ゴーゴージャグラー1

ゴーゴージャグラー:夕方以降の実戦|3000Gのデータから低設定(設定1&設定2)を見抜くデータ解析

投稿日:

ゴーゴージャグラーは、ボーナス合算確率だけならジャグラーシリーズの中でも非常に優秀で「とにかくペカが楽しみたい!」というジャグリストにとっては最高の台となっています。

 

しかし、いくら合算確率が優秀だからと言っても低設定を打っていたのでは勝てません。

しかし合算確率が優秀である手前、他のジャグラーと見比べても「低設定を低設定と見破るのは難しいのでは?」という疑問も。

 

そこで今回は、ゴーゴージャグラーにおける低設定(設定1&設定2)の3000G時点のデータを、それぞれ30件ずつ公開します。

ぜひ夕方以降の実戦に役立ててください。

スポンサーリンク

ゴーゴージャグラーのスペック

ゴーゴージャグラーの出玉率(機械割)など基本スペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/269.71/364.11/154.997.0%
21/268.61/336.11/149.398.2%
31/266.41/318.61/145.099.2%
41/260.11/283.71/135.7101.6%
51/255.01/255.01/127.5103.8%
61/242.71/242.71/121.4106.5%

 

ゴーゴージャグラーのぶどう確率

設定ぶどう確率
11/6.82
21/6.75
31/6.70
41/6.65
51/6.59
61/6.53

※ゴーゴージャグラーではぶどうのフラグが複数あるため、上記の数値は出現率の実戦値となっています。

 

ゴーゴージャグラーの単独レギュラー、チェリー重複レギュラー

設定単独REGチェリー+REG
11/485.51/1456.4
21/452.01/1310.7
31/434.01/1191.6
41/383.31/1092.3
51/341.31/1008.3
61/327.71/936.2

 

ゴーゴージャグラー:低設定3000Gの実戦データ

設定1

台番BIGREG差枚数単独REG
1118-2897
21012-3218
3910-9108
41011-5123
5710-14687
666-20035
714108696
817915226
9127403
101555994
11105-10503
121463845
1316712245
1499-6407
1514107668
161352413
17121359512
18151214028
19810-10327
20109-5026
2159-20256
2267-20737
2379-14597
24914-23211
25711-125110
26118-2787
271112-595
2895-11772
2959-19058
3018415963
合計320262-9948187

BIGボーナス:320回(1/281.2500)

REGボーナス:262回(1/343.5115)

単独レギュラー:187回(1/481.2834)

合算確率:1/154.6392

勝率:36.67%(11/30)

トータル差枚数:-9948枚(-331.6×30)

出玉率(機械割):96.32%

スポンサーリンク

設定2

台番BIGREG差枚数単独REG
1119-2657
2111320010
3714-87411
4810-9218
5117-3817
6911-2438
71611163510
818920039
91396115
1086-14824
11134-1233
12116-5282
1314108948
141112748
151455505
16124-1194
17510-20357
1819721056
19712-97010
20117-3505
211412104210
22111114710
2385-14885
24109-4166
2519921375
26106-8593
27106-7423
281496007
2986-12694
301352705
合計346254-797195

BIGボーナス:346回(1/260.1156)

REGボーナス:254回(1/354.3307)

単独レギュラー:195回(1/461.5385)

合算確率:1/150.0

勝率:43.33%(13/30)

トータル差枚数:-797枚(-26.5667×30)

出玉率(機械割):99.7%

 

ゴーゴージャグラー:低設定3000Gの実戦データの考察

出玉率(機械割)的にも設定1は絶対に回避したい

設定1の実戦データで、ちょっとBIGがヒキ負けてしまったことも影響していますが、とにかく出玉率が酷い。

ボーナス確率はそこまで悪くないように思えるのに、差枚数ではしっかりと負けられるというのがゴーゴージャグラーの特徴です(←違)。

 

ちなみにゴーゴージャグラーってジャグラーシリーズの中では格段に波が荒いと思うんですけど、300Gハマりとか喰らったら一気に下皿のコインが吹っ飛びますからね。

そういう意味では設定1は絶対に避けたい存在と言えるでしょう。

 

ちなみに今回の結果だと、設定1を3000G回せば平均で330枚負けられることになるんですけど、夕方5時~6時にホールに行って閉店まで打てば大体3000Gくらいじゃないですか?

 

サラリーマンが夕方から打ちに行って6000円から7000円やられるってえげつないですよね。

 

REG確率1/300の達成率に注目してみる

当ブログでは、ほとんどのジャグラーにおいて「3000G以上回っていて、REG確率が1/300より優秀な台を打て(高設定があるホールに限る)」と散々言ってきました。

 

一応ゴーゴージャグラーにおいても、設定3のREG確率が1/318.6、設定4のREG確率が1/283.7という意味では、REG確率1/300をボーダーに見ていくというのも間違ってはいないと思います。

 

ただし、他のジャグラーと比べた時に「設定1でもそこそこREGが引けるようになっている」という部分が非常に厄介です。

例えばマイジャグラー3における設定1のREG確率は1/431.2ですが、ゴーゴージャグラー設定1のREG確率は1/364.1となっています。

 

これまでのジャグラーでREG確率1/300にボーダーを引くということは、設定1をほぼ排除できるという多大なメリットがありました。

しかしゴーゴージャグラーにおいては、割と高い確率で引っ掛かってくるので注意が必要です。

 

さて、それではREG確率1/300のクリア率ですが、3000GでREGが10回以上引けたのは設定1で12/30、設定2で11/30でした。

しかし厳密に言うと、3000GでREGが10回だと次の1回転からは1/300よりも悪くなるということなので、REG11回をボーダーに再度見直してみましょう。

すると設定1で7/30、設定2で8/30です。

 

低設定でも30%弱でクリアしてくるボーダーという部分にも不安はあるものの、1番の不安材料は「設定1と設定2で大きな差がない」という部分です。

 

マイジャグラーなんかは設定1と設定2に大きな差が設けられていましたし、アイムジャグラーに関しては低設定と中間設定に大きな設定差があります。

 

なので、ここだけを見ると「設定1を排除するのが難しい=設定1に座る可能性も出てくる=勝ちにくい」という気がしなくもないですね。

 

単独レギュラーからの判断も難しいか

正直、マイジャグラーシリーズほど単独レギュラーに設定差があるわけではないので、ここについても使いづらい数値という感があります。

 

チェリー重複REGなら設定1と設定6でそれなりの設定差があるものの、分母が大きすぎますし、なによりも「1日単位で始めて使えるようになる数値」だと思いますし…。

 

実際に稼働する場合は、REGに関しては単独かどうかも一応カウントすることをおすすめします。

※BIGに関してはチェリー重複を完全に見抜くことは難しいので、無視しても問題ないでしょう。

 

まとめ

ゴーゴージャグラーの場合は、REG確率1/300よりも厳しく見るのが無難

設定1と設定2の間に大きな差は無く、どちらもえげつないレベルで負けられることが想定される

3000G時点では、REGを基準に立ち回るにしても相当厳しく見ていかないと、低設定の多くを避けることは難しいでしょう。

 

なにより鬼門なのは、設定1と設定2にそこまで大きな差がないため、設定1がフェイク高設定になる可能性が他のシリーズよりも遥かに高いという点です。

 

まぁ同様の検証を中間設定、高設定と行っていったときに何かしらのヒントがあるかもしれないので、こうご期待ください。

-ゴーゴージャグラー1

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2019 All Rights Reserved.