス:187回(1/320.8556)

合算確率:1/139.2111

ぶどう確率:1/6.2999(9524個)

単独REG:129回(1/465.1163)

勝率:63.33%(19/30)

トータル差枚数:9457枚(315.2333×30)

出玉率(機械割):105.25%

 

設定5

BIGボーナス:237回(1/253.1646)

REGボーナス:223回(1/269.0583)

合算確率:1/130.4348

ぶどう確率:1/6.1951(9685個)

単独REG:176回(1/340.9091)

勝率:66.67%(20/30)

トータル差枚数:12296枚(409.8667×30)

出玉率(機械割):106.83%

 

設定6

BIGボーナス:229回(1/262.0087)

REGボーナス:220回(1/272.7273)

合算確率:1/139.28601

ぶどう確率:1/6.1162(9810個)

単独REG:167回(1/359.2814)

勝率:63.33%(19/30)

トータル差枚数:10555枚(351.8333×30)

出玉率(機械割):105.86%

 

ボーナス履歴と出玉率(機械割)に注目したデータまとめ

各設定毎の2000G時点でのボーナス履歴

以下の表は2000G×30のデータにおいて「BIG○回、REG△回引けたデータが何回あったか」を示すものです。

 

例を挙げると【設定1のBIG1回/REG1回】の部分は【0/1】となっていますが、これは設定1の2000Gを30パターンシミュレートした結果から、BIGが0回だったケースが0回、REGが1回だったケースは1回だったことを意味しています。

空欄はどちらも未確認だったというケースです。

 

ボーナス回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
BIG1回/REG1回0/10/10/1
BIG2回/REG2回1/32/10/10/2
BIG3回/REG3回1/52/71/00/23/21/1
BIG4回/REG4回1/51/91/61/21/41/0
BIG5回/REG5回3/63/52/72/35/54/2
BIG6回/REG6回5/56/46/24/83/36/5
BIG7回/REG7回8/35/44/48/50/24/6
BIG8回/REG8回5/12/12/46/61/22/5
BIG9回/REG9回4/15/02/33/05/45/2
BIG10回/REG10回3/04/17/23/5
BIG11回/REG11回3/03/12/03/11/1
BIG12回/REG12回2/02/21/43/1
BIG13回/REG13回1/01/1
BIG14回/REG14回1/1/0
BIG15回/REG15回1/01/0

スポンサーリンク

各設定毎の2000G時点での差枚数

差枚数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
-2000枚以下
-1500枚~-1999枚11
-1000枚~-1499枚53322
-500枚~-999枚555453
-1枚~-499枚1085736
0枚~+499枚6741037
+500枚~+999枚245285
+1000枚~+1499枚23464
+1500枚~+1999枚14123
+2000枚以上121

 

2000G時点でのボーナス履歴と差枚数に見る傾向

出玉率(機械割)的には設定4以上で勝負

出玉率から考えるのであれば、最低でも設定4以上から勝負したいところです。

もちろん狙うのは設定5以上ですが。

ただ、設定4と設定5の間にある設定差はそこまで大きなものでもないので、設定4を打っていても設定5の数値を上回る広告はいくらでも出てくるでしょうし、逆も然りです。

 

それでもあえて差枚数から定義づけるのであれば、2000G時点で差枚数が-1000枚を超えていると黄信号ではないかと感じました。

ここに注目してみると、各設定毎に「5/4/4/0/2/2」です。

低設定だからと言って2000G時点では大きく負けることも少ないですし、高設定だからと言って2000Gじゃまだまだマイナスにブレることはありますが、あえて差枚数で見ていくならこんな感じですね。

 

しかし、ただでさえファンキージャグラーはBIG偏向型ですし、短い回転数だとBIGが続けば一気にプラス領域に向かいますので、プラスに越したことはありませんが「2000G時点の差枚数で設定を語るのは時期尚早」のような気がします。

 

2000Gでレギュラー3回以下は危険!?

ここで、2000G回してもREGが3回以下だったパターンについてまとめてみます。

全30回中、REGが3回以下だった総数は設定1~設定6にかけて「9/7/2/4/2/3」となりました。

ここだけ見ると明らかに低設定の方が引けていないのが分かるかと思います。

 

ファンキージャグラーにおいても他のジャグラーと一緒で、REG確率に大きな差があるというのは変わりません。

しかしその数値は、全体的に悪くなっているような感じになっているので、高設定でも良い数値とは言い難い基準にされており、他のジャグラーほど安定している感は無いです。

 

それでもセオリーはREG確率だと思います。

よほど他に強い根拠があるという場合でなければ、2000G時点でREG3回以下の台は捨てで問題ないでしょう。

スポンサーリンク

2000Gでレギュラー確率1/300に注目してみる

2000GでREGが7回以上引けていれば、REG確率が1/300より優秀になるので、高設定の基準を満たすことになります。

ちなみに今回のシミュレート結果に置いて、その基準を満たしたのは設定1~設定6にかけて全30回中「5/5/13/13/16/20」でした。

 

こうやって見ると低設定は割と高確率で捨てられるという感じがします。

ただし気を付けなくてはならないのは、設定5でも半々くらいの出現率ですし、設定5でも3台に1台は漏れてしまうという部分です。

 

