ファンキージャグラー

【ファンキージャグラー】設定5を1ヶ月間打ち続けたらどれくらい勝てるか【アプリ検証】

投稿日:

シミュレートアプリを使って、ファンキージャグラーの設定5:10000G×30回の実戦を行いました。

恐らくホールのメイン設定は1か2になっていることが予想されますが、オール1or2だと客側に「明らかに高設定を使っていない」というのが筒抜けになってしまうので、多くのホールは中間設定を使うことで客側に「高設定を使っているんじゃないか!?」と思わせてくるのではないでしょうか。

今回は、出来過ぎの設定5です。出玉率的にもなかなか入らないと思われる設定6と比べて、現実的に望めるレベルの高設定と言えるのではないでしょうか。

それでは早速、実戦です。

スポンサーリンク

スペック表

設定BB確率RB確率合算確率出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%

 

実戦データ

ファンキージャグラー、シミュレートアプリ、設定5、10000G×30

台番BIGREG出玉率
14635+3779
25235+5577
35030+4556
43936+1556
53433+42
64437+3434
73726+399
83633+510
94437+3831
104239+3148
115430+5637
122934-1352
134927+3999
142830-2125
153831+604
163536+263
174435+3541
182733-1803
193832+709
204830+3520
213745+2032
222934-1155
234036+2040
244428+2369
253136-788
264228+1929
274031+1571
283737+1381
295136+5918
304431+2946

スポンサーリンク

  • BIG確率:1209(1/248.14)
  • REG確率:1001(1/299.70)
  • 差枚数:+58068枚(+1935.6枚×30)
  • 勝率:83.33%(25/30)
  • 最大勝ち:+5918枚
  • 最大負け:-2125枚
  • トータル出玉率:106.45%

 

考察

5000G×30と比較してみると…

上記は以前に「ファンキーの設定5とアイムの設定5ならどっちが勝ちやすいか」的な検証をしたときの、ファンキーの設定5を5000G×30したシミュレート結果です。

本来の設定5よりはBIGもREGもヒキ負けているという結果でしたが、それでも1000回転で+100枚くらいの性能は見せてくれました。

一方で今回のデータでは、BIGもREGもヒキ勝っていますが、1000Gあたりで+193枚という結果が出ています。これは仕事帰りのサラリーマンが座ったら、3時間程度で7000~8000円程度勝てる台と言ってもいいでしょう。

これを踏まえると、私としては「設定5もホールは使わないんじゃないか?」という感想しか出てきませんが、優良ホールでファンキーの設定5以上が期待できるという環境なのであれば、積極的に狙っていってもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

REG確率1/333に注目

同様の検証をファンキーの設定4で行ったとき、ヒキ弱とは言いながらもREG確率1/333をクリアできたのは6/30でした。

ちなみに設定3で11/30だったので、それなりのヒキだったら設定4の達成率はもう少し上がるんじゃないかとは思いますが、今回の設定5では25/30です。

つまり「ファンキージャグラーの設定5は、10000GでREG確率1/333をほぼクリアする」ということが言えます。

設定4のデータがヒキ弱すぎてアレなのはさて置き、これほどまでにREG確率に差が付くのであれば、1日単位でそれなりの稼働がある場合に限り、設定5以上はREG確率だけの判断でもほぼ見逃すことはないでしょう。

 

出来過ぎの勝率と出玉率に感じた懸念について

本来のスペックでの出玉率は104.3%です。そして、今回の検証結果から得られた出玉率が106.45%です。

アイムジャグラーEX-KTの設定6の出玉率が105.2%なので、私がホール運営者なら「ファンキージャグラーの設定5を使うくらいなら、アイムジャグラーの設定6を入れる」という判断をしそうな気も。

(でもアイムジャグラーなら設定6じゃなくても設定5で十分に誤魔化せそうなので、設定5を使うということで、結局6は入らない説)

というのも、ファンキーの設定5を使うなら客に対して「設定5を使ってくれている!」と思わせるだけじゃなく「もしかしたら設定6かも!?」って思わせることが効果的だと思うんですね。

でも設定5でもファンキー設定6のREG確率をクリアしたのは5/30だけです(ちなみに設定4は1/30、設定3も1/30で、それ以下は0)。これは「ファンキーの設定5を入れたところで、出玉は客に還元できるけど設定6だと思わせることは難しいんじゃないか」ということを意味しています。

「ファンキーに設定5を入れる店」よりは「アイムに設定6を入れる店」の方がインパクトあると思いませんか?

今回は10000Gによる検証なので、普段ホールで見るような台と比べると本来の姿が出やすくなっていることは事実ですが、設定5をもってしてもファンキーの設定6は別格であるような気がします。

 

まとめ

  • ファンキーの設定5は積極的に狙いたいスペック
  • 終日ブン回しであれば、ほとんどがREG確率1/333をクリアする傾向が強い
  • ホールとしては、設定5を投入するメリットはあまりないかも…。

あくまで10000ゲームのデータで判断する分については、上記の3点が主たる結論です。

中でも「終日ブン回しであれば、ほとんどがREG確率1/333をクリアする傾向が強い」については、ホール状況から察する設定推測で使えるんじゃないかと思います。

やたらBIGに偏って3000枚以上を吐き出すことは低設定でも考えられますが、REGが伴うというのは低設定だと難しいように思えるからです(特に回せば回すほど)。

ただ個人的には、設定5をホールが使うメリットってあるのかどうか疑問が残るシミュレート結果でした。今回は以上です。

 

-ファンキージャグラー

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.