ファンキージャグラー

ファンキージャグラー:夕方以降の実戦|3000Gのデータから低設定(設定1&設定2)を見抜く必勝法

更新日:

多くのジャグラーは3000Gもあれば割と安定したデータを出してくれることが多いです。

しかしBIG偏向型という特性上、ファンキージャグラーの設定看破は3000Gとは言っても、なかなか簡単にはいかないという説もあります。

 

そこで今回は、ファンキージャグラーの低設定における3000G×30のデータを用意しました。

主に夕方以降の立ち回りに使用できるデータとなっているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ファンキージャグラーのスペック

設定BB確率RB確率合算確率出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%

 

設定ぶどう確率単独BIG単独REGチェリー当選期待度チェリー+BIGチェリー+REG
11/6.371/3701/6695.4%1/10841/1519
21/6.371/3631/5685.5%1/10801/1391
31/6.321/3691/5095.9%1/10151/1301
41/6.271/3451/4636.0%1/10391/1260
51/6.211/3461/4146.4%1/9741/1252
61/6.161/3121/3636.5%1/9691/1116

※こちらのデータはすべて実戦値です。

 

ファンキージャグラー:低設定3000G時点での実戦データまとめ

ファンキージャグラー:設定1&設定2、iPhoneアプリ、3000G×30の実戦データ。

設定1

台番BIGREG差枚数ぶどう単独REG
1113-6234761
21410112347910
3106-5504756
41283454696
511111244548
6118-584794
7117795146
820932015085
91376274926
1077-13114984
11141216745198
1285-13364684
1317917304487
141454364543
151486964667
1616813834576
1756-22324703
1898-5434846
191363784734
2095-10524783
2185-13154784
221412132548010
2394-11144721
24104-7324863
2569-13904787
261578104435
2784-13404863
281110-1634356
2963-20684802
3086-11934895
合計334212-308914288153

BIGボーナス:334回(1/269.4611)

REGボーナス:212回(1/424.5283)

合算確率:1/164.8352

ぶどう確率:1/6.2990(14288個)

単独REG:153回(1/588.2353)

勝率:46.67%(14/30)

トータル差枚数:-3089枚(-102.9667×30)

出玉率(機械割):98.86%

スポンサーリンク

設定2

台番BIGREG差枚数ぶどう単独REG
187-11124686
21261474764
367-17314764
489-8934657
510112045127
611101584787
718721124852
856-20325076
9119764848
10126-1794355
11810-7764817
121293864786
131445734982
1415914134916
151010-3084499
1675-16124694
1758-19534686
1859-18184734
1976-15764545
20611-13174677
21118-1564546
2285-11844893
2316914614588
24104-9514512
251271084557
26118-474847
2798-8434498
281375384795
2999-7674613
30108-2584957
合計299232-1233714189168

BIGボーナス:299回(1/301.0033)

REGボーナス:232回(1/387.9310)

合算確率:1/169.4915

ぶどう確率:1/6.3429(14189個)

単独REG:168回(1/535.7143)

勝率:36.67%(11/30)

トータル差枚数:-12337枚(-411.2333×30)

出玉率(機械割):95.43%

 

ファンキージャグラー:低設定3000Gの実戦データから考察する

出玉率(機械割)に注目してみる

サンプル数の少なさが災いして、トータル差枚数で見ると設定1>設定2となっていますが、いずれにしてもここは避けたいラインです。

 

スロットは確率の勝負なので、設定差の小さいBIGさえ引ければ何とかなります。特にファンキージャグラーの場合はそれが顕著です。

ただし、長い目で見たら低設定で勝ち続けることはできませんし、低設定は回せば回すほどマイナスになっていくでしょう。

 

3000G時点ではそこまで大きく負けるケースというのは目立ちませんが、3000Gで1000枚弱負けたら1日中打てば3000枚くらい負けられる計算になりますからね。

 

とりあえず低設定でもBIGさえ少し多めに引ければプラス域になるため、3000G時点での差枚数からの設定推測は難しそうです。

スポンサーリンク

レギュラー確率1/300に注目してみる

設定1のREG確率は1/452.0、設定2のREG確率は1/407.1です。

お世辞にも良いとは言えず、これまでのジャグラーシリーズ同様「低設定は本当にREGが引けない仕様」となっています。

 

ここでこれまで多くのジャグラーシリーズにおいて、1つの指標として有効だったREG確率1/300に注目してみましょう。

一応3000Gというキリの良い数字なので、ここではREG10回はアウト判定とし、REG11回からセーフとします。

REG確率1/300より優秀になった台は、設定1で3/30、設定2で5/30となりました。

 

2000G時点では設定1も設定2もそれぞれ5回ずつクリアしてきたので、3000Gになる段階で設定1のいくつかのデータが脱落したというような感じですね。

恐らくですが、サンプル数をもっと増やせばもっと分かりやすいカタチで脱落していくでしょう。

 

とりあえず3000G時点でREG確率1/300にボーダーを引いておけば、低設定に座ってしまう可能性はかなり低く出来そうです。

 

単独レギュラーに注目してみる

実戦値ではありますが、単独REGの確率は設定1で1/669、設定2で1/568と言われています。

今回の3000G×30シミュレートでは、設定1が1/588.2353、設定2が535.7143でした。

設定1だと3000Gで1回しか引けなかったパターンも2/30回ほど確認されています。

 

ちなみに単独REGで見るなら設定3が1/509、設定5が1/414と言われているので、1/500より優秀なら最低でも負けないライン、1/400を上回っていればそこそこ期待値があるラインと言ってもいいでしょう。

 

1/500をクリアするには7回の単独レギュラーを必要としますが、それをクリアしたのは設定1が7回、設定2が12回です。

1/400をクリアするには8回の単独レギュラーを必要としますが、それをクリアしたのは設定1が4回、設定2も4回でした。

サンプル数が少ないとは言え、ここには一気に大きな壁があるような気がしませんか?

 

ちなみに2000G時点では高設定のハイチャンスと定義付けた「単独REG確率1/300」ですが、これをクリアしたのは設定1・設定2ともに0回でした。

一応、今までのルールに基づいて10回は未達成ということにしましたが、3000Gで10回の単独REGをセーフにしても、設定1で2回、設定2で0回なので、低設定では相当難しいラインだと思います。

 

まとめ

3000G時点での出玉数から設定推測するのは難しい

3000G時点でのREG確率1/300に注目すると、低設定のぼとんどを排除することができる

3000G時点で単独レギュラー確率1/300をクリアするのは、低設定だと上ムラでもなかなか厳しい

今回のデータだけを見ると、設定1を3000G回しても約100枚くらいしか負けないケースもあるということが分かります。

 

まぁ同じように設定2でやった結果が約-400枚なので、どちらが実際のデータに近いのかは不明ですが、少なくとも「これらのムラが90000G単位で起こる」ということは覚えておいた方がいいでしょう。

 

とりあえず3000G時点でもREG確率中心の立ち回りで、低設定の多くは十分回避できそうです。

 

-ファンキージャグラー

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.