SアイムジャグラーEX実戦データ|低設定2000G時のデータまとめ

SアイムジャグラーEX-低設定 2000G時のデータまとめ

6号機アイムジャグラー(SアイムジャグラーEX)の低設定の実戦データをまとめました。この記事で紹介しているのは設定1、設定2の2000G単位におけるボーナス確率と機械割(出玉率)です。6号機アイムジャグラーで勝ちたいという人は参考にしてみてください。

シミュレートアプリによるデータの為、実機データとは誤差がある可能性があります。

目次

6号機アイムジャグラー(SアイムジャグラーEX)のスペック表

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/273.11/439.81/168.597.0%
21/269.71/399.61/161.098.0%
31/269.71/331.01/148.699.5%
41/259.01/315.11/142.2101.1%
51/259.01/255.01/128.5103.3%
61/255.01/255.01/127.5105.5%

6号機アイムジャグラー低設定:2000G時点の実戦データ

6号機アイムジャグラー設定1:2000G×50

台番BIGREG差枚数
151-1385
255-757
363-623
48544
563-574
675-238
78415
826-1334
974-271
1066-50
1164-716
1283-197
131331169
1485-138
1559-514
16112782
1793-132
1856-597
1974-152
2056-583
2142-1309
2275-45
2376-378
24115843
2553-1015
2665-327
27103-40
288570
2977-140
3052-868
31113613
3253-899
3335-1527
3474-228
3545-1243
36103196
3798413
38111316
39116775
4065-383
4153-1199
4254-881
4394362
4426-1256
4553-1065
4683-50
4746-835
48103187
4975-309
5055-719
合計344215-17192

BIG確率:1/290.70
REG確率:1/465.12
合算確率:1/178.90
2000Gあたりの平均差枚数:-343.84枚
勝率:26.00%(13/50)
出玉率(機械割):94.3%

6号機アイムジャグラー設定2:2000G×50

台番BIGREG差枚数
145-980
276-139
332-1607
468-303
566-329
623-1559
745-1120
845-766
965-389
1065-511
1146-814
127638
1356-859
14107790
1517-1582
1687144
1787110
1885-199
1983-174
2063-568
2132-1370
2253-786
2343-878
2493229
2576-1
261181086
2745-985
2884-224
2942-1383
3065-304
3195321
3266-137
3377-373
3493187
3543-1226
3676-106
3753-849
38112735
391171207
4074-427
4137-922
428435
4357-527
4465-490
45106668
46104234
4784-54
4879104
4958-434
5083-54
合計320251-17541

BIG確率:1/312.5
REG確率:1/398.41
合算確率:1/175.13
2000Gあたりの平均差枚数:-350.82枚
勝率:28.00%(14/50)
出玉率(機械割):94.2%

6号機アイムジャグラー低設定2000G:考察

ヒキ弱な結果とは言えどあまりにも酷い差枚数

2000G×50なので数値としては全然暴れてるんですけど、それを考えても酷いと言わざるを得ません。サラリーマンの方であれば仕事が終わってからホールに足を運んで、営業終了まで回したとしても2000G~3000G程度になると思います。それでこれだけ負けられるって思うと希望も何もないような気が。

まぁメーカー公表値の出玉率(機械割)は設定1でも97.0%なので、これよりはマシになることは間違いないです。とは言っても5000G、10000Gと回転数が増えていくとそれはそれで負債は大きくなってくるので、ここは絶対に避けなければならない部分と言えるでしょう。

REG確率1/300に注目

  • 設定1:3/50
  • 設定2:12/50

2000Gでレギュラー確率1/300をクリアした数値なので、レギュラーを7回以上引いているデータに注目してみました。設定2だと12回なのでまぁまぁあり得るレベルではあるんですが、設定1でこのラインを超えるのはそれなりに厳しいのかなという印象です。そして設定2についてもギリギリ合格ラインのレギュラー7回のデータが8回なので、やはりレギュラー重視の立ち回りで問題ないと思います。

ちなみに同様の検証を3000Gで行ったとき、設定1が9/50で設定2が5/50でした(3000Gでレギュラー10回以上を引いたデータ)。こちらもサンプル数の少なさが目に付くものの、夕方以降にホールに行ってある程度の回転数がついている台のレギュラー確率を見れば、大体の設定1は避けられるのではないでしょうか。

関連記事:SアイムジャグラーEX実戦データ|低設定3000G時のデータまとめ

まとめ

低設定はちょっとヒキが弱くなるだけで2000Gで7000円ほど負けられる
REG確率1/300に注目すれば設定1の多くは排除できそう

2000G×50程度では荒れるのも仕方ないんですが、今回のデータだけで言えば「REG確率1/300に注目すれば設定1の多くは排除できそう」ということが言えます。先に3000Gの検証を行ったので、その時は「これだと2000G時点で勝負を仕掛けるのは難しいかも」と思ったんですけど、これなら2000G時点でも問題なさそうです。

いずれにしてもちょっとヒキ弱なデータが集まってしまったのが気になるので、あとでデータを追加集計しようと思います。

目次
閉じる