ゴーゴージャグラー1

【ゴーゴージャグラー】設定6が丸わかり!?5000G時点の立ち回りと設定判別方法【完全攻略】

更新日:

ゴーゴージャグラーはジャグラーシリーズ屈指のボーナスの軽さを秘めていますが、設定1のボーナスも軽くなっているため、他のジャグラーシリーズよりも設定1を切り捨てるのが難しくなっています。

 

そのため、設定1でも上ムラになれば十分に高設定の挙動を示してしまうため、より慎重な立ち回りが必要になると言ってもいいでしょう。

 

以下では、ゴーゴージャグラーにおける各設定において、5000G×30のデータを使って、夕方~夜以降に実戦する場合のデータの特徴・各設定の挙動をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ゴーゴージャグラーのスペック

ゴーゴージャグラーの出玉率(機械割)など基本スペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/269.71/364.11/154.997.0%
21/268.61/336.11/149.398.2%
31/266.41/318.61/145.099.2%
41/260.11/283.71/135.7101.6%
51/255.01/255.01/127.5103.8%
61/242.71/242.71/121.4106.5%

 

ゴーゴージャグラーのぶどう確率

設定ぶどう確率
11/6.82
21/6.75
31/6.70
41/6.65
51/6.59
61/6.53

※ゴーゴージャグラーではぶどうのフラグが複数あるため、上記の数値は出現率の実戦値となっています。

 

ゴーゴージャグラーの単独レギュラー、チェリー重複レギュラー

設定単独REGチェリー+REG
11/485.51/1456.4
21/452.01/1310.7
31/434.01/1191.6
41/383.31/1092.3
51/341.31/1008.3
61/327.71/936.2

 

【単独ボーナスとチェリー重複ボーナスの見分け方】

単独レギュラーとチェリー重複レギュラーを見分けるためには、上記画像のリール配置図で赤丸を付けた部分「チェリー付きバー」を狙った順押しが簡単です。

チェリーを引いていないのにペカった場合は単独、チェリーを引いたゲームでペカったらチェリー重複となります。

※BIGの場合はチェリーのフラグが1つじゃないため、判別は難しいですし判別することによる旨みも少ないです。

 

ボーナス当選時の1/4で先告知がありますが、この場合もボーナスを揃えるのではなく、左リールにバーを狙って単独かチェリー重複かを判別してから、次ゲームに1枚掛けでボーナスを揃えるといいでしょう。

 

各設定毎の5000G時点での実戦データ

これまでに設定1~設定6まで5000G×30の実戦シミュレートデータを掲載してきました。

それらをここにまとめたいと思います。

細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。

 

 

設定1

BIGボーナス:613回(1/244.6982)

REGボーナス:414回(1/362.3188)

単独レギュラー:306回(1/490.1961)

合算確率:1/146.0565

勝率:56.67%(17/30)

トータル差枚数:6994枚(233.1333×30)

出玉率(機械割):101.55%

 

設定2

BIGボーナス:536(1/279.85)

REGボーナス:418(1/358.85)

合算確率:1/157.2327

差枚数:-17180枚(-572.67枚×30)

勝率:30.00%(9/30)

出玉率(機械割):96.18%

 

設定3

BIGボーナス:535回(1/280.37)

REGボーナス:455回(1/329.67)

合算確率:1/151.5152

勝率:46.67%(14/30)

トータル差枚数:-4667枚(-155.57枚×30)

出玉率(機械割):98.96%

スポンサーリンク

設定4

BIGボーナス:574回(1/261.32)

REGボーナス:499回(1/300.60)

合算確率:1/139.7950

勝率:50.00%(15/30)

トータル差枚数:+6016枚(+200.53枚×30)

出玉率(機械割):101.34%

 

設定5

BIGボーナス:586回(1/251.6779)

REGボーナス:562回(1/273.2240)

単独レギュラー:438回(1/380.7107)

合算確率:1/130.6620

勝率:73.33%(22/30)

トータル差枚数:21471枚(715.7枚×30)

出玉率(機械割):104.77%

 

設定6

BIGボーナス:603回(1/248.76)

REGボーナス:613回(1/244.70)

合算確率:1/123.3553

勝率:86.67%(26/30)

トータル差枚数:+29855枚(+995.17枚×30)

出玉率(機械割):106.63%

 

トータルREG確率に注目した立ち回り法

以下の表は5000G×30のデータにおいて「REG△回引けたデータが何回あったか」を示すものです。

ボーナス回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
REG10回以下67212
REG11回4323
REG12回33331
REG13回3431
REG14回133333
REG15回36432
REG16回21
REG17回422431
REG18回13465
REG19回212
REG20回23413
REG21回112142
REG22回21
REG23回123
REG24回131
REG25回以上1127

