マイジャグラー4

マイジャグラー4:設定2のボーナス分布に見えるホールのメイン設定とは!?2000ペカ間で検証してみた

更新日:

マイジャグラーは設定格差が激しく、設定6はウハウハでも設定1は簡単に死ねるという…。

平等に使ってもらえるのならいいのですが、設定6なんかほとんど使われないのに設定1だらけなんて状況だと、どんなにお金があっても足りません。

 

しかし設定1にだけ目を向けてみると「明らかに客側に辛い」「REGが圧倒的に引きにくい」ということからも「ホールとしても設定1は使いにくいのでは?」と思わざるを得ません。

私が店長だったら「設定1があからさますぎると回転数が付かないせいで、逆に稼働が落ちて店側も儲からないのでは?」と思うほどです。

 

そこで今回は、マイジャグラー4:設定2の2000ペカ間におけるボーナス分布図から、ホールのメイン設定について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

マイジャグラー4の基本スペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/287.41/431.21/172.595.7%
21/282.51/364.11/159.197.9%
31/273.11/341.31/151.799.9%
41/264.31/292.61/138.9102.8%
51/252.11/277.71/132.1105.3%
61/240.91/240.91/120.5109.4%

※公式サイトの発表値では、マイジャグラー3と全く同じスペックとなっています。

 

マイジャグラー4:設定2のハマり検証

設定2における1000Gハマりの理論値について

マイジャグラー4:設定2の合算ボーナス確率は1/159.1です。

これで1000Gを超えるハマりを超える確率は、理論値で言うと0.1827%(約547.41回に1回の確率)です。

 

ちなみに設定1が1000Gを超える確率は0.2986%(約334.95回に1回の確率)

設定6が1000Gを超える確率は0.024%(約4160.46回に1回の確率)です。

 

いかに設定6が1000オーバーのハマりを喰らいにくいかというのが分かるかと思いますが、それと同じくらい「設定1と設定2の間にも結構大きな差がある」というのがお分かりになるでしょう。

 

実戦データ

マイジャグラー4:設定2、iPhoneアプリ、2000ペカ間で検証。

回転数当選回数
1~99927(46.35%)
100~199507(25.35%)
200~299271(13.55%)
300~399138(6.9%)
400~49979(3.95%)
500~59941(2.05%)
600~69920(1.0%)
700~79910(0.5%)
800~8995(0.25%)
900~9990
1000~2(0.1%)

 

マイジャグラー4:設定2のハマり検証を考察する

スポンサーリンク

最大ハマりは1204G

2000ペカ間で1000G超えが確認できたのは2件で、これに関してはヒキが良かったと言えます。

理論値的には3回~4回来てもいいくらいの確率ですからね。

同様の検証を設定1で行った際は、1000Gオーバーが10件も確認できたので、より一層その感が強いように感じました。

 

2件の1000Gオーバーは、それぞれ1045G、1204Gです。

厳密に言えば「低設定ほど深くハマりやすい」と言えますが、ここまで来れば「設定とかあまり関係ない」くらいの確率なので、1000Gを超えたらもうそれ以上の深さはあまり重要じゃないのかも。

ちなみに2000Gの最深に注目すると、設定1が1391G、設定2が1204G、設定6が1188Gでした。

 

199Gまでに約70%のボーナス

今回のデータを見てみると、199Gまでにペカる確率は71.7%となりました。

ちなみに設定1で同様の検証を行った際のデータでは、199Gまでにペカる確率は69.25%でした。

参考【マイジャグ4】マイジャグラー4:設定1のボーナス分布はエグすぎる!?2000ペカ間で検証してみた

 

ぶっちゃけ200Gまでの連荘率という部分に注目してみると、そこまで大きな設定差は感じませんね。

なので「ジャグ連しないから」という理由で、設定1かどうかを見極めるのは難しいと言えるでしょう。

 

高設定はハマってもしっかり連荘して元に戻る可能性が高いですが、連荘率から設定を推測するよりは、大ハマりに注目して判断した方が合理的かもしれません。

 

設定1と設定2の大きな壁について

500Gを超えたデータについて見比べてみると、設定1では5.35%、設定2では3.45%でした。

パーセンテージで見れば、ここの約2%は非常に大きいと言えるでしょう。

 

特に大きな壁を感じたのは800Gを超えるかどうかという部分で、設定1では18/2000件(0.9%)確認できたのに対し、設定2では7/2000件(0.35%)でした。

 

ちなみに理論値で言うと、設定1は0.955%(約104.71回に1回の確率)

設定2は0.6447%(約155.11回に1回の確率)です。

 

今回の検証データでは設定2のデータが優秀過ぎたというのもありますが、いずれにしても高設定はハマりにくいので、500G程度ならともかく、1000G近いような大ハマりは注意した方がいいと思います。

スポンサーリンク

マイジャグラー4のメイン設定は1?それとも設定2?

ここは実際のホール店長に聞いてみたいところですが、聞いたところで「そのホールはそうなんだろう」という当たり前の結果が得られるだけに完結しそうです。

ただ、個人的に思うのは「設定1の出玉率95.7%はエグすぎる」という点ですね。

 

設定2の出玉率でも97.9%ですから、十分利益を回収できるんじゃないでしょうか。

僕が考えるんなら「明かな設定1は回らなくなるので、少しでもマシな設定2の方が稼働が上がって、逆に店側の儲けが増えそう」というイメージがありますけど…。

 

ただしメーカー発表の出玉率は、小役フォロー打ちをすることで数%上がるので、それを考えたら設定1=メイン設定と考えていた方がいいかもしれませんね。

いずれにしても設定3にもなれば出玉率は99.9%になり、チェリー・ベル・ピエロフォロー打ちすれば100%を超えるでしょう。

 

それを考えたら、ホールのメイン設定は間違いなく設定1~設定2です。

 

ここで勘違いしないで欲しいのは、別に設定1を使っているホールが悪いわけではありません。

高設定がないホールでの勝負を避けたいのであって、高設定さえ使ってくれていればむしろ平均設定は低い方が戦いやすいこともあるでしょう。

 

個人的にはホールのメイン設定が2であることの方が、設定1よりも厄介だと感じています。

平均設定が上がってしまう分、高設定への期待度が低くなってしまうからです。

 

もちろん「メイン設定は1で、高設定も使わない」というホールもあるとは思いますが、そんなホールには近づかない方が無難ですね。

「設定1がメイン設定だけど、高設定を使ってくれている」というホールは優良ホールですので、しっかりチェックしておいてください。

 

まとめ

マイジャグ4の設定2は199Gまでに約70%のボーナス(ただし連荘率で設定1と見分けるのは難しい)

設定1との大きな差は大ハマりする確率である

高設定ほど速い回転数でペカるというのは当たり前ですが、2000ペカでも設定1と設定2の差は微々たるものなので、1日単位でこれを判別するのは難しいと思います。

やはり全体的なボーナス確率、特にREG確率に重きを置いて設定判別するのがいいでしょう。

そして1000G近い大ハマりの場合は、低設定の可能性がぐんと高くなる要素なので、細心の注意を払ってください。

 

-マイジャグラー4

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.