ゴーゴージャグラー1

【ゴーゴージャグラー】設定4を1ヶ月間打ち続けたらどれくらい勝てるか【アプリ検証】

更新日:

個人的にはあまり好きじゃないゴーゴージャグラー。

好きじゃない理由は「一見するとボーナスが出てる感があって、お年寄りの客層に人気があり、空き台が出ないから」です。

でも考えようによっては「ビッグが引きやすいからダラダラしないんじゃないか?」という説も。

そこで今回は、1日中回したゲーム数を10000Gと仮定して、10000G×30日間のシミュレートデータを公開します。第4回目は「これが入れば設定6と勘違いさせられてしまうのでは?」と思える設定4です。それでは張り切ってどうぞ。

このデータはiPhoneアプリによるシミュレートデータなので、実機とは異なる場合があります。

スポンサーリンク

スペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/269.71/364.11/154.997.0%
21/268.61/336.11/149.398.2%
31/266.41/318.61/145.099.2%
41/260.11/283.71/135.7101.6%
51/255.01/255.01/127.5103.8%
61/242.71/242.71/121.4106.5%

 

実戦データ

ゴーゴージャグラー、設定4、10000G×30、親父打ち

台番BIGREG差枚数
13529-1287
23529-1096
33941+1680
43131-2059
53838+382
63029-2410
74041+1465
84433+2398
93433-972
103340-653
113332-1687
123923-107
133142-887
143339-739
154332+1977
164230+863
173947+2426
184742+4217
193636+136
203335-686
213038-1485
224031+506
232936-2370
245140+4973
254534+2138
263541+217
273936+1152
283531-612
293727-624
304229+1042
  • BIG確率:1118(1/268.34)
  • REG確率:1045(1/287.08)
  • 差枚数:+7898(+263.27×30)
  • 勝率:50%(15/30)
  • 最大勝ち:+4973枚
  • 最大負け:-2410枚
  • トータル出玉率:100.88%

 

考察

スポンサーリンク

BIG、REGともに引き負けたものの差枚がプラスに

低設定と大きく違う部分がトータル差枚数です。

これまでに実践してきた低設定では、引き負けて差枚も大幅なマイナスを記録しましたが、設定4ではBIG、REGともに引き負けているにも関わらず、トータルの差枚数はプラスになりました。

その枚数自体は、1日中打っても+263枚程度でお世辞にも高い数値とは言えないものの、とりあえず設定4以上に座り続ければ負けないという1つの指標になったのではないかと思います。

 

大負けする確率が大幅ダウン

  • 設定1:-5496枚
  • 設定2:-3780枚
  • 設定3:-5120枚
  • 設定4:-2410枚

上記はこれまでのシミュレートにて、10000G×30で1番大負けした記録です。

まぁ設定2が設定3よりも大けがに繋がっていないという部分に、30万Gの試行回数の少なさが垣間見えますが、いずれにしても大幅に負けにくくなったことは分かるのではないかと思います。

とは言え、設定3でも等価交換で約5万円ほど負けられるというのは、それはそれで喜べるようなことでもありませんが…。

これだけ負けなくなった要因の1つとして、最も大きなものはREGであることが分かります。

スポンサーリンク

REG回数に注目

設定3の同様の実戦では、REG確率が1/300を切ったのは11/30でした。

今回の設定4では、REG確率が1/300を切ったのが16/30です。約半分の確率で1/300をクリアしてくるということになります。

もともと設定3でも3台に1台はこの基準をクリアしてくるため、ここにボーダーラインを引くことは危険だという結論を出しましたが、設定4ともなれば10000Gで40回オーバーのREG数を出すことも珍しくありませんでした。

一方で設定3では、40回オーバーのREGを記録したのが3回だったので、ここにも倍以上の差が付いていることがわかります。

いずれにしてもゴーゴージャグラーで勝ち続けるうえで、低設定に座らないというのは必須条件です。そのうえで、設定4の出玉率が100%を超えているからと言って、それを好き好んで打つ人はいないでしょう。

やはり目指すのは設定6です。そのためにも、REG確率には特に厳しいボーダーを設けていくべきだと思います。

 

フェイク設定6が出る可能性

REG確率を見て、設定6の確率(1/242.7)をクリアしていると、すごく打ちたくなりますよね。

でも、それが設定6かどうかはわからないわけで、もちろん設定xが設定6の基準をクリアしてくる可能性もあるわけです。その可能性が、設定4から少しずつ増えてきます。

今回のシミュレートデータで言えば、設定6の基準をクリアしたのが計3回。つまり設定4を10台入れれば、そのうちの1台が設定6のREG基準を満たすということになりました。

設置台数にもよりますが、10台設置のホールであれば設定4を2台入れておくだけでも、5日に1回は設定6みたいな出方をしてくれるということですね。

他を全台1にしたとしても、その中からもフェイク6が出てくることは十分に予想されるので、ホール側からしたら設定6を入れる必要はないのかもしれません。

 

まとめ

  • 設定4を打ち続ければ負けないが、1日中打っても+263枚程度の勝ち
  • 設定4とは言え、勝てる確率は半々程度

今回の検証データで面白いのが、勝つか負けるかという基準で見た場合は50%:50%という点です。

設定4とは言え勝ちやすいということはなく、あくまで長い目でみたらプラスに転じていくという程度で、ここを狙っていくことはオススメしません。

ただし、10回設定4を打ったらそのうちの1回が設定6のような出方をするというデータも出てきたので、立ち回りをしていくうえで「本当にそれが設定6なのか?」を見抜く力も必要だと言えるでしょう。

-ゴーゴージャグラー1

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.