スポンサーリンク

REG確率1/300に注目してみる

多くのジャグラーシリーズでは設定3と設定4の間にREG確率1/300という壁があるので、ものすごく大雑把に言うと「REGが1/300より優秀な台を打っていれば負けにくい」ということが言えます。

(もちろん絶対ではありません)

 

しかしゴーゴージャグラーは他のジャグラーシリーズと比べても、設定1のREG確率が格段に良くなっているため、REG確率1/300に注目しすぎてしまうと「設定1にも引っ掛かってしまう」ことが予想されるでしょう。

 

そして今回の5000G×30の検証でREG確率が1/300より優秀だったのは、各設定毎に「8/7/11/17/23/23」でした。

 

ジャグラーにおいて5000Gといえばそこそこ信頼できる回転数だと思うのですが、それでも低設定が食いついてきてるという部分を考えると、ちょっと使いにくいボーダーと言わざるを得ません。

 

REG確率1/250に注目してみる

ゴーゴージャグラーの場合、設定4と設定5の間に割と大きなREG確率差が設けられています。

そこで、設定5の1/255.0と設定6の1/242.7の間にあるREG確率1/250に注目してみましょう。

 

5000Gで1/250をクリアするには20回のREGが必要です。

20回以上のREGを記録したのは、各設定毎に「2/3/6/7/14/17」でした。

 

ここをボーダーに立ち回るのであれば、非常に高い信頼度でもって稼働できるのではないかと思います。

低設定はよほどの上ムラでなければ引っ掛かりませんし、高設定なら約半分以上の確率で拾うことが可能です。

 

問題は「5000GでREG確率1/250をクリアしている台が空き台になるかどうか」という部分ですが、自分で稼働している場合であれば、ここをクリアしたら手放さない方がいいでしょう。

 

差枚数や出玉率(機械割)から高設定を攻略する

差枚数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
-3000枚以下11
-2500枚~-2999枚211
-2000枚~-2499枚13
-1500枚~-1999枚132
-1000枚~-1499枚266421
-500枚~-999枚442312
-1枚~-499枚454551
0枚~+499枚543567
+500枚~+999枚214325
+1000枚~+1499枚435166
+1500枚~+1999枚4352
+2000枚~+2499枚12123
+2500枚~+2999枚112
+3000枚以上121

スポンサーリンク

5000G時点で1000枚以上負けている場合は高設定じゃない!?

出玉率自体はマイジャグラーほど優秀ではありませんが、アイムジャグラーと比べてボーナスが引きやすくなっている分、安定して出やすいということが言えるのかもしれません。

 

特に5000Gにもなれば割と安定していて、高設定なら大きく負けるという展開も少なそうです。

ここでは1000枚以上のマイナスに注目したいと思います。

1000枚以上のマイナスになったデータは、各設定毎に「5/12/10/7/2/1」でした。

 

今回のデータでは、なぜか設定1の出玉率がプラスになってしまったというくらい、全体的にヒキ強だった感があるせいで、設定1がおかしくなっていると思いますが、おそらく本来の姿としてはもっと大きく負けていてもおかしくないと思います。

 

そして高設定は合算確率がいいので、それほどまでの大きな上ムラ・下ムラは起こりにくいということが言えるのではないかと。

(とは言っても5000Gであれば、そこそこおかしなデータも散見されます)

 

5000G時点でのプラス差枚からは判断は難しいか

マイジャグラーであれば、5000G時点の差枚数である程度の設定推測も可能でした。

 

というのも、マイジャグラーの高設定は出玉率が優秀ですが、低設定であれば簡単にREGが引けない仕様になっているため、突発的に大きくプラスになったとしても、低設定の場合はそのプラスを維持できないという傾向が強かったからです。

 

しかしゴーゴージャグラーの場合は、プラス差枚に関しては何とも言い難い部分があります。

ボーナスが軽いことが逆に災いしているのかも。

 

まとめ

5000GでREG確率1/250をクリアしていれば高設定濃厚

5000Gで1000枚以上負けている台は低設定濃厚

高設定なら5000Gもあれば安定して勝てる

ゴーゴージャグラーの場合は、REG確率のボーダーを1/250まで下げて、割と厳しめな目線で勝負した方がいいと思います。

 

ボーナスは引けていたとしても、ぶどう確率が悪いせいで思っているよりもプラスになっていないことも考えられるでしょう。

 

特に低設定でもそこそこの確率でフェイク設定6が出ますので、閉店チェックなどにおいて「低設定を高設定だと勘違いさせられてしまう」ということには、くれぐれも注意してください。

 

-ゴーゴージャグラー1

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2019 All Rights Reserved.