マイジャグラー3

【マイジャグラー3】2000Gのブドウ数で設定判別ができるか!?【実戦検証】

更新日:

マイジャグラー3には、設定毎のブドウ確率に微小ながら設定差が設けられています。「その僅かな設定差から、設定判別ができるかどうか」というのが今回のテーマです。

個人的には、アイムジャグラーシリーズのように「設定1~5までが同じ確率で、設定6だけ別格」という設定差が好きなのですが、マイジャグラー3だと設定6はお目にかかる機会が少ないと思われるので、この設定差を武器にできるかどうかは大きなポイントと言っていいでしょう。

 

ジャグラーシリーズと言えば、言わずと知れた設定差は『REG確率』ですよね。特に、マイジャグラー3においては『単独REG確率』に設定1と設定6で、約2倍の差が設けられています。

しかし設定判別する上で、それだけでは心許ないということで「ブドウカウントが、果たしてどれだけ有効なのか」ということについて、検証してみたいと思います。

途中でデータを表にまとめていますが、スマホで閲覧している場合だと横向きにしないと見切れてしまいますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

ブドウ確率

確率表

設定角チェリー確率ブドウ確率
36.031/6.35
35.951/6.30
34.691/6.25
33.511/6.23
33.401/6.18
33.231/6.07

 

各設定差

アイムジャグラーでは設定6だけ違うという特殊な設定差が設けられていましたが、マイジャグラー3は各設定差が設けられています。

マイジャグ3において設定6だけ違うと言うカタチを取られても、ほとんど意味がないと言う観点からの配慮なのでしょうか。

 

そのあたりは定かではありませんが、各設定間の差は微々たるものでも設定1と設定6には大きな差があるので、設定の高か低かくらいの判別には使えるかと思います。

過去にアイムジャグラーにて検証した際は、設定6でないと起こりにくいポイントが存在しました。今回の検証でも「設定4以上でしか起こりにくいポイント」のようなものが見えてくれば、実戦で使えると思います。

参考【アイムジャグラー】ブドウカウントは超有効!ブドウ確率の信頼度について【実戦検証】

 

実戦データ

スポンサーリンク

それぞれ自宅実機、設定2、設定4、設定6において2000G×50回の10万Gでブドウ数をカウントしました。

それぞれ最高個数を青、最低個数を赤に着色しています。

 

設定2

316257304300322310340300281333
327326325299359325321316289300
339318314335308311335320319280
313340309301337324304311327310
323325324301292315351297313286

平均値:1/6.34(15782/100000)

最大値:359(1/5.57)

最小値:257(1/7.78)

 

設定4

312306318334312322301348358344
336332339323310326325315319328
342344343316328298318342321313
319308305329321334369320332310
334334288310293352331334319310

平均値:1/6.16(16225/100000)

最大値:358(1/5.59)

最小値:293(1/6.83)

 

設定6

325289355318369312303299333334
340357305304318314301333349339
352329316305318333316327346329
339333306341324319321336339300
306328302320311317339310315325

平均値:1/6.17(16199/100000)

最大値:369(1/5.42)

最小値:289(1/6.92)

 

考察

スポンサーリンク

10万Gじゃ足りない

こんなことを言ったら元も子もないんですけど、設定4の平均値が設定6の平均値を上回っている時点で、試行回数が少ないということが言えるでしょう。

設定2の最高個数が設定4の最高個数を上回っていますし・・・。

 

しかし、同時に「2000Gでの数値は非常にバラつく」ということも再確認できました。

350個超えであればそれなりの安全圏かもしれませんが、300付近の数値は設定6でも散見されたので「これ以下だと危険」という明確なポイントはあまり見えてきませんね。

 

10万Gじゃ足りないのは事実ですが、実際に1日に回せるのなんてせいぜい1万Gですので、さほど問題はありません。

ここから考察していきます。

 

最小値に大きな差

最大値こそ大して変わらないものの、最小値には大きな差が見られました。これで設定6の最小値が300程度なら良かったんですけど・・・。

このデータから語るとすれば、2000Gで300個を切ると危険かもしれません。

ただし設定2でもあまり頻繁に下回らないポイントなので、実用性は薄いです。

 

しかし設定4と設定6では「最小値が突出している」のに対し、設定2では「最小値に近い数値も散見される」というのは、大きな違いと言えるのではないでしょうか。

設定4と設定6は「たまたま悪い時がかなり悪かった」と言えなくもないと思うんです。

 

そのため、明らかな低設定を見切るという面においては、ブドウカウントも有効だと思います。

明らかに300個に届かないようなときは、見切ってもいいと思いました(ちなみに300個を下回る確率は、設定4&設定6が4%、設定2が16%と4倍もの差が見られました)。

 

最大値に注目

設定2が1回だけかなり頑張って359回を叩き出していますが、他の結果を見ても、ほぼマグレの上ムラです。

もしブドウをカウントしていて、2000Gでブドウが350個を上回ってくるようなことがあれば、その時は期待してもいいのではないでしょうか。

 

残念ながら設定4と設定6でも、350個を上回るケースはそんなになかったので、実用性の面では疑問が残ります。

しかし「ボーナスなどから、設定6かもしれないと推測している台」が、2000Gでブドウも350個を超えてくればかなり安心できるレベルになるでしょう。

 

最後に

やはりブドウカウントだけで設定判別するというのはかなり無理がありますが、その他の要素と合わせて設定判別をするのには非常に有効な策だと思います。

 

少しでも設定判別の精度を上げるため、もしくはわずかな可能性ではありますが『高設定の可能性を感じる数値』や『ほぼ高設定ではありえない数値』が出たときに判別できるので、ブドウはカウントすることをオススメします。

 

 

-マイジャグラー3

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.