マイジャグラー3

【マイジャグラー3】設定6が丸わかり!?5000G時点の立ち回りと設定判別方法【完全攻略】

更新日:

マイジャグラー4/マイジャグラー3に限らず、ジャグラーシリーズで立ち回るセオリーとしては夕方以降の稼働です。

できれば回転数があればあるほど望ましい状況であると言えるでしょう。

 

ハッキリ言って僕が通っているホールでは、マイジャグラーに設定6なんか入らないと思っていますし、仮に入ったとしても5000Gも回って空くことは考えられません。

それでも「高設定でもこれくらい沈むこともある/高設定ならこれくらい振り切れることがある」という知識は、マイジャグラーで立ち回っていく上で重大な知識となるでしょう。

 

以下では、マイジャグラー3における各設定において、5000G×30のデータを使って、夕方~夜以降に実戦する場合のデータの特徴・各設定の挙動をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

マイジャグラー3のスペック

基本スペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/287.41/431.21/172.595.7%
21/282.51/364.11/159.197.9%
31/273.11/341.31/151.799.9%
41/264.31/292.61/138.9102.8%
51/252.11/277.71/132.1105.3%
61/240.91/240.91/120.5109.4%

 

ぶどう確率の設定差

設定ブドウ確率
11/6.35
21/6.30
31/6.25
41/6.23
51/6.18
61/6.07

 

単独ボーナスとチェリー重複ボーナスの設定差

設定単独BIG角チェ+BIG単独REG角チェ+REG
11/378.81/1456.41/668.71/1213.6
21/374.51/1394.41/528.51/1170.3
31/362.11/1337.51/496.51/1092.3
41/352.31/1260.31/409.61/1024.0
51/334.41/1213.61/390.11/963.8
61/318.11/1170.31/334.41/862.3

※単独BIG確率については、中段チェリーの取りこぼし分も含む。

 

【単独ボーナスとチェリー重複ボーナスの見分け方】

単独レギュラーとチェリー重複レギュラーを見分けるためには、上記画像のリール配置図で赤丸を付けた部分「チェリー付きバー」を狙った順押しが簡単です。

チェリーを引いていないのにペカった場合は単独、チェリーを引いたゲームでペカったらチェリー重複となります。

 

ボーナス当選時の1/4で先告知がありますが、この場合もボーナスを揃えるのではなく、左リールにバーを狙って単独かチェリー重複かを判別してから、次ゲームに1枚掛けでボーナスを揃えるといいでしょう。

中押しして判別し、そのままボーナスを揃える方法でもOKですが、中リールに赤7のビタ押しが必要なので初心者にはおすすめしません。

 

BIGボーナスに関しては、中段チェリーと重複するフラグがあり、2つのチェリーでフラグが分かれているので注意が必要です。

 

各設定毎の5000G時点での実戦データ

これまでに設定1~設定6まで5000G×30の実戦シミュレートデータを掲載してきました。

それらをここにまとめたいと思います。

細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。

 

 

設定1

BIGボーナス:495回(1/303.0303)

REGボーナス:358回(1/418.9944)

単独レギュラー:235回(1/638.2979)

合算確率:1/175.8499

ぶどう確率:1/6.4141(23386個)

勝率:30.00%(9/30)

トータル差枚数:-25948枚(-864.9333×30)

出玉率(機械割):94.23%

 

設定2

BIGボーナス:533回(1/281.4259)

REGボーナス:380回(1/394.7368)

単独レギュラー:258回(1/581.3953)

合算確率:1/164.2935

ぶどう確率:1/6.2746(23906個)

勝率:43.33%(13/30)

トータル差枚数:-6822枚(-227.4×30)

出玉率(機械割):98.48%

 

設定3

BIGボーナス:525回(1/285.7143)

REGボーナス:421回(1/356.2945)

単独レギュラー:296回(1/506.7568)

合算確率:1/158.5624

ぶどう確率:1/6.3476(23631個)

勝率:60.00%(18/30)

トータル差枚数:-7256枚(-241.8667×30)

出玉率(機械割):98.39%

スポンサーリンク

設定4

BIGボーナス:570回(1/263.1579)

REGボーナス:492回(1/304.8780)

単独レギュラー:351回(1/427.3504)

合算確率:1/141.2429

ぶどう確率:1/6.2194(23788個)

勝率:70.00%(21/30)

トータル差枚数:+16610枚(+553.6667×30)

出玉率(機械割):103.69%

 

設定5

BIGボーナス:596回(1/251.6779)

