SアイムジャグラーEX実戦データ|中間設定3000G時のデータまとめ

SアイムジャグラーEX-中間設定 3000G時のデータまとめ

6号機アイムジャグラー(SアイムジャグラーEX)の中間設定の実戦データをまとめました。この記事で紹介しているのは設定3、設定4の3000G単位におけるボーナス確率と機械割(出玉率)です。6号機アイムジャグラーで勝ちたいという人は参考にしてみてください。

シミュレートアプリによるデータの為、実機データとは誤差がある可能性があります。

目次

6号機アイムジャグラー(SアイムジャグラーEX)のスペック表

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/273.11/439.81/168.597.0%
21/269.71/399.61/161.098.0%
31/269.71/331.01/148.699.5%
41/259.01/315.11/142.2101.1%
51/259.01/255.01/128.5103.3%
61/255.01/255.01/127.5105.5%

6号機アイムジャグラー中間設定:実戦データ

6号機アイムジャグラー設定3:3000G×50

台番BIGREG差枚数
1912-120
295-1267
3149516
4117-39
585-1039
699-583
797-641
897-600
9917287
10814-96
1189-655
1215131409
13116-274
141111106
15104-555
16139624
1779-724
181991999
1915101353
201010-309
2116111708
22910-622
231111-110
24713-959
251681101
26139393
271011-137
28167808
29712-1069
301013228
31127-132
3289-856
33153301
3447-2024
35311-1483
36129-29
371111171
381110-238
391413871
40166997
41133132
421110317
43911-699
441791478
45712-1225
4698-721
47104-800
481310237
49158870
50157863
合計554455-1237

BIG確率:1/270.76
REG確率:1/329.67
合算確率:1/148.66
3000Gあたりの平均差枚数:-24.74枚
勝率:44.00%(22/50)
出玉率(機械割):99.7%

6号機アイムジャグラー設定4:3000G×50

台番BIGREG差枚数
1118129
215131226
31114376
499-574
519102060
61312553
71010-182
8814-260
91210331
1086-1112
111410864
1276-1158
13915-167
14116-384
151491014
1658-1397
17910-452
181311560
1915111111
20812-775
21108-261
22410-1865
23612-994
24119-9
25136-35
261411801
271310447
2889-863
2919101897
30118-125
31158710
321010-70
3314181524
3416131696
35109-52
3611992
371641055
38117-131
39116-420
40109-318
411213496
42148537
431111279
44149642
4578-954
46118-13
4717152296
481112214
49129240
501212291
合計5754958870

BIG確率:1/260.87
REG確率:1/303.03
合算確率:1/140.19
3000Gあたりの平均差枚数:+177.40枚
勝率:52.00%(26/50)
出玉率(機械割):102.0%

6号機アイムジャグラー中間設定:考察

中間設定は大きなプラスにも大きなマイナスにもならない

ジャグラーで負ける人の多くは低設定を打たされているから負けています。もちろん高設定でもバケに偏って大敗するなんてことはザラですが、長期的に見ればまったく問題ありません。そういう意味で言えば中間設定は毒にも薬にもならないというか、しいて言えば「時間の無駄」というイメージがピッタリではないでしょうか。

ここを打ち続ける分にはそこまで大きく負けないし、大きく勝つこともありません。設定4なら少しずつプラスになりそうだし、設定3ならお小遣いの範囲で遊んでいるという程度に落ち着くはず。ただしジャグラーで勝っていきたいとか安定してお金を稼ぎたいという場合は、中間設定で稼働してしまうことは避けるべきことだと思います。

REG確率1/300に注目

  • 設定3:22/50
  • 設定4:26/50

僕は5号機ジャグラーでだいぶ勝ってきましたが、基本的な立ち回りのルールは「高設定を使っている(と思われる)ホールで3000G以上回転していてレギュラー確率が1/300より優秀な台を打つ」というだけでした。実際これだけで勝ってます(これだけって言ってもデータを取ったりはしてるけど)。

で、6号機ジャグラーでもそのルールで勝てるかどうかって話なんですが恐らく問題ないです。3000Gでレギュラー確率1/300をクリアするのは中間設定だと約半分くらいです。同様の検証を低設定で行った時は設定1が9/50で設定2が5/50でしたから、低設定を掴まされる可能性はだいぶ低いと言えるでしょう。

参考:SアイムジャグラーEX実戦データ|低設定3000G時のデータまとめ

ホール状況や個人の目的に合わせて考える

前項ではレギュラー確率1/300に注目して考えてみましたが、3000Gで10回ちょうどのレギュラーであればすぐに1/300より悪くなりますから、10回ちょうどを除外して11回以上で再計測すると設定3が16/50で設定4が17/50です。さらに高設定の水準を満たすためには12回以上のレギュラーが必要になり、設定3が9/50で設定4が13/50です。

ここまで厳しく見れば低設定に引っかかる可能性は低くなりますし、中間設定もある程度はふるいにかけることが可能になります。もちろんここまで厳しい条件で勝負していけば、負ける可能性はグンと減らすことが可能ですが稼働できない日も増えてしまうはず。無理な勝負をして身を亡ぼすよりは賢明とは言っても、厳しすぎるあまり高設定の調子が悪い台も捨ててしまったのでは意味がありません。

あとはそれぞれのホール状況や自分自身が「どれくらいのリスクを背負えるのか」などを加味して、自分なりのボーダーを探してみてほしいと思います。

まとめ

中間設定3000Gだと約半数程度がREG1/300をクリアする
3000G時点で中間設定もある程度落としたいなら11回以上にボーダーを引いた方がいいかも

個人的には高設定狙いで中間設定に座らせられてしまうことは、そこまで問題だと思ってません。ただし効率良く勝っていきたいなら中間設定は避けるべきだし、中間設定をうまく入れてきてカムフラージュするホールは設定投入のクセも強そうなので、理想は低設定or高設定のメリハリがあるホールです(なければ仕方ないけど)。

ぶっちゃけ中間設定を多用すれば3000G程度なら高設定っぽい挙動をする台も出てくるし、長期的に見れば店側にとても損がほとんどないので使いやすいのかなぁという気もします。いずれにしても低設定さえ避けられれば大きくは負けないので、あとは個々のシチュエーションに応じてボーダーを使い分けてみてください。

目次
閉じる