SアイムジャグラーEX実戦データ|中間設定2000G時のデータまとめ

SアイムジャグラーEX-中間設定 2000G時のデータまとめ

6号機アイムジャグラー(SアイムジャグラーEX)の中間設定の実戦データをまとめました。この記事で紹介しているのは設定3、設定4の2000G単位におけるボーナス確率と機械割(出玉率)です。6号機アイムジャグラーで勝ちたいという人は参考にしてみてください。

シミュレートアプリによるデータの為、実機データとは誤差がある可能性があります。

目次

6号機アイムジャグラー(SアイムジャグラーEX)のスペック表

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/273.11/439.81/168.597.0%
21/269.71/399.61/161.098.0%
31/269.71/331.01/148.699.5%
41/259.01/315.11/142.2101.1%
51/259.01/255.01/128.5103.3%
61/255.01/255.01/127.5105.5%

6号機アイムジャグラー中間設定:2000G時点の実戦データ

6号機アイムジャグラー設定3:2000G×50

台番BIGREG差枚数
167-241
21191565
364-863
48567
594483
61151015
766-364
884-3
925-1449
105968
111161081
1289621
1376-385
1493211
1564-291
1699722
1776-280
1865-370
197796
2048-858
2143-1109
221371527
23106813
2453-807
257740
26210-948
271081022
2865-480
29109953
308569
3146-912
3295401
3343-1049
3495213
3525-1204
3636-1358
3747-727
3871-545
3995333
4084106
4132-1629
4263-686
4376-52
4474-597
45410-293
4610141547
4758-422
48710104
4967-341
5056-635
合計340301-5841

BIG確率:1/294.12
REG確率:1/332.23
合算確率:1/156.01
2000Gあたりの平均差枚数:-116.82枚
勝率:44.00%(22/50)
出玉率(機械割):98.1%

6号機アイムジャグラー設定4:2000G×50

台番BIGREG差枚数
175-252
276-29
395303
459-197
5812469
635-1433
789543
877-126
954-571
10118913
1165-349
1272-772
1384-50
141271358
15105430
1671-577
1728-1214
1882-330
191471800
208141022
2154-903
2282-405
23107770
24106663
2564-437
2661123
2766-124
28107553
2994104
30103287
3156-417
32121696
3357-761
3476-174
35711515
3668-495
3787300
38107270
3965-585
4088487
41411-391
4248-571
4396248
44710287
4565-487
4665-301
4736-1072
4811101354
491261126
50104382
合計3783161880

BIG確率:1/264.55
REG確率:1/316.46
合算確率:1/144.09
2000Gあたりの平均差枚数:+37.60枚
勝率:50.00%(25/50)
出玉率(機械割):100.6%

6号機アイムジャグラー中間設定2000G:考察

中間設定は長期的に見れば問題なし

中間設定は確率ムラによってどんな設定にも化ける厄介さを感じるかもしれませんが、ことマイナス側に関してはあまり問題なさそうです。あまりにも酷ければ捨てるだけですし、本当に避けるべきは低設定であり、中間設定を打ち続けるだけなら大したマイナスにはなりません

今回のデータに限って言えば設定3の出玉率(機械割)が98.1%になっていますが、これは設定2の近似値です。メーカー公表値は99.5%なので、長期的に見ればもっとマイルドになっていきます。3000G×50の実戦ではかなりマイルドになっていて、こっちの方が中間設定っぽさが分かりやすくなってますから併せてチェックしてみてください。

関連記事:SアイムジャグラーEX実戦データ|中間設定3000G時のデータまとめ

REG確率1/300に注目

  • 設定3:19/50(うちREG7回が6回)
  • 設定4:22/50(うちREG7回が8回)

2000Gでレギュラー確率1/300をクリアした数値なので、レギュラーを7回以上引いているデータに注目してみました。アイムジャグラーにおいて1番設定判別がしやすい部分ではあるんですが、低設定はさておき中間設定ともなると2000G程度ではふるい落とすことは難しいという印象です。

ちなみに高設定のレギュラー確率は1/255.0で、2000Gでこの基準をクリアしようと思ったら7.8回のレギュラーが必要になります。そこで8回以上のレギュラーに注目し直してみると設定3が13/50で設定4が14/50でした。これならまぁ中間設定をふるい落とすのにはちょうどいいのかなぁと思います。

まとめ

低設定は長期的に見れば出玉的には問題なし
2000GでREG確率1/300に注目しすぎると中間設定の半分近くも引っかかる

はっきり言って中間設定を打って負ける分にはそこまで大きな問題ではありません。しかし時間効率という意味では非常に悪くなってしまいますし、2000Gで37枚プラスになるって言われて打ちたくなる人って相当な物好きだと思うんで、どうせなら中間設定は捨てて高設定を探してみたらいいんじゃないかと思います。

5号機時代は2000G(できれば3000G)以上の台でレギュラー確率が1/300よりも優秀な台っていうボーダーを推奨してましたが、6号機はもしかしたらそれよりも厳しく見た方がいいかも。もちろんホール状況を加味して柔軟に立ち回ることが重要です。

目次
閉じる