SアイムジャグラーEX実戦データ|低設定3000G時のデータまとめ

SアイムジャグラーEX-低設定 3000G時のデータまとめ

6号機アイムジャグラー(SアイムジャグラーEX)の低設定の実戦データをまとめました。この記事で紹介しているのは設定1、設定2の3000G単位におけるボーナス確率と機械割(出玉率)です。6号機アイムジャグラーで勝ちたいという人は参考にしてみてください。

シミュレートアプリによるデータの為、実機データとは誤差がある可能性があります。

目次

6号機アイムジャグラー(SアイムジャグラーEX)のスペック表

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/273.11/439.81/168.597.0%
21/269.71/399.61/161.098.0%
31/269.71/331.01/148.699.5%
41/259.01/315.11/142.2101.1%
51/259.01/255.01/128.5103.3%
61/255.01/255.01/127.5105.5%

6号機アイムジャグラー低設定:実戦データ

6号機アイムジャグラー設定1:3000G×50

台番BIGREG差枚数
1147502
2114-607
3144319
4133-122
51012-127
697-769
7129143
875-1545
9106-673
10165723
11105-1001
12137258
13117-197
14127244
15146270
16153297
17107-521
18149489
1910139
2075-1551
21128-188
2278-1266
23710-1141
241110137
2564-1874
26128257
27116-44
2857-1532
2997-804
3096-736
311871416
32157773
331741037
341110168
35125127
361212679
371311800
38147573
39129160
40166999
41158612
4279-1097
43147582
4415155
45185765
46136265
471741211
481311562
4998-572
50912-613
合計591354-2548

BIG確率:1/253.81
REG確率:1/423.73
合算確率:1/158.73
3000Gあたりの平均差枚数:-50.96枚
勝率:58%(29/50)
出玉率(機械割):99.4%

6号機アイムジャグラー設定2:3000G×50

台番BIGREG差枚数
11310741
2145581
3115-315
499-394
51310532
6134-188
7166913
812673
91951668
10109-446
11119-295
12116-88
13155509
14124-506
151781083
16153356
17161122
1888-757
19125-234
2054-1977
2169-1284
22136324
23119-117
24118-300
251210278
26138361
27108-462
28127133
2968-1308
30105-673
3168-1297
32712-968
3387-1094
34107-627
3592-1144
36137356
3777-836
38810-774
39138414
4094-1097
4164-2001
42137380
43163610
4499-473
45148621
46145400
4758-1498
4866-1496
49115-223
50113-395
合計551330-12812

BIG確率:1/272.23
REG確率:1/454.55
合算確率:1/170.26
3000Gあたりの平均差枚数:-256.24枚
勝率:40%(20/50)
出玉率(機械割):97.15%

6号機アイムジャグラー低設定:考察

当然ながら3000G程度では数値は大暴れする

過去に同様の検証を10000G、5000Gで行ってきましたが、3000Gになると一気に信頼度がガタ落ちするという印象です。現に上記のデータを見ると設定1と設定2の数値が逆なんじゃないかと思ってしまいますけど、データの掲載ミスではありません。

5000Gあれば設定1と設定2を見抜けるデータが多かったのに対し、3000G程度ではやや厳しいと言わざるを得ないでしょう。まぁ分母が400ほどのレギュラーボーナスですから、1回の差が大きくなってしまうという部分も大きいのは仕方ないです。いずれにしても高設定と低設定を比較するなら、そこまで厄介な問題ではないんじゃないかと思います。

参考:SアイムジャグラーEX実戦データ|低設定5000G時のデータまとめ

REG確率1/300に注目

  • 設定1:9/50
  • 設定2:5/50

3000Gでレギュラー確率1/300を満たせばいいので、10回以上のレギュラーを引けたデータに注目してみました。設定1と設定2に倍近い差があり、しかも設定1の方が優秀な数値になっているということから、3000G×50の15万G程度では数値が大暴れするということが分かるのではないかと思います。

とは言っても設定1も別にそこまでヒキが強かったわけではありません。メーカー公表のスペックが1/439.8で実戦値が1/423.73ですから、ほぼ誤差の範囲と言っていいと思います(まぁ設定2の実戦値は明らかにヒキ弱ですが)。

ちなみに高設定の水準を満たすには12回以上のレギュラーが必要になります。これを満たしたのは設定1が4/50で設定2が1/50です。今回の実戦データだけで言えば「低設定3000Gで12回以上のレギュラーが引ける可能性は2%以下」とも言えるので、やはりレギュラー重視の立ち回りで問題ないでしょう。

実戦データの差枚数や出玉率(機械割)に注目

  • 設定1:3000Gあたりの平均差枚数は-50.96枚
  • 設定2:3000Gあたりの平均差枚数は-256.24枚

今回の実戦データを見てみると設定1はビッグのヒキ強でかなりマシになっていて、設定2は目も当てられないほど悲惨な数値になっています。3000G回すって考えたら4時間くらいはかかるので、夕方からホールに行って回せるか回せないかってくらいの数字です。仕事が終わってから向かったホールで5000円負けるのってきつくないですか?

ちなみに出玉率(機械割)に注目すると今回の実戦データ的には設定2が97.15%なので、本来の設定1よりはマシっていうことになります。そして設定1の実戦データによる出玉率は99.4%ということで、ほぼ設定3の近似値です。長期的に見たときに設定3を掴まされる分にはそこまでの痛手は負わないことが分かっているので、やはり低設定をいかにして避けるかが重要で、そのためにはレギュラー確率が重要であることは変わりません。

まとめ

低設定3000Gで12回以上のレギュラーが引ける可能性は極めて低い
5000G以上のデータと比較するとデータは暴れてしまうイメージ
REG確率重視の立ち回りで問題なし

3000G時点でもレギュラー確率が恐ろしいほど優秀なら全ツッパで問題ないです。ただし微妙なラインで稼働する場合は、常に確率の変化に気を配りながら稼働し、ちょっとでも確率が悪くなってきたら即ヤメも検討するべきだと思います。あとはホール状況、周りの設定状況を考えながらうまくやるという感じになるかと。

いずれにしても今回の設定1のデータのように、本来の確率以上にビッグが引ければ差枚数なんて簡単に暴れるのが3000Gですから、ドル箱やスランプグラフよりもREG確率を重視した立ち回りをおすすめします。

目次
閉じる