マイジャグラー3

【マイジャグラー3】設定6が丸わかり!?3000G時点の立ち回りと設定判別方法【完全攻略】

更新日:

マイジャグラー4/マイジャグラー3に限らず、ジャグラーシリーズで立ち回るセオリーとしては夕方以降の稼働です。

できれば回転数があればあるほど望ましい状況であると言えるでしょう。

 

ホールによっては「3000Gも回っていて高設定の挙動をしているような台は空き台にならない」というケースもあるでしょうが、やはりリスクを抑えて高い勝率をキープしていくのであれば、3000G以降の稼働を推奨します。

 

以下では、マイジャグラー3の各設定において3000G×30のデータを使って、夕方~夜以降に実戦する場合のデータの特徴をお伝えしたいと思います。

低設定~高設定の挙動をしっかりと頭に叩き込んで、実戦の際の立ち回りに役立ててみてください。

スポンサーリンク

マイジャグラー3のスペック

基本スペック

設定BB確率RB確率合成確率出玉率
11/287.41/431.21/172.595.7%
21/282.51/364.11/159.197.9%
31/273.11/341.31/151.799.9%
41/264.31/292.61/138.9102.8%
51/252.11/277.71/132.1105.3%
61/240.91/240.91/120.5109.4%

 

ぶどう確率の設定差

設定ブドウ確率
11/6.35
21/6.30
31/6.25
41/6.23
51/6.18
61/6.07

 

単独ボーナスとチェリー重複ボーナスの設定差

設定単独BIG角チェ+BIG単独REG角チェ+REG
11/378.81/1456.41/668.71/1213.6
21/374.51/1394.41/528.51/1170.3
31/362.11/1337.51/496.51/1092.3
41/352.31/1260.31/409.61/1024.0
51/334.41/1213.61/390.11/963.8
61/318.11/1170.31/334.41/862.3

※単独BIG確率については、中段チェリーの取りこぼし分も含む。

 

【単独ボーナスとチェリー重複ボーナスの見分け方】

単独レギュラーとチェリー重複レギュラーを見分けるためには、上記画像のリール配置図で赤丸を付けた部分「チェリー付きバー」を狙った順押しが簡単です。

チェリーを引いていないのにペカった場合は単独、チェリーを引いたゲームでペカったらチェリー重複となります。

 

ボーナス当選時の1/4で先告知がありますが、この場合もボーナスを揃えるのではなく、左リールにバーを狙って単独かチェリー重複かを判別してから、次ゲームに1枚掛けでボーナスを揃えるといいでしょう。

中押しして判別し、そのままボーナスを揃える方法でもOKですが、中リールに赤7のビタ押しが必要なので初心者にはおすすめしません。

 

BIGボーナスに関しては、中段チェリーと重複するフラグがあり、2つのチェリーでフラグが分かれているので注意が必要です。

 

各設定毎の3000G時点での実戦データ

これまでに設定1~設定6まで3000G×30の実戦シミュレートデータを掲載してきました。

それらをここにまとめたいと思います。

細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。

 

 

設定1

BIGボーナス:291回(1/309.2784)

REGボーナス:217回(1/414.7465)

単独レギュラー:151回(1/596.0265)

合算確率:1/177.1654

ぶどう確率:1/6.4688(13913個)

勝率:30.00%(9/30)

トータル差枚数:-17613枚(-587.10×30)

出玉率(機械割):93.48%

 

設定2

BIGボーナス:325回(1/276.9231)

REGボーナス:253回(1/355.7312)

単独レギュラー:167回(1/538.9222)

合算確率:1/155.7093

ぶどう確率:1/6.4103(14040個)

勝率:50.00%(15/30)

トータル差枚数:-2411枚(-80.3667×30)

出玉率(機械割):99.11%

 

設定3

BIGボーナス:307回(1/293.1596)

REGボーナス:271回(1/332.1033)

単独レギュラー:196回(1/459.1837)

合算確率:1/155.7093

ぶどう確率:1/6.3685(14132個)

勝率:43.33%(13/30)

トータル差枚数:-4565枚(-152.1667×30)

出玉率(機械割):98.31%

スポンサーリンク

設定4

BIGボーナス:305回(1/295.0820)

REGボーナス:328回(1/274.3902)

単独レギュラー:244回(1/368.8525)

合算確率:1/142.1801

ぶどう確率:1/6.2735(14346個)

勝率:46.67%(14/30)