REGボーナス:549回(1/273.2240)

単独レギュラー:394回(1/380.7107)

合算確率:1/131.0044

ぶどう確率:1/6.2938(23833個)

勝率:80.00%(24/30)

トータル差枚数:31222枚(1040.7333×30)

出玉率(機械割):106.94%

 

設定6

BIGボーナス:586回(1/255.9727)

REGボーナス:590回(1/254.2373)

単独レギュラー:430回(1/348.8372)

合算確率:1/127.5510

ぶどう確率:1/6.0921(24622個)

勝率:80.00%(24/30)

トータル差枚数:+37505枚(+1250.1667×30)

出玉率(機械割):108.33%

 

トータルREG確率に注目した立ち回り法

以下の表は5000G×30のデータにおいて「REG△回引けたデータが何回あったか」を示すものです。

ボーナス回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
REG10回以下1275
REG11回5521
REG12回5211
REG13回141242
REG14回322134
REG15回312111
REG16回322733
REG17回123311
REG18回125
REG19回21113
REG20回1356
REG21回12221
REG22回113
REG23回11
REG24回2
REG25回以上35

スポンサーリンク

REG10回以下は低設定濃厚

5000GでREG10回以下のデータに注目してみると、各設定毎に「12/7/5/0/0/0」です。

 

5000G時点でREGが10回以下となると、確率的には1/500より悪いということになります。

設定1のREG確率が1/431.2である以上、1/500より悪くなるということは「低設定の下ムラでしか起きない領域」と言ってもいいでしょう。

 

たまに5000Gで「BB25、RB8」みたいな台がありますが、僕としては打つ価値無しだと思っています。

確かに設定5なんかでもコレっぽい台が出ることはありますけど、中間設定以下の可能性の方が高いと思いますし…。

 

まぁこんな台は自分の隣に出たりして、座る人がみんな勝っていくって展開がよくあるような気もするけど。

 

REG確率1/300に注目してみる

マイジャグラー4において、設定3のREG確率は1/341.3、設定4のREG確率は1/292.6です。

ここには非常に大きな設定差が設けられているのと同時に「1/300を切るか切らないか」という非常に大きな壁が用意されています。

 

5000GでREG確率1/300をクリアするには、合計で17回以上のREGを引くことが必要です。

ここに注目してみると、REG確率1/300をクリアしたのは各設定毎に「3/4/7/13/19/21」でした。

 

設定1でもヒキ次第では突破できるラインではありますが、大多数はここを突破できません。

そして高設定は確実にクリアしてくるというわけではないものの、過半数は拾えるラインという意味では、REG確率1/300で立ち回るという方法は有効だと思います。

 

問題は「5000Gも回っていてREG確率が1/300より優秀な台が空くかどうか」という部分になると思います。

空いてなきゃ諦めるしかなく、空いてるなら打てばいいというだけの話です。

 

多少リスクを背負えば勝負できるラインの台があるというのであれば、そのホール状況によって勝負するかどうかを決めましょう。

さすがに「シマに毎日2台は出る台がある」というようなホールで、既に出ている台が2台ある時に、ぎりぎりボーダーに足りてない台を打つというのはおすすめできません。

 

じゃあホール状況はどうすれば分かるのか。

それはデータを取ることで分かるようになってきます。

参考勝率アップの第一歩!!データロボサイトセブンの有効的な使い方とは?

 

差枚数や出玉率(機械割)から高設定を攻略する

差枚数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
-3000枚以下211
-2500枚~-2999枚12
-2000枚~-2499枚2221
-1500枚~-1999枚6444
-1000枚~-1499枚33112
-500枚~-999枚321221
-1枚~-499枚451233
0枚~+499枚449655
+500枚~+999枚435333
+1000枚~+1499枚131251
+1500枚~+1999枚1556
+2000枚~+2499枚11132
+2500枚~+2999枚11313
+3000枚以上1124

スポンサーリンク

5000G時点で1500枚以上負けている場合は高設定じゃない!?

