ゴーゴージャグラー1

【ゴーゴージャグラー】設定1を1ヶ月間打ち続けたらどれくらい負けるか【アプリ検証】

更新日:

個人的にはあまり好きじゃないゴーゴージャグラー。

好きじゃない理由は「ボーナスが引けるような感じがしないうえに、コイン持ちがメチャクチャ悪いから」というものです。

でも考えようによっては「ビッグが引きやすいからダラダラしないんじゃないか?」という説も。

そこで今回は、1日中回したゲーム数を10000Gと仮定して、10000G×30日間のシミュレートデータを公開します。記念すべき1回目は悪魔の設定1です。それでは張り切ってどうぞ。

このデータはiPhoneアプリによるシミュレートデータなので、実機とは異なる場合があります。

スポンサーリンク

スペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/269.71/364.11/154.997.0%
21/268.61/336.11/149.398.2%
31/266.41/318.61/145.099.2%
41/260.11/283.71/135.7101.6%
51/255.01/255.01/127.5103.8%
61/242.71/242.71/121.4106.5%

 

実戦データ

ゴーゴージャグラー、設定1、10000G×30、親父打ち

台番BIGREG差枚数
13325-2194
24335+1378
33532-538
44526+1673
53317-3424
63527-1148
73321-2659
83819-1350
93025-3014
103434-1146
114331+1447
122720-4953
133226-2418
143533-708
153119-3302
164331+1449
174429+1628
182323-5496
194829+2510
204731+2949
212429-4728
222832-2912
233721-1515
244428+1330
254420+747
264224+616
273542+33
283732-321
292934-2595
304031+371
  • BIG確率:1092(1/274.73)
  • REG確率:826(1/363.2)
  • 差枚数:-28290(-943×30)
  • 勝率:40%(12/30)
  • 最大勝ち:+2949枚
  • 最大負け:-5496枚
  • トータル出玉率:96.86%

 

考察

スポンサーリンク

差枚数に注目

30日間トータルの出玉率は約97%で、メーカー発表値の出玉率97.0%をほぼ再現できた形となりました。

シミュレーション上、オートプレイで親父打ちになってしまうため、ピエロ&ベルはともかくチェリーすらもフォローできていない状態なので、チェリーをフォローした実戦であればもう少しアップするとは思いますが、まぁほぼ設定1の実態が再現できたのではないかと思います。。

 

1日中打って約20000円負け

1日あたりの平均負けが-943枚ということで、等価交換で換算すると約-19000円です。ここは意外と少なかったなぁという印象です。個人的には20000円くらい2時間もあれば余裕で溶けると思っているので。

ただ、1番多く負けた日が-5496枚ということで、実戦ではここまで追うことはないにしても、えげつないレベルで負けることができるということを思い知らされました。

大きく引き負けてしまい、出玉率がメーカー発表値よりも大幅に下回っているデータでこれですから、実際に設定1を打たされてしまったときはもっとマイルドになると思います。つまり気付きにくいということです。

まして1日フル稼働でようやく10000Gという指標で見てますので、実際にホールに足を運んで夕方から打ち始めるという場合は2000G~3000Gくらいでしょうから、もっと判断が難しくなるでしょう。

 

REG確率は1/300にボーダー

個人的にはもうちょっと厳しいラインを引くべきだと思っていますが、とりあえず理論上は設定4以上を打ち続ければ勝てるので、設定3と設定4の間にあるREG確率1/300にボーダーを引いたとして考えてみます。

1日あたり10000GでREG確率が1/300を切るためには34回以上のREGが必要なので、その条件を満たしたのは4回(13%)です。しかもそのうち2回はギリギリの34回なので、捨てるのになんら抵抗がない数字となっています。

残りの2回は35回(1/285.71)と42回(1/238.1)となっており、この場合も35回程度であれば設定4が最も近いので却下。さすがに42回もREGを引いちゃうと、設定6がよぎってしまいますね。

ちなみにこれは27番のデータになりますが、BIGが35回(1/285.71)と大きく引き負けているため、差枚数は+33枚でした。これは高設定だと思って打たされても致し方なしという部分です。

ただそれが起きる確率は1/30ですから、そんなに頻繁に起こることはありませんので、やはりREG確率重視の立ち回りで問題ないでしょう。

 

まとめ

  • 設定1を1ヶ月打ち続けたら約60万円くらい負ける
  • 設定1を避けるにはREG確率重視の立ち回りが有効

あくまで今回のデータから総括をすると、設定1を打ち続けたら1ヶ月で60万円くらい負けられます。

で、設定1を避けるにはREG確率重視の立ち回りが非常に有効です。回転数が低くなってきたらまた変わってくるかとは思いますが、10000Gもあれば設定1が高設定の挙動を示す可能性は極めて低いと言えるでしょう。

-ゴーゴージャグラー1

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.