ゴーゴージャグラー2

【ゴーゴージャグラー2】5000Gで設定看破できるか!?低設定編【実践データ】

投稿日:

このページではパチスロ:ゴーゴージャグラー2において「5000Gあれば低設定は低設定であると見抜けるかどうか」を実践データを交えながら検証・考察しています。

実践データにはシミュレートアプリを使用しており、実機とは挙動が異なる可能性があるのでご了承ください。

スポンサーリンク

ゴーゴージャグラー2スペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/269.71/364.11/154.997.0%
21/268.61/336.11/149.398.2%
31/266.41/318.61/145.099.2%
41/260.11/283.71/135.7101.6%
51/255.01/255.01/127.5103.8%
61/242.71/242.71/121.4106.5%

 

ゴーゴージャグラー2:5000G時点での実戦データ

設定1

台番BIGREG差枚数
11616-655
22212459
31814-426
419160
524151345
624151542
71719-258
81119-2201
998-3776
1025212684
1126111872
121112-3006
1326121667
141316-1846
1588-4042
161513-1736
172015250
18199-571
19198-801
202017429
211312-2391
2232123483
23201275
242012-278
251514-1311
261910-820
272210362
281319-1347
292013-224
3022161032
合計558406-10489
  • BIG確率:1/268.82
  • REG確率:1/369.46
  • 合算確率:1/155.60
  • 5000Gあたりの平均差枚数:-349.63枚
  • 勝率:43%(13/30) ※0枚は勝ちとして算出
  • 出玉率(機械割):97.67%

 

設定2

台番BIGREG差枚数
11717-290
229132695
31917120
423201854
51815-627
625131595
7201473
823191554
91821-130
102214836
111722-20
1224131142
131417-1266
1427213130
151612-1362
161312-2547
171014-2733
181916304
192021640
2023151150
2124141290
221518-782
2323151113
241712-1162
251415-1753
261618-437
2728183175
282016180
291821203
301817-91
合計5904907854
  • BIG確率:1/254.24
  • REG確率:1/306.12
  • 合算確率:1/138.89
  • 5000Gあたりの平均差枚数:+261.8枚
  • 勝率:56%(17/30)
  • 出玉率(機械割):101.75%

 

スポンサーリンク

ゴーゴージャグラー2:低設定5000G実戦の考察

勝負ポイントはあくまでレギュラー確率

ゴーゴージャグラーは歴代ジャグラーシリーズの中でもボーナスが軽いことで有名な機種です(ボーナスの軽さはコイン持ちの悪さでしっかりと調整されています)。

そのため、普段アイムジャグラーをメインで立ち回っている人が同じように立ち回ってしまうと、ボーダーが甘くなってしまう傾向にあるので注意しましょう。

 

そしてボーナスが軽いとは言え、やはりメインはレギュラー中心の立ち回りがおすすめです。設定5~設定6のレギュラー確率を1/250として考えると、この基準をクリアしてきたデータは設定1で1/30、設定2で6/30となっています。

若干、設定2での実戦値が優秀だったのが気になりますが、本来であれば負ける設定2なのにも関わらず5000G×30での差枚数がプラスになっている点を考えると、これくらいの誤差は致し方なしという感じがしました。

 

REG1/300は最低ライン!?

僕は普段ゴーゴージャグラーを好んで打たないのですが、アイムジャグラーに関しては5000G以上回っていてREGが1/300をクリアしていれば、たとえBIGが0回だったとしても打ちます。

しかしゴーゴージャグラーに関して言えば、設定3あたりからは普通にREG確率1/300をクリアしてきそうな気がするので、いわばここは最低ラインという見方をした方が無難かもしれません。

 

ちなみにREG確率1/300に注目してみると、設定1で5/30、設定2で14/30です。結果的にヒキ強だった設定2とは言え、約半分に近い割合でクリアされてしまうとなると、ここは「クリアしていないと話にならないレベル」と言ってもいいのでは?

 

低設定5000Gでも魅力的な台が出る割合は高い

【設定1:10番台】

 

【設定2:11番台】

 

それぞれの設定で1番レギュラーボーナスが引けた台に注目してみました。

さすがに5000Gで1/250をクリアしている台が空いていたら迷わず打つという人が大多数だと思いますが、これが低設定です。

 

ちなみに設定1はまだいいとして、問題は設定2。レギュラー確率1/250をクリアした台が6/30台ですから、この結果から考えると「10台設置のホールでオール設定2営業をしても、2台くらいはそれっぽい台が出る」ということになります。

2000Gや3000Gで勝負して時期尚早というパターンからの敗戦はやむを得ない部分がありますが、5000Gの信頼度でもここまでのリスクがあるっていうのは少し不安要素と言えるでしょう。

こういう場合は、普段のホール状況を加味して立ち回るのがおすすめです(フェイクがあるという不穏な空気を察したら、見送るのもアリだと思います…とは言っても、このレベルの台を見送ってたら勝負できないような気も)。

 

まとめ

レギュラー確率1/300は最低ライン

設定2の5台に1台くらいは、高設定基準のレギュラーを放出する

やはりジャグラーはレギュラーボーナスを重視した立ち回りがセオリーで、これはゴーゴージャグラーでも変わらないと思います。

ただしゴーゴージャグラーの場合は本当にボーナス確率が優秀で、それを帳消しにするくらいのコイン持ちの悪さがあるので、データ機器だけを見て立ち回ると痛い目に遭ってしまうかもしれません。

できればスランプグラフなどで差枚数をチェックしたり、ホール全体の雰囲気なんかも考慮しつつ、勝負台を選んでいくことをおすすめします。

-ゴーゴージャグラー2

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2019 All Rights Reserved.