マイジャグラーの高設定はボーナス合算が1/120くらいで、とにかくボーナスが軽くてハマらないです。

ボーナスが軽くてハマらないということは、圧倒的に負けにくいということです。

 

しかもジャグラーシリーズの中では非常にハイスペックで、3000枚は普通に狙えますし、上手くいけば1日の稼働で5000枚以上のプラス収支を叩きだすことも十分に可能な性能だと言っていいでしょう。

 

 

そんな設定6でも「負けることはあるだろうけど、どんなに下ムラでも大負けはしないんじゃないの?」という部分に注目してみました。

そして1500枚以上負けたパターンについて詳しく見てみると、各設定毎に「11/7/9/5/0/0」です。

 

僕は普段アイムジャグラーをメインに立ち回っていて、ハッキリ言ってBIG確率は完全に無視した状態で立ち回っています。

そのため、収支がいくらマイナスだろうがBIGが0回だろうがREGさえ引けていれば喜んで打つわけですけど、それが通じるのはアイムジャグラーだからなのかもしれません。

 

マイジャグラーの高設定は、ぶっちゃけ「負けてるから低設定」が通じるレベルです。

 

よくREGに偏り過ぎて負けている台とか見ますけど、それを見て多くのジャグリストは「REGが引けてるから高設定のヒキ弱だろ」とか「高設定ならBIGも付いてくるから低設定のREGヒキ強だろ」とか言うじゃないですか?

 

僕の考えとしては「アイムジャグラーは前者で、マイジャグラーは後者」です。

そしてマイジャグラーの場合は、低設定ではなくて中間設定の可能性が高いんじゃないかと思っています。

 

5000G時点で1500枚以上勝っている場合は高設定濃厚

前項では「5000Gも回して大きく負けてたら低設定だって言ってもいいんじゃね?」という仮説を紹介しました。

今回は逆に「出ているパターンから高設定の可能性が探れないか」という部分について考えてみたいと思います。

 

5000Gで1500枚以上勝ったパターンについて詳しく見てみると、各設定毎に「0/3/3/10/11/15」です。

割とジャグラーって一時なら1500枚くらい吐き出すことはどんな設定でも珍しくないと思うんですよ。

 

ここから読み取れる事実は「低設定なら5000Gもの間、プラス差枚を維持できない」ということを意味しています。

 

もちろん1000Gだろうが2000Gだろうが、高設定であればあるほど瞬発力も高いと考えるのが自然ですが、2000Gくらいなら低設定でも勝負になるケースがそこそこあります。

 

そのイメージがあるから、ジャグラーのデータを見て「出てるから高設定/出てないから低設定とは言えない」ということが身に染みて分かっているという人が多いと思うんです。

 

でもマイジャグラーに関しては、5000Gで1500枚以上勝っていたら高設定を期待してもいいと思います。

個人的には「馬鹿みたいにBIGが引けているせいで、REGが引けてないにも関わらず、大きくプラスになっている台」は打ちませんが、この理論から言えば低設定の可能性は限りなく低くなるので、そこを勝負してみるのは面白いかも。

※当ブログでは、そのような立ち回りは推奨しません。

 

単独レギュラーに注目して高設定や設定6を看破する

設定単独BIG角チェ+BIG単独REG角チェ+REG
11/378.81/1456.41/668.71/1213.6
21/374.51/1394.41/528.51/1170.3
31/362.11/1337.51/496.51/1092.3
41/352.31/1260.31/409.61/1024.0
51/334.41/1213.61/390.11/963.8
61/318.11/1170.31/334.41/862.3

※単独BIG確率については、中段チェリーの取りこぼし分も含む。

単独レギュラーはデータランプからは見抜くことができないので、あくまで自分で打っている際中にしか判断できない要素ではありますが、非常に使える強い設定判別要素です。

 

設定1と設定6で倍近い設定差がありますし、これだけで設定の高/低が判断できると言っても過言ではありません。

 

少なくとも設定6を意識した立ち回りをするのであれば、絶対に押さえておきたい設定推測要素と言えるでしょう。

実戦データ

単独REG回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
REG3回以下21
REG4回31
REG5回253
REG6回4222
REG7回41321
REG8回35311
REG9回25332
REG10回427542
REG11回225364
REG12回223333
REG13回123511
REG14回11533
REG15回122
REG16回11122
REG17回132
REG18回13
REG19回1
REG20回14
REG21回以上1

スポンサーリンク

単独レギュラー確率が1/500を下回ると危険

単独レギュラーは設定1で1/668.7~設定6で1/334.4という、マイジャグラーの設定判別要素の中では最も大きい設定差が設けられている部分です。

 

しかも設定3で1/496.5、設定4で1/409.6という部分にも大きな設定差があるのが嬉しいポイントと言えるでしょう。

実質、1/500と1/400みたいなもんですからね。

 

この単独レギュラーが、5000Gも回して10回以下だったケースに注目してみると、各設定毎に「24/22/21/11/7/5」でした。

 

