ファンキージャグラー

ファンキージャグラー設定5・6の3000G時データから勝負してもいいボーダーを探る

更新日:

夕方からの稼働を想定して、ファンキージャグラー設定6の3000G時点でのボーナス&差枚数をまとめてみました。

アイム系では「3000G以上回っていてREG確率が1/300より優秀な台」に座っていれば、それなりの結果がでましたが、ファンキージャグラーの場合はどうでしょうか。

ファンキージャグラーの設定5や設定6が、3000G時点で素直な挙動をしてくれるのかどうかも含め、検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

スペック表

設定BIG確率REG確率合算確率出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%

 

実戦

実戦データ

ファンキージャグラー、シミュレートアプリ、3000G×30。

ファンキージャグラー

ファンキージャグラー

  • Kita Denshi Corporation
  • ゲーム
  • ¥600

設定6

番号BIGREG差枚数
1810-606
2819+253
31211+597
41014+531
51210+356
61312+1178
7148+1026
82014+3491
9159+1446
1099-530
11910-193
12149+1045
13127+245
141510+1294
151310+951
161710+2142
171710+2272
181014+168
191615+2281
2087-1037
211112+408
22219+3203
231512+1785
2447-2220
25149+1135
26179+2035
271812+2767
281112+566
291218+1160
301311+1026
  • BIG:388(1/231.96)
  • REG:329(1/273.56)
  • 差枚数:+28775枚(平均:+959.17枚)

 

設定5

番号BIGREG差枚数
179-1056
21312+812
399-552
41315+1573
5912-234
61113+420
7159+1434
8164+1226
996-731
10710-1290
11109-307
121414+1598
13134+208
14135+390
152111+3248
16115-139
171116+849
181614+2078
19610-1275
20139+631
2186-1089
221212+841
231012+196
24165+1184
25139+617
26196+2400
27913+10
28117-72
2988-822
30511-1724
  • BIG:348(1/258.62)
  • REG:285(1/315.79)
  • 差枚数:+10424枚(平均:+347.47枚)

 

考察

スポンサーリンク

設定6は勝率80%オーバー

3000Gという低回転のデータにも関わらず、30件中25件で差枚数がプラスになりました。

大きくマイナスになっているデータは、どれもBIGが引けずにマイナスになっているだけなので、そんなに深く考える必要はないでしょう。ファンキージャグラーの設定6は安定して勝てそうですね。

一方で設定5になると急に安定さが低下し、30件中18件で差枚数がプラスですが、勝率は60%に留まっています。トータルのボーナス確率がBIG・REGともにヒキ負けているものの、3000G時点での勝率自体にはそんなに大きな影響は与えないでしょう。

 

REG確率に注目

REG10回の壁をクリアしたのは、設定6で20回、設定5で14回でした。「3000G時点でREG確率1/300」というボーダーを引くと、かなり安全に立ち回れるとは思いますが、同時に設定5でも半分は切り捨ててしまうことになってしまいます。

設定6を使ってくれるホールならこれもアリかと思いますが、ほとんどのホールが「使っても設定5」という状況になると思うので、別角度からのアプローチも考えた方がいいかもしれません。

 

設定6は別格

設定5と6の間には、トータルの差枚数にも500枚以上の差がありますし、勝率も大きく変わってきそうです。やはり「打つなら6」と言わざるを得ないでしょう。

ただし6は3000Gで1000枚近く吐き出しますから、ホール側としては使いにくいような気がするんですよね(もちろんホールによります)。

 

注意点

両設定に共通して言えるのが「大勝ちするケースではBIGを確率以上に引いたパターン」ですので、同様の結果が低設定でも有り得ると思います。

やはりREG確率重視の立ち回り、譲歩しても合算確率で立ち回っていくのが望ましいです。

 

最後に

REG確率が1/300より優秀な台を探していれば、アイムジャグラーと比較すると、より勝ちやすいような印象がありますが、これはあくまで設定6を加味してのことなので、当然ですが設定6ありきの状況で勝負することが重要になってきます。

いくらファンキージャグラーの設定6が優秀とは言え、低設定は簡単に負けられますから、少しでもシビアに立ち回ることが重要だと言えるでしょう。

 

-ファンキージャグラー

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.