確実に高設定を使ってくれているホールなら問題ないでしょうが、この基準で立ち回ると僕の近所のホールなんかだと完全に打てる台がありません。

なので、そういう場合は近付かない方が無難ですね。

確率通りにREGが引ければ、高設定ならクリアできるわけですから。

 

2000Gでレギュラーが10回以上引けた場合

同様に、2000GでREGが10回以上引けたデータについて注目してみたいと思います。

 

恐らく2000Gで10回ものREGが引けているような台が空き台になるということは、ほとんどないとは思いますが、もし自分でそれを達成した場合に、果たしてどれくらいの信頼度なのか知っておくべきでしょう。

 

全30回中、設定1~設定6において2000GでREGを10回以上引けた回数は「0/0/2/2/8/7」でした。

高設定では低確率ながらも、それなりに散見されるくらいの割合で出現するのに対し、中間設定以下ではここに辿り着くのは相当厳しいという印象です。

 

ちなみにこの2000GでREG10回という基準は、ファンキージャグラーよりもREGが引きやすいマイジャグラーなどでも「高設定を強く信じていいレベルのボーダー」になっているので、それより更にREGが引きにくいファンキージャグラーであれば、ほぼ高設定濃厚くらいの感じでいいかもしれません。

 

2000G時点の単独レギュラー回数から設定看破してみる

単独REG回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
2回以下1176544
3回843641
4回5128533
5回153736
6回425436
7回2144
8回13233
9回32
10回以上31

上の方で、純粋なREG確率1/300に注目した際は、これをクリアできたのが全30回中「5/5/13/13/16/20」でした。

 

ここからチェリー重複REGを取り除いたらどうなるでしょう。

単独REGに注目し、単独REG確率で1/300をクリアしたのは、各設定毎に「1/0/5/3/13/10」となりました。

明らかに高設定の期待度が高まっているのが分かるのではないでしょうか。

 

単独REG確率は設定差が大きい部分ではあるものの、分母も大きいので非常に暴れる数値ではありますが、2000Gで単独REG7回以上となると高設定でも上ムラじゃなければ到達できない領域のため、これが確認出来たら強気に攻めてOKです。

スポンサーリンク

2000G時点のぶどう回数から設定看破してみる

ブドウ回数(個)設定1設定2設定3設定4設定5設定6
270~2791
280~2891221
290~2993522
300~309688513
310~319101171078
320~329557895
330~33944478
340~3491126
350~3591

もしかして現時点でもちゃんとした解析値って出てないんですかね?

軽くググってみましたが、それらしい数値は見つけられなかったので、一応現時点では信憑性があると思われるパチスロ攻略マガジンの実戦値を使用します。

 

設定1:1/6.37

設定2:1/6.37

設定3:1/6.32

設定4:1/6.27

設定5:1/6.21

設定6:1/6.16

すると2000G時点では、確率通りに引けたとすると設定1で314個~設定6で325個となります。

 

そんなに設定差があるような部分でもないので、今回は2000G×30という少ないサンプル数による検証ですから、これを2倍、3倍とサンプルを増やした時にどうなっていくかは気になるものの、とりあえず2000Gでぶどう300個を切ってしまうと低設定の可能性が高くなるかも。

 

一方で設定6の基準値でもある325個のぶどう個数をクリアしたデータについては、各設定毎に「7/0/9/10/14/18」でした。

高設定でようやく半々くらいの達成率ってことなので、まぁクリア出来たらチャンスアップといったところでしょうか。

設定2の0回というのは明らかに下ムラすぎるデータが集まったと思うので、まぁ設定1~設定3でも3台~4台に1台くらいは設定6ペースのぶどうが確認できるということですね。

 

上ムラのデータに注目してみると、2000Gで340個以上のぶどうが出れば、かなりのハイチャンスかもしれません。

一応、今回の2000G×30実戦では、各設定毎に「1/0/0/1/3/6」となりました。

もし2000G時点でこのような数値が出たら、よほど他のデータが悪くないくらいは続行すると思うんですけど、もし4000G時点で2000Gずつに区切った場合に2連続クリアとかになるようであれば、かなり信頼度は高まると言えるでしょう。

 

まとめ

2000Gでレギュラー3回以下は危険

2000GでREG1/300は低設定でも5台に1台くらいはクリアし、設定5で半々、設定6でも2/3くらいのクリア率

2000Gでレギュラー10回以上はハイチャンス

2000Gで単独レギュラー7回以上はハイチャンス

2000Gでぶどう340個以上はチャンス

ファンキージャグラーはBIG偏向型で、ツボにハマれば一撃で1000枚~2000枚くらい一瞬で出ることがあります。

ただし低設定の場合は、そのような瞬発力を兼ね備えている前提でも出玉率が97%とかなので、体感的にはもっと出玉率は低く感じるはず。

 

いずれにしてもBIGも完全無視はできませんが、あくまでメインはREGを見ての立ち回りになるでしょう。

少なくとも2000G時点から打ち始めるのであれば、REG1/300をクリアしているからと言って気を抜かずに、その後の動向に目を光らせながら実戦しましょう。

-ファンキージャグラー

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.