こんな展開はほとんど無いとは思いますが「REGはめっちゃくるけど全部チェリー重複で、単独REGは5000G回しても10回以下」といいう場合は、個人的にはやめてもいいという考えです。

(というか単独REGが引けなければ5000Gまで追いかけることもありません)

 

それほど高設定では引きやすく、低設定では引きにくい部分になるので、何か1つだけの要素で立ち回れと言われたら、この単独REGが最も重要な項目だと思いますね。

 

単独レギュラー確率が1/300より優秀なら高設定濃厚

設定5で1/390.1、設定6でも1/334.4ですから、なかなか1/300を超えるのは難しいんですけど、もしここを突破できれば非常に面白い結果になると思います。

 

というのも、単独レギュラーを1/300を超える確率で引くとすると、5000Gでは17回以上の単独レギュラーが必要です。

今回この条件を満たしたのは、各設定毎に「0/0/0/1/6/10」でした。

 

単独REG確率として見ちゃうとあれなんですけど、割と良くあるのは「チェリーからペカるパターンがこない/チェリーからペカるのは全部BIG」というパターン。

「REG確率は1/300にギリギリ届いてないんだけど、引いたREGは全部単独」という場合は、一気に期待度が高まるでしょう。

 

判別方法も「左リールにチェリー付きBARを狙って順押しするだけ」というお手軽手順なので、ぜひ自分で打つ場合はカウントするように心掛けてください。

 

ぶどう確率に注目して設定推測してみる

設定ブドウ確率
11/6.35
21/6.30
31/6.25
41/6.23
51/6.18
61/6.07

 

実戦データ

5000Gで各設定におけるぶどう個数分布図はこちらです。

ブドウ回数(個)設定1設定2設定3設定4設定5設定6
749以下3321
750~7592211
760~76944224
770~779812621
780~789456352
790~799246443
800~809565355
810~819122444
820~82943325
830~8391124
840~849111
850以上115

スポンサーリンク

5000Gで759個以下のぶどうは危険信号

今回のデータを見ると、759個以下というデータが低設定ほど大きく見られるような気がします。

 

これは確率で言うと1/6.5876に相当し、設定1でも1/6.35であることを考えると、設定1でもそんなに下回らない数値と言えるでしょう。

ゆえに言い方を変えると「これが出たらやばいというライン」でもあります。

 

ちなみにこれの出現率は、各設定において「5/2/4/3/1/0」でした。

低設定でもそんなに頻繁に見られるという領域でもなければ、高設定だからと言って絶対にでないと言える領域でもないという微妙な部分ではありますが…。

 

いずれにしても「設定1の下ムラでようやく届くかという数値」なので、これが確認できた場合は大きなマイナス要素として受け止めるべきでしょう。

 

設定6のぶどう確率(1/6.07)を満たす割合

一方で、設定6のぶどう確率は1/6.07です。

5000Gでこれをクリアしてくる割合ってどの程度なのでしょうか。

ちなみに個数に換算すると、823.7232個ということで823個~824個となります。

 

ここで5000Gで820個以上のぶどうが引けたパターンについて詳しく見ていきましょう。

各設定毎にこれをクリアしたのは「1/6/3/5/5/15」でした。

明らかに設定1の可能性が低くなり、設定6の可能性が高くなっているのがお分かりになるかと。

 

設定6でも半分くらいの出現率ではありますが、朝一から勝負していて微妙にREGが付いてきていない場合なんかでも、もしこのぶどう確率が桁違いに良かったとしたら、続行する勇気を持ってみてもいいのでは?

created by Rinker
ガイドワークス
¥2,980 (2019/09/18 01:31:35時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

5000GでREG10回以下は低設定濃厚

5000Gで1500枚以上負けている台は低設定濃厚、逆に1500枚以上勝っている場合は高設定濃厚

5000Gで単独レギュラー確率が1/300より優秀なら高設定濃厚(特に設定6に期待できる)

5000Gで820個のぶどうを獲得できれば、設定1の可能性は限りなく薄くなり、設定6の可能性が一気に高まる

マイジャグラー3の高設定を5000G以降に拾える可能性については微妙ですが、自分で稼働していて設定6を確信しきれていないという場合は、このデータを存分に使ってください。

 

あと万が一、高設定の挙動を示しているような台があったら、迷わず座っちゃいましょう。

 

あとはホールの傾向を読む場合にもこのデータは使えると思うので、色々とアレンジして使ってもらえたら嬉しいです。

 

-マイジャグラー3

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2019 All Rights Reserved.