ゴーゴージャグラー1

【ゴーゴージャグラー】設定3を1ヶ月間打ち続けたらどれくらい負けるか【アプリ検証】

更新日:

個人的にはあまり好きじゃないゴーゴージャグラー。

好きじゃない理由は「アイム系のジャグラーと同じような感じでREG確率を見てしまうと痛い目に遭う」という理由からです。

でも考えようによっては「ビッグが引きやすいからダラダラしないんじゃないか?」という説も。

そこで今回は、1日中回したゲーム数を10000Gと仮定して、10000G×30日間のシミュレートデータを公開します。第3回目は「通常営業なら入れてもここまでか!?」と思える設定3です。それでは張り切ってどうぞ。

このデータはiPhoneアプリによるシミュレートデータなので、実機とは異なる場合があります。

スポンサーリンク

スペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/269.71/364.11/154.997.0%
21/268.61/336.11/149.398.2%
31/266.41/318.61/145.099.2%
41/260.11/283.71/135.7101.6%
51/255.01/255.01/127.5103.8%
61/242.71/242.71/121.4106.5%

 

実戦データ

ゴーゴージャグラー、設定3、10000G×30、親父打ち

台番BIGREG差枚数
14429+1842
23933+694
32732-3852
43442+101
53724-661
63424-2266
74736+3608
84129+888
93234-1547
103939+875
113438-316
122942-1450
134029+318
143529-952
153430-1374
163623-1740
173025-3305
184029+340
193238-1280
204628+2224
212330-5120
224128+650
234043+2260
243028-2725
253537-613
264035+1022
273022-3400
285132+4035
293826-561
303834+536
  • BIG確率:1056(1/284.09)
  • REG確率:948(1/316.46)
  • 差枚数:-11769(-392.3×30)
  • 勝率:47%(14/30)
  • 最大勝ち:+4035枚
  • 最大負け:-5120枚
  • トータル出玉率:98.69%

 

考察

スポンサーリンク

出玉率はようやくマシに…

1日中打っても-392枚ということで、等価交換でも10000円負けしないレベルになりました。

ただし、これでも出玉率は96.08%なので、メーカー公表値の設定1には満たない数値ということになります(フリー打ちなのでチェリーはこぼしまくってますが)。

ただ、設定3っていうとマイルドなイメージがあるものの、ゴーゴージャグラーの設定3についてはAタイプとは思えないくらいの暴れっぷりが目に付きますね。

最大勝ちで4000枚オーバーを記録している反面、最大負けで5000枚オーバーを記録しています。5000枚オーバーの負けというのは、設定2で同様の検証を行ったときには確認できなかった数値です。

設定1、2と比較すると、出玉率こそは多少マシになりましたが、荒波は健在。できれば近寄りたくない存在であることは間違いないでしょう。

 

BIG確率に注目

トータルBIG数は設定1が1092(1/274.73)、設定2が1067(1/281.16)、そして今回の設定3が1056(1/284.09)ということで、設定通りの順番にはなりませんでした。

実際にスペックを見てもその差は微々たるものなので、ここに関しては完全無視でいいような気がします。

もちろんREG確率をクリアしているうえで、合算確率もクリアしているものが望ましいと言えば望ましいのですが、そういう台はなかなか空き台にならないような気もするので、私の考えとしてはREG確率だけ見てればOKだと思っています。

 

REG確率に注目

スペック表を見ると、設定3のREG確率は1/318.6です。

設定4のREG確率が1/283.7ということで、このREG確率1/300を切れるかどうかというのが勝負できるボーダーラインの第一ボーダーとなりそうですが、REG確率1/300を切ったのが11/30ということで、3台に1台程度は1/300をクリアしてくるという情報が得られました。

10000Gでこれですから、普段の稼働ではもっと多くの設定3が高設定のフェイク台となることが予想されるので、ゴーゴージャグラーに関してはREG確率1/300にボーダーを引くことは得策でないということが言えるでしょう。

ちなみに設定4のREG確率1/283.7をクリアするには36回のREG(1/277.78)が必要になりますが、ここにボーダーを引くと、7/30まで落とし込むことができます。

同様のボーダーを設定1と設定2の検証データに使ってみると、設定1で1/30、設定2で3/30となるので、設定4のREG確率よりも良い確率でREGが引けている台に座るというのが、ゴーゴージャグラーで勝ち続けていくうえでの最低ボーダーラインかもしれません。

 

まとめ

  • ゴーゴージャグラーのボーダーはREG確率1/283.7

アイム系しか打たないという人の中には、ジャグラー=REG確率1/300という数字が刻み込まれている人もいるかもしれませんが、ゴーゴージャグラーでそれをやると大ケガしてしまいそうなので、絶対に注意してください。

それから、ゴーゴージャグラーは設定3でも派手に負けられるので、高設定狙いをするよりは設定6狙いに徹した方が、設定3を掴まされずに済むと思います(もちろん設定6や5を使ってくれるホールで勝負することが大切です)。

-ゴーゴージャグラー1

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.