ゴーゴージャグラー1

ゴーゴージャグラー:昼以降の実戦|2000Gのボーナス履歴と差枚数から高設定(設定5&設定6)を見抜く攻略法

投稿日:

このページでは、昼以降の実戦に使えそうな「ゴーゴージャグラーにおける高設定(設定5&設定6)の2000G時点でのデータ」を公開しています。

昼以降にホールで立ち回る場合、ゴーゴージャグラーで勝つ為の知識としてぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ゴーゴージャグラーのスペック表

基本スペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/269.71/364.11/154.997.0%
21/268.61/336.11/149.398.2%
31/266.41/318.61/145.099.2%
41/260.11/283.71/135.7101.6%
51/255.01/255.01/127.5103.8%
61/242.71/242.71/121.4106.5%

 

ぶどう確率

設定ぶどう確率
11/6.82
21/6.75
31/6.70
41/6.65
51/6.59
61/6.53

※ゴーゴージャグラーではぶどうのフラグが複数あるため、上記の数値は出現率の実戦値となっています。

 

単独ボーナス確率と重複ボーナス確率

設定単独REGチェリー+REG
11/485.51/1456.4
21/452.01/1310.7
31/434.01/1191.6
41/383.31/1092.3
51/341.31/1008.3
61/327.71/936.2

 

ゴーゴージャグラー:高設定2000Gの実戦データ

設定5

台番BIGREG差枚数単独REG
119-17819
28106657
3101014269
4816108111
535-17425
669-356
7964904
881279810
984854
101056124
11111014306
1271596613
1331011328
1453-9723
15141125647
1668-4148
1738-12717
1857-5647
1974-4192
2059-4858
2167-4405
22412-58612
23511-2616
241055642
2577-1604
2676-1544
2711610204
28311-9448
291043004
3066-3866
合計2062462519193

BIGボーナス:206回(1/291.2621)

REGボーナス:246回(1/243.9024)

単独レギュラー:193回(1/310.8808)

合算確率:1/132.7434

勝率:46.67%(14/30)

トータル差枚数:+2519枚(+83.9667×30)

出玉率(機械割):101.40%

スポンサーリンク

設定6

台番BIGREG差枚数単独REG
178-188
211913917
368-1147
411713596
538-11186
614520784
715723394
813514995
97113098
1071485610
118117856
129109006
1375-874
14884506
15861464
1638-12097
17953464
18101011868
191159794
209119459
2178-475
2213414373
231098433
241089396
2568-3017
2611913997
27121118878
28111017848
291078826
30781307
合計27324321975183

BIGボーナス:273回(1/219.7802)

REGボーナス:243回(1/246.9136)

単独レギュラー:183回(1/327.8689)

合算確率:1/116.2791

差枚数:+21975枚(+732.50枚×30)

勝率:76.67%(23/30)

出玉率(機械割):112.21%

 

ゴーゴージャグラー:高設定2000Gの実戦データの考察

出玉率(機械割)に注目してみると…

メーカー公表値によると設定5で103.8%、設定6で106.5%です。

ゴーゴージャグラーで安定して勝っていきたいという場合は、いかに「最低でも設定5を掴むか」という立ち回りになるのではないでしょうか。

設定5以上を狙い続けて、設定6に座れる回数が多ければ大きいほど、収支はプラスに傾くでしょう。

 

今回の結果としては設定5が101.40%、設定6が112.21%でした。

設定5に関しては明らかにBIGがヒキ弱だったせいで、イマイチ勝ちきれていない展開が多かったわけですが、それでもREGのおかげでトータル差枚数はプラス域を守っています。

 

そして設定6はBIGで大きくヒキ強になったおかげで、出玉率がとんでもないことになりました。

今回の設定6は出来過ぎにしても、設定5はBIGで大きくヒキ負けても、何とかプラスをキープできるポテンシャルを秘めているということが言えそうなので、やはりゴーゴージャグラーで立ち回る際は「いかにして設定5以上に座るか」が重要だといえそうです。

 

REG確率1/300に注目してみると…

ゴーゴージャグラーのレギュラー確率は設定3で1/318.6、設定4で1/283.7なので、1/300を切るかどうかという部分に高設定と低設定の境界があります。

 

そして今回、2000GでREG確率1/300を達成するには合計で7回以上のREGが必要になるのですが、7回以上のREGが引けたのは設定5で19/30、設定6で23/30でした。

高設定なら割と高確率でクリアできるということが分かるかと思います。

もちろんここをクリアできなかったからと言って高設定の可能性が無くなるわけではありませんが、低設定でもそこそこの確率でここはクリアしてくるので、個人的には「2000G時点でREG1/300も達成できないような台は見切ってもいいのでは?」と考えてます。

 

そして2000Gで10回以上のREGを記録したケースについても注目してみましょう。

設定5で11/30、設定6で8/30でした。

今回の2000G検証では、設定2で4/30が2桁REGを記録したということもあり、ここを達成すれば高設定の証と断言できないのが歯がゆいものの、やはり高設定ならかなりの高確率で達成できますね。

 

同様の検証を5000Gで行った際に「5000Gもの間、低設定がREG確率を良い状態で推移するのは無理ゲー」という結果が出ましたので、とりあえず2000G時点で2桁もREGが引けているような台が空いていたら、とりあえずキープし、この段階では高設定だと決めつけるのではなく、注意しながら稼働するというのがベストな判断でしょう。

 

単独レギュラーに注目してみると…

設定5の単独REGは1/341.3、設定6の単独REGは1/327.7です。

2000Gなら4回引ければ合格ラインで、5回からがヒキ強となります。ちなみに設定6だと1/327.7なので、確率通りにいけば6回~7回引ける計算です。

ここでは7回にボーダーを引いてみましょう。すると設定5で14/30、設定6で13/30でした。

同様の検証を低設定~中間設定で行ったところ、設定1・設定2ともに4/30、設定が5/30、設定4で3/30でしたので、設定4がヒキ弱だったことを踏まえても、高設定と低設定の間には大きな差があると言えそうです。

 

つまり2000G段階では、自分がしっかりと単独レギュラーかチェリーレギュラーかを判別している場合と、それを知らない空き台に座った時の設定推測の精度は、大きく変わってきてしまうと言わざるを得ません。

極端なことを言えば、1シマに1台の高設定が入るホールだったとして「同じREG回数の台が2台あり、1台は空いてるけどもう1台をレベルの高い常連客が打っている」という場合は、あまり期待できないかも。

 

まとめ

ゴーゴージャグラー2000G時点でREG確率1/300をクリアしたのは、設定5で19/30、設定6で23/30

低設定~中間設定では芳しくなかったゴーゴージャグラーも高設定は別格

設定6がヒキ強だったということもあり、非常に綺麗な結果が出た検証となりました。

残念ながら設定5は綺麗な出方をしてくれませんでしたが、それでも「BIGで大きくヒキ負けた差枚数をREGでカバーした設定5」っていうのは、出玉率が103%と言えど高設定の挙動を知らしめる結果になったと言っていいでしょう。

 

個人的にゴーゴージャグラーは好きじゃありませんが、高設定をツモれるなら十分に大きな価値が狙えそうですね。

ホール状況が良ければ狙わない手はないと思います。今回の結果を参考に、ぜひ上手く立ち回ってみてください。

 

-ゴーゴージャグラー1

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.