トータル差枚数:+1960枚(+65.3333×30)

出玉率(機械割):100.73%

 

設定5

BIGボーナス:398回(1/226.1307)

REGボーナス:334回(1/269.4611)

単独レギュラー:225回(1/400)

合算確率:1/122.9508

ぶどう確率:1/6.2779(14336個)

勝率:83.33%(25/30)

トータル差枚数:+31613枚(+1053.7667×30)

出玉率(機械割):111.71%

 

設定6

BIGボーナス:356回(1/252.8090)

REGボーナス:369回(1/243.9024)

単独レギュラー:251回(1/358.5657)

合算確率:1/124.1379

ぶどう確率:1/6.1412(14655個)

勝率:83.33%(25/30)

トータル差枚数:+24833枚(+827.7667×30)

出玉率(機械割):109.20%

 

トータルREG確率に注目した立ち回り法

以下の表は3000G×30のデータにおいて「REG△回引けたデータが何回あったか」を示すものです。

ボーナス回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
REG4回以下3521
REG5回52112
REG6回61411
REG7回633131
REG8回243622
REG9回333111
REG10回242243
REG11回135533
REG12回114434
REG13回22335
REG14回21231
REG15回135
REG16回33
REG17回1
REG18回1
REG19回
REG20回11

スポンサーリンク

REG6回以下は低設定の証

3000GでREGが6回となると確率的には1/500という数値になるんですけど、ここで見ても低設定は割と多くの台が引っ掛かってくれますね。

3000GでREG6回以下のデータに注目してみると、各設定毎に「14/8/7/2/3/1」です。

 

もし「根拠があって朝一から粘ってたけど、3000G時点でBIGばかり引けていてREGが全然引けてない」というような場合は、ここをクリアできていなければどんなにプラスになっていても見切っていいと思います。

もちろん高設定でたまたまREGが引けてない可能性もありますが、低設定でBIGが引けてる可能性の方が断然高いです。

 

まぁそこまで酷いんなら「3000Gまでに引っ張らずに2000Gの時点で見切ってくれよ」って気がしないでもないけど。

 

REG確率1/300に注目してみる

マイジャグラー3において、設定3のREG確率は1/341.3、設定4のREG確率は1/292.6です。

ここには非常に大きな設定差が設けられているのと同時に「1/300を切るか切らないか」という非常に大きな壁が用意されています。

 

3000GでREG1/300って考えるとREG10回という計算になりますが、REG10回だと次の1回転をまわした時点で1/300より悪くなるということが言えるので、ここでは3000Gで11回以上のREGに注目していきますね。

 

ここに注目してみると、REG確率1/300をクリアして11回以上のREGが引けたのは各設定毎に「3/8/12/18/17/22」です。

サンプル数が設定毎に30件という少なさなので、イマイチ安定していない感がありますが、設定3と設定4の間に大きな差を感じます。

 

そしてもしメリハリ設定で高設定を入れてくれるホールを知っているという人は大チャンスです。

設定1だらけのところに設定6が入るような感じだったら、3000Gも回れば大体のケースで分かるんじゃないかと。

 

ここのボーダーで勝負してしまうと、設定3も割と拾ってしまうでしょうし、設定2あたりもそれなりにリスクがありますね。

でもちゃんと高設定の期待値が見込める状況で、こういう台で勝負していればちゃんと勝てると思います。

設定1に座ってしまう可能背は大幅に減るでしょうし、初心者~ベテランまでにおすすめのボーダーです。

 

差枚数や出玉率(機械割)から高設定を攻略する

差枚数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
-2500枚以下2
-2000枚~-2499枚111
-1500枚~-1999枚211
-1000枚~-1499枚63312
-500枚~-999枚655712
-1枚~-499枚456841
0枚~+499枚265766
+500枚~+999枚466153
+1000枚~+1499枚321548
+1500枚~+1999枚186
+2000枚~+2499枚112
+2500枚以上2

スポンサーリンク

3000G時点で1000枚以上負けていると低設定濃厚

マイジャグラー3/マイジャグラー4の設定6と言えば、非常に安定して勝てるうえに3000枚オーバーは十分射程圏内で、うまくいけば5000枚以上も狙えるハイスペックです。

 

そんな設定6でも「負けることはあるだろうけど、どんなに下ムラでも大負けはしないんじゃないの?」という部分に注目してみました。

 

そして1000枚以上負けたパターンについて詳しく見てみると、各設定毎に「11/5/5/1/0/2」です。

アイムジャグラーなんかだと3000Gでもまだ分からないという部分が強かったようにも思いますが、マイジャグラーに関しては3000Gで決着がついてしまうという部分も出てきそうですね。

 

あんまり「勝っているから高設定、負けているから低設定」っていう極端な考え方は好きじゃないんですけど、このデータを見たら「3000G時点で大きくマイナスになっているなら、その時点で低設定の可能性が濃厚」と言ってもいいのではないでしょうか。

 

僕は典型的なレギュラー信者です。

でも、マイジャグラーに関してはBIG確率を完全無視してしまうのも危険だと思っているので、REG確率が振り切って良い場合じゃない限り、微妙なラインという場合は出玉次第で打つか打たないかを判断することもあります。

 

3000G時点で1500枚以上勝っている場合は高設定濃厚

前項ではマイナス差枚から低設定を見抜けるかどうかについて検証しましたが、今回は高設定の挙動に注目したいと思います。

3000G時点で1500枚以上勝ったパターンは、各設定毎に「0/1/1/1/10/8」でした。

 

マイジャグラーはジャグラーシリーズのハイスペック機で、高設定のボーナス合算確率も非常に優秀なので、3000Gと言えど高設定はなかなか安定して出てくれるようです。

個人的には低設定でもBIG連でプラス差枚はいくらでも出現すると思っていたので、ある意味この結果は意外でした。

 

当ブログでは「いくらBIGが引けていて差枚数がプラスになっていようと、REGが引けてない以上は打つべきではない」というスタンスですが、マイジャグラー3については「低設定がBIGに偏っても3000Gで1500枚を出すのはそれなりに難しい」と言ってもいいでしょう。

 

逆に1000Gとかの方が一気にでるかもしれないですね。

一気に出たコインを残りの2000Gで浪費してしまうという感じかも。

 

単独レギュラーに注目して高設定や設定6を看破する

設定単独BIG角チェ+BIG単独REG角チェ+REG
11/378.81/1456.41/668.71/1213.6
21/374.51/1394.41/528.51/1170.3
31/362.11/1337.51/496.51/1092.3
41/352.31/1260.31/409.61/1024.0
51/334.41/1213.61/390.11/963.8
61/318.11/1170.31/334.41/862.3

※単独BIG確率については、中段チェリーの取りこぼし分も含む。

単独レギュラーはデータランプからは見抜くことができないので、あくまで自分で打っている際中にしか判断できない要素ではありますが、非常に使える強い設定判別要素です。

設定1と設定6で倍近い設定差がありますし、これだけで設定の高/低が判断できると言っても過言ではありません。

 

少なくとも設定6を意識した立ち回りをするのであれば、絶対に押さえておきたい設定推測要素と言えるでしょう。

 

実戦データ

ボーナス回数設定1設定2設定3設定4設定5設定6
REG3回以下772131
REG4回65411
REG5回736433
REG6回354336
REG7回44426
REG8回114547
REG9回33522
REG10回21543
REG11回1225
REG12回1311
REG13回11
REG14回1
REG15回
REG16回1

スポンサーリンク

単独レギュラー確率が3000Gで4個以下だと危険

単独レギュラーは設定1で1/668.7~設定6で1/334.4という、マイジャグラーの設定判別要素の中では最も大きい設定差が設けられている部分です。

 

しかも設定3で1/496.5、設定4で1/409.6という部分にも大きな設定差があるのが嬉しいポイントと言えるでしょう。

実質、1/500と1/400みたいなもんですからね。

 

この単独レギュラーが3000Gで4個以下だったケースに注目してみると、各設定毎に「13/12/6/2/4/1」でした。

低設定が沈んで、高設定で結果が出るという非常に分かりやすいボーダーと言えるのではないでしょうか。

 

ちなみにこの結果を踏まえると「3000Gで単独REG5回以下を斬り捨ててもいいのでは?」と思うジャグリストも多いと思います。

ただこれは僕の経験上になるんですけど、意外と設定6でも単独REG5回でくすぶるケースがあるような気がするんですよね。

 

あとはその台を打ち始めた根拠とか、周りの台の挙動、ホールのクセやぶどう確率などから総合的に判断すればいいでしょう。

 

単独レギュラー確率が1/300より優秀なら高設定濃厚

ジャグラーの立ち回りのセオリーはREG狙いですが、自分で打つ場合は単独かチェリー重複かが分かります。

もし「REG1/300をクリアしている台」で、そのREGの全てが単独レギュラーだった場合の信頼度の上がり方はハンパ無いと言えるでしょう。

 

では3000GでREGを11回以上引けたケースについて確認してみると、各設定毎に「3/8/12/18/17/22」でした。

ここからチェリー重複REGを取り除き、全て単独レギュラーにしてみましょう。

すると、3000Gで単独レギュラーを10回以上引けたケースは、各設定毎に「2/2/3/9/8/11」となりました(こっちは10回と11回の差が大きすぎるので、10回でもセーフ判定としています)。

 

実戦していると、案外チェリーからペカらないという展開も少なくありません。

そんな状況でもREGが引けているという場合は、マイジャグラーにおいて非常に大きな要素となるでしょう。

マイジャグラーの低設定だと本当に単独REGが引けないですからね。

 

判別方法も「左リールにチェリー付きBARを狙って順押しするだけ」というお手軽手順なので、ぜひ自分で打つ場合はカウントするように心掛けてください。

 

ぶどう確率に注目して設定推測してみる

設定ブドウ確率
11/6.35
21/6.30
31/6.25
41/6.23
51/6.18
61/6.07

 

実戦データ

3000Gで各設定におけるぶどう個数分布図はこちらです。

ブドウ回数(個)設定1設定2設定3設定4設定5設定6
429以下221
430~439111
440~44972211
450~459644261
460~469544344
470~4796710364
480~4892541156
490~499323646
500~509124
510~5192222
520~52911
530以上1

スポンサーリンク

3000Gで449個以下のぶどうは危険信号

今回のデータを見ると、449個以下というデータが低設定ほど大きく見られるような気がします。

 

これは確率で言うと1/6.6815に相当し、設定1でも1/6.35であることを考えると、設定1でもそんなに下回らない数値と言えるでしょう。

ゆえに言い方を変えると「これが出たらやばいというライン」でもあります。

 

ちなみにこれの出現率は、各設定において「8/5/3/3/1/1」でした。

マイジャグラーの立ち回りのセオリーはあくまでREG確率にあるので、ぶどう次第で決めるということはしない方がいいです。

ただし「REG確率が弱くなってきて、ぶどう確率が悪い」という状況なら思い切って見切るのも1つだと思います。

 

設定6のぶどう確率(1/6.07)を満たす割合

一方で、設定6のぶどう確率は1/6.07です。

3000Gでこれをクリアしてくる割合ってどの程度なのでしょうか。

ちなみに個数に換算すると、494.2339個ということで494個~495個となります。

 

試しに3000Gで490個以上のラインに注目してみると、この基準をクリアしてくるのは各設定毎に「3/4/5/8/8/14」でした。

設定6だから安定してクリアしてくるというわけではなく、あくまで半々という感じ。中間設定ならほどほどに見られるケースで、低設定だとレアという感じですね。

 

ちなみに上ムラに注目した時に、3000Gで500個(1/6.00)を超えるかどうかという部分には大きな壁があるように感じました。

ここにラインを引いてみると、各設定毎の達成回数は「0/2/2/2/4/8」となっています。

 

もし実戦していて3000G時点でのREG回数が10回とかだと、それだけではちょっと弱いのかなぁという気もしますが「ぶどうが500個オーバー」という材料が増えれば続行してもいいような気がします。

 

この辺のさじ加減は打ち手によるでしょうし、ホール状況にも左右されるんで一概には言えません。

僕の中では「ぶどうが上ムラで数値が良ければ、REG1回分に相当する」くらいの感覚で立ち回ってますけど、割と救われるケースもありますよ。

ぶどうカウント、おすすめです。

まとめ

3000GでREG6回以下は低設定の証

3000G時点で1000枚以上負けている場合は低設定濃厚、逆に1500枚以上勝っている場合は高設定濃厚

3000Gで単独レギュラー確率が1/300より優秀なら高設定濃厚、逆に4個以下だと危険

やはり3000Gだとそこそこ信頼性のあるデータで立ち回れるようになりますね。

ただ、高設定だとこの時点で頭角を現すことが多く、ここに座れるかどうかと聞かれたら微妙です。

 

あったらラッキーくらいの感覚で。

できれば朝一勝負で、高設定っぽい挙動が見えたら辞めないようにするっていう感じでデータを使ってみてください。

 

-マイジャグラー3

Copyright© ジャグラー攻略道 , 2020 All Rights